スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
「アメイジング・スパイダーマン」 を観た。
カテゴリ: 映画
どうも。
22日の晩、ブログ記事を書いていたら急にネットが繋がらなくなり、ガックリしながら布団に潜り込んだ者です。

モデムを確認したら “ONLINE” のランプが消えていたので、プロバイダー、もしくはケーブルに問題があるんだろうとは思ったのですが、今朝方にはそのランプも点いていたので恐らくプロバイダーのメンテナンスかトラブルだったんでしょう。



さてと。
表題の通り観てきました。
「アメイジング・スパイダーマン」
アメイジング・スパイダーマン
クリックで拡大します。

観たのは23日の月曜日。
劇場は、ワーナー・マイカル・シネマズ戸畑

映画 『アメイジング・スパイダーマン』 予告編


監督 マーク・ウェブ

キャスト
ピーター・パーカー : アンドリュー・ガーフィールド
グウェン・ステイシー : エマ・ストーン
カート・コナーズ博士 : リス・エヴァンス
ジョージ・ステイシー : デニス・リアリー
ベン・パーカー : マーティン・シーン
メイ・パーカー : サリー・フィールド
フラッシュ・トンプソン : クリス・ジルカ

上映時間
136分

制作 ・ 公開
制作 アメリカ合衆国
2012年6月30日 日本公開  


<あらすじ>
13年前に父リチャードと母メアリーが失踪して以来、伯父夫婦であるベンとメイに育てられてきた高校生のピーター・パーカー。同級生であるグウェンに想いを寄せながら平凡な高校生活を送っていた。

そんなある日、彼は自宅の地下室で父親が残した鞄を見つける。一見すると普通の鞄だが、その中には父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士と父の関わりを記したメモや、謎の数式が記されたノートが入っていた。

失踪した両親の手掛かりを得る為、オズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねるが、そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。
その直後、ピーターの体内で大きな異変が起こり始める……。

異常なほどの身体能力、研ぎ澄まされた感覚、並外れた反射神経。
いきなり並外れた能力を得た彼はその力に溺れるが、それをきっかけにして大きな悲劇が彼を襲う。

深い悲しみに打ちひしがれるピーターだったが、その大いなる力に伴う責任を果たそうと、スパイダーマンとして生きていく事を決意するのだった。




と、いうようなお話。

サム・ライミ監督の前シリーズ 「スパイダーマン」 (トビー・マグワイア主演) を3作全て劇場で観た私。
3枚ともDVDを購入した位、好きな作品なので・・・正直、今作を観るのが怖かったのですが・・・

コレはコレで悪くないかな・・・

な感じです。
トビー・マグワイア演じるピーター・パーカー。そしてヒロインはキルスティン・ダンスト演じるMJの前作 「スパイダーマン」 とは別物として見なくちゃなりません。 (悪い意味ではなく)

「バットマン」 と 「ダークナイト」 くらい違います。

ベンおじさんが良い人すぎて、 「人間とはかくあるべし」 と考えさせられます。

前シリーズのMJはピーターよりもスパイダーマンに惹かれているような感がありますが、グウェンはその逆でピーターに恋します。
だから 「彼 (スパイダーマン) をお願い!」 ではなく、 「ピーターをお願い!」 と口にするのです。
(スパイダーマンの正体がピーターである事は、彼自身がバラします。しかも人間くさい理由で^^;)

そして一番の違いはそのスパイダーマンの能力。今作のスパイダーマンは前作と違い “糸” を出せません。
その辺もリアルな感じがしますね^^


今作は3Dと2Dのどちらかを選べますが、正直2Dで充分かと。
「アバター」 の世界的大ヒット以降、3D作品が数多く作られ、私自身も数本観ましたが・・・・・正直、 「アバター」 以外の作品で3Dである必要を感じた作品は一本も無いような気がします。うーん・・・でも 「カールじいさんの空飛ぶ家」 は良かったかな^^ 

と思ったら。
アレは、3Dを見損ねて2Dで観たんだった^^;
同作品のレビューはコチラ → 「カールじいさんの空飛ぶ家」 を観た


あ、そう言えばこの映画のCMで 「凄く感動して、最初から最後まで泣きっぱなしでした」 みたいな事を言ってる女性がいますが、アレは大袈裟^^;
たしかにいくつかグッとくるシーンはありましたが、泣くほどじゃないです^^;

ただ・・・この映画で一番、私が 「おお・・・・」 と感じたシーンがありまして。
クライマックスの戦いでスパイダーマンが、ある場所に駆けつけようとするんですが、事情があって、思うように進むことができません。
「もう時間がない!!!」
そんな時に、ある奇跡が起きます。いや、スパイダーマンだからこそ起きた街の奇跡。
あのシーンは、この映画でもベストの名シーンとして、観客の心に刻まれる事でしょう^^


「最近は洋画より邦画の方が面白いのが多いな」
と感じてましたが、今作はお薦めします^^ 

是非、新しいスパイディに会いに行ってみて下さい^^



<点数>
「アメイジング・スパイダーマン」 80点




<余談>
映画を見終えた後、いつものようにエンドロールが終わるまで席を立たなかったのですが、最後に 「日本語吹き替え版のキャスト」 がスクリーンに映し出されました。

『ん?なんで?別に流さなくていいじゃん』
って思ったんですが・・・・そう言えば

『字幕を読んだ覚えがない!!』

慌ててチケットを確認してみたら、そこには <3D / 吹替> の表記が^^;
字幕版を観ているつもりで、吹き替え版を観ていたんですね。俺、ボケ始めてるんでしょうか><

でも、字幕でないおかげで画面に集中できたし、思っていたような違和感を全く感じませんでした。単なる 「食わず嫌い」 だったようです。
これからは字幕版ではなく、吹き替え版を見ようかなぁ。




それでは皆様。
おさらばえ。

応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
  

7/22のお客様
1  jp  日本  579  94.6%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  20  3.3%
3  com  不明 (米国営利組織)  4  0.7%
4  tw  台湾  3  0.5%
5  ch  スイス  2  0.3%
6  fi  フィンランド  2  0.3%
7  th  タイ  2  0.3%

7/23のお客様
1  jp  日本  438  97.1%
2  com  不明 (米国営利組織)  5  1.1%
3  net  不明 (ネットワーク組織)  5  1.1%
4  edu  不明 (4年制大学)  1  0.2%
5  ca  カナダ  1  0.2%
6  nz  ニュージーランド  1  0.2%

6年前の7/24は、こんな記事書いてました。
活躍してない

今日の画像
13e099c4.jpg
クリックで拡大します。

21:36 UP 

ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」 も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳

Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
スポンサーサイト
Edit / 2012.07.24 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「貞子3D」 を観た。
カテゴリ: 映画
どうも。
6月1日から続く、オランダからのアクセス急増に驚いている者です。

一体何があったんだろう。きっと 「お宝画像」 目当てだろうけれども。

こんにちは!!オランダの皆さん!!

Hallo!! ヽ(^0^)ノ  Iedereen in Nederland!!

オランダ国旗



さてと。
表題の通り観てきました。
「貞子3D」
貞子3D
記事中の画像は全てクリックで拡大します。

観たのは今日。4日の月曜日。
劇場は、T・ジョイリバーウォーク北九州


映画 「貞子3D」 予告編


監督 英勉

キャスト
鮎川茜 : 石原さとみ
安藤孝則 : 瀬戸康史
山村貞子 : 橋本愛
中村正彦 : 高橋努
榎木 : 染谷将太
北山理沙 : 高良光莉
柏田清司 : 山本裕典
小磯勇吾 : 田山涼成

上映時間
96分

公開 ・ 制作
2012年5月12日 日本


<あらすじ>
ある日の昼下がり、一人のサラリーマンがトラックに撥ねられ事故死する。
刑事である小磯と中村が捜査をするが、事故には特に不審な点もなく目撃者の証言もあり、サラリーマンの自殺と断定する。
しかし、たった一つ気になる点が・・・
サラリーマンは自殺の直前、ノートパソコンで動画を見ていたという。しかし、それがどんな動画なのかは判らない。
「中村、最近のやつはパソコンをしながら自殺自殺するのか」
「僕はしませんよ」
「それにしても最近は自殺が多い。ウチの管轄だけか?」
「さぁ・・・あ、そういえば知ってますか? “呪いの動画” の話」
「“呪いの動画” ?」
「ええ。今凄く噂になってるんですよ。見たら死ぬって話です」
「最近の刑事はインターネットで捜査するのか? “足” で捜査しろ! “足” で!!」

その “呪いの動画” の都市伝説は、茜が教師として勤務している女子高にも伝わっていた。
授業中に、生徒の一人が携帯電話をいじっているのを見つけた茜は、その生徒から携帯電話を取り上げる。
「何してたの?」
茜の問いに生徒が答える。
「“呪いの動画” を探してたんです。ごめんなさい」
「“呪いの動画” ?」
携帯の画面を見ると、そこには “404 Not Found” の表示が」
「とにかく預かっておくから、放課後に取りに来てね」
茜はそう言い、携帯の電源を切ってから自分のポケットに収め授業を再開。

放課後、茜が職員室の机で仕事をしていると、傍らに置いてあった没収した携帯電話が突然鳴る。
「たしかに電源を切ったのに・・・」
訝しむ茜だったが、丁度その時にその携帯を没収された生徒が現れてその携帯を手渡す。
「電源を切ってたのに、鳴ったわよ」
「そんな筈ないですよ^^;」
それが茜にとって恐怖の始まりになるとは、この時は思いもよらなかった。

その晩、その女子生徒は携帯電話を握ったまま、自分の部屋から窓を突き破って転落死する。

相次ぐ “自殺” の真相を暴くために動き出した小磯と中村。そして “呪いの動画” と向き合わざるを得なくなった茜。

果たして “呪いの動画” の真相は? そして “S” とは?




と、いうようなお話。
私、怒っております
T・ジョイリバーウォーク北九州に対して。英勉監督に対して。そしてこの映画をチョイスした私自身に対して。

● T・ジョイリバーウォーク北九州に対して
月曜日ってメンズデーで、料金割引があると思い込んでましたが、ここではそういうの無いみたい^^;
まぁ、それは私の勝手な思い込みなので仕方がないし、それについて怒ってるワケじゃありません。
まぁ、怒ってるというよりは不満点なんですがね。
スナックコーナーでホットドッグセットを買ったんですが、ポテトは冷め切ってるし、ホットドッグは生ぬるいしで最悪の状態でした。コーラは普通でしたが。
ココでは二度と食べ物を買わないことにします。

● 英勉監督に対して
これについては感想の中で

● この映画をチョイスした私自身に対して
なんで俺、よりによって俺はこんな映画を・・・・orz
ばかバカ馬鹿!俺の馬鹿!!



皆様ご存知でしょうが、 「貞子3D」 は鈴木光司さんの作品である 「リング」 「らせん」 等のシリーズの最新作。
原作の小説である 「リング」 「らせん」 「ループ」 は読みました。原作は面白いと思ってます。
映画の 「リング」 「らせん」 「リング0 バースデイ」 を観ました。全く面白いと思いませんでした。 『原作レイプって、まさにこういう作品の為にある言葉だよなぁ』 と思いました。
その記憶を、私すっかり忘れてました。ずいぶん長いこと貞子現れなかったからなぁ^^;

ハッキリ言います。
全然怖くありません。

この映画の “売り” は3D頼みの映像と、石原さとみさんをはじめとする俳優陣の魅力だけ。
ishihara satomi102
俺のさとみに罪は無い。俺のさとみは悪くない。
息を潜めて隠れるシーンは熱演だった。恋人にもたれかかるシーンは究極の可愛さだった。
“唇” のセクシーさは微塵も変わってなかった。

だが・・・・
さとみはもちろん、俳優陣に罪は無いことを申し上げた上でハッキリと言わせていただく。
酷い映画だと。

石原さとみさんが出演しているという事で、期待が大きすぎたのかもしれない。
上質の和製ホラー映画を期待して観に行ったのだが、大学の映画サークルが作ったD級ホラーを見せられた気分だ。
私以外にも10人くらい観客がいたが、悲鳴どころか、仰け反ったり驚いたリアクションすら気付かなかった。

恐怖・・・というか、驚きを煽るのは突然の 「ドン!!」 というような大音量の効果音程度。
例えるならば、夜道を歩いているときに後ろから突然 「わっ!!」 とやられれば誰でも驚くでしょ?この映画は最初から最後までその調子。そんなシーンを多用する制作陣は無能の極み也。

例えば 「四谷怪談」 のような、和製ホラーの真骨頂とも言える “ヒタヒタとゆっくり。でも確実に近づいてきてくるような心理に直接迫ってきて、まとわりつくような恐怖感と不安感” は一切感じませんでした。


貞子に対して感じた 「これじゃない」 感もハンパじゃない。アレは亡霊とか怨霊とかじゃなくてバイオハザードに出てくるようなモンスターだ。ひょっとしてアレは貞子じゃなく “貞子風” なモンスターなのか?
最後に顔を見せた貞子 (橋本愛さん) も可愛すぎる。
hashimoto ai01
不気味さとか、貞子が発している筈の怨念などが全く感じられなかった。アレは断じて貞子じゃない。

その他にもツッコミ所は満載。
中村刑事の、あの髪型はなんだったのか。
何故、貞子の復活を目論んだのか。
そもそも貞子に実体は必要なのか。
貞子が井戸に投げ込まれた理由が、これまでの作品とは異なっている。
その他色々、有りすぎて一つ一つ挙げていくのも大変だ。
さとみに罪はないが、茜、お前は座頭市か。


最後、次回作に繋がるような終わり方だったが、恐らく次はあるまい。
俺以外の観客も皆、呆れた表情で席を立っていた。あの出来じゃ仕方あるまい。
あの映画を観て 「面白かった」 とか 「怖かった」 とか言っている人がいるなら、その人はあなたを騙そうとしている人に違いない (笑) 「俺だけ2000円も損してたまるか!道連れじゃ!」 な人だろう。そうでなければ、余程感性が鈍い人だ。


それほどまでに酷かった。
「宇宙兄弟」 を観に行くべきだった。
ばかバカ馬鹿!俺の馬鹿!!


<点数>
「貞子3D」 10点


キャスト陣の熱演に免じて、0点はつけずにおいてやろう。




それでは皆様。
おさらばえ。

応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 

6/2のお客様
1  jp  日本  565  87.7%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  39  6.1%
3  nl  オランダ  27  4.2%
4  com  不明 (米国営利組織)  5  0.8%
5  de  ドイツ  2  0.3%
6  ca  カナダ  2  0.3%
7  uk  英国  1  0.2%
8  th  タイ  1  0.2%
9  id  インドネシア  1  0.2%
10  hu  ハンガリー  1  0.2%

6/3のお客様
1  jp  日本  517  87.0%
2  nl  オランダ  38  6.4%
3  net  不明 (ネットワーク組織)  30  5.1%
4  ch  スイス  5  0.8%
5  com  不明 (米国営利組織)  4  0.7%

6年前の6/4は、こんな記事書いてました。
6年前の6/4は、ブログお休みしてました^^;

今日の画像 お腹痛い・・・
おなかいたい
クリックで拡大します。

23:58 UP 

ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳

Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2012.06.04 / Comment: 7 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「テルマエ・ロマエ 」 を観た。
カテゴリ: 映画
どうも。
当ブログで断トツの人気記事である 【閲覧】 死体と寝る男 【注意】 を超える記事を、いつか書きたいと思っている者です。

そんな私が、当ブログで一番好きな記事は 「リメンバー パールハーバー」 です。



さてと。
さてと。
表題の通り観てきました。
「テルマエ・ロマエ」
テルマエロマエ
クリックで拡大します。

観たのは昨日。23日の水曜日。
劇場は、小倉コロナワールドシネマ

映画「テルマエ・ロマエ」予告編


監督 武内英樹

キャスト
ルシウス : 阿部寛
山越真実 : 上戸彩
ハドリアヌス : 市村正親
ケイオニウス : 北村一輝
アントニヌス : 宍戸開
マルクス : 勝矢
館野 : 竹内力
山越修造 : 笹野高史
山越由美 : キムラ緑子
岸本 : 外波山文明
名倉 : 飯沼慧
最上 : 岩手太郎
大西 : 木下貴夫
銭湯にいる老人 : いか八朗

上映時間
108分

公開
2012年4月28日 日本


<あらすじ>
“テルマエ・ロマエ” とは、ラテン語で “ローマの浴場” という意味。

ルシウスは、古代ローマのハドリアヌス帝時代 (西暦130年代) の浴場を専門とする設計技師。
優秀な技師ではあるが、他の設計技師によって革新的な建造物が立ち並んでいく中、 「古き良きローマ」 の象徴である昔ながらの浴場の設計が上司に受け入れられず、次第に “用無し” となり、時代に取り残されつつあった。

思い悩むルシウスは、友人マルクスに誘われて大盛況となっている最新の浴場を訪れる。

その浴場では浴槽の横でレスリングが行われていたり、とにかく騒々しい。
「浴場は疲れを癒す場所であるべきだ」 と、その騒々しさから逃れる為に湯船の中に身を沈める。
そして見つけた湯船の中の大きな穴。
その直後、その穴に吸い込まれてしまうルシウス。

湯の中からやっとの思いで頭を出した彼が目にしたのは、初めて見る光景だった。
浴場にいることは確かだが、周りにいるのは初めて目にする “顔が平たい” 人間ばかり。
ルシウスは彼らをローマの奴隷と考えたが、実はそこは21世紀の日本の銭湯。

古代ローマのテルマエ (浴場) から、現代日本にタイムスリップしたルシウスは、其の後何度も自分の時代と現代日本を行き来する事になるが、 “平たい顔族” の進んだ風呂文化を吸収し、自分のアイデアではない事に後ろめたさを感じながらも、自らが設計するテルマエの設計に活かし、一躍大人気技師となる。

そんな中、何度も現代にタイムスリップしたルシウスと鉢合わせした、漫画家志望の山越真実と共に古代ローマに戻ってしまい・・・・・・




と、いうようなお話。
おじいの裸が 「これでもか!」 とばかりに拝めます。
そしてスッピンの上戸彩の隠れ巨乳な谷間と生脚、脇下が拝めます。眼福^^
テルマエロマエ 上戸彩 テルマエロマエ 上戸彩02
クリックで拡大します。

阿部寛さん、市村正親さん、北村一輝さん、宍戸開さん・・・・
顔の濃い人ばかり集めているので、古代ローマ人役でも私はまるで違和感を感じませんでしたw
真面目な内容なら別なんだろうけど、この映画ってコメディですからね。
テルマエロマエ03
クリックで拡大します。

イタリアでも映画祭で公開され好評だったそうです。
そりゃ現代のイタリア人が観ても、日本の独特の風呂文化はカルチャーショックを受けるかもだしね。


でも私は・・・・・
原作を読んでたから、ネタが分かっていたので・・・・

実際、私の他にも8人ほど観客がいたんですが (今回は20:25上映で観ました) 、上映中一度も笑い声は聞こえませんでした。
ネタを知ってると笑えないのも当たり前ですよね^^;
この映画は、原作を読んでいない人の方が楽しめるかも。

前半はコメディ。上戸さん扮する山越真実が古代ローマにタイムスリップする後半は、少しシリアスな展開になります。

自分の意に沿わぬ、ハドリアヌス帝からの依頼に背こうとするルシウス。
しかし、皇帝からの命令に背くことは死罪の可能性が高い。そんなルシウスを真実が必死に説得しようとします。

「嫌なことでも我慢してやんなよ!私たちの世界ではそんなの皆やってるよ!」
「だとしたら可哀想な民族だな」
「!・・・・自分を大切にしなよ・・・」
「自分を大切に思っているからこそ、嫌な思いをしてまでやりたくないんだ」
(大体こんな内容だったと思うんだけど^^;)

には、私も少し考えちゃいましたね。ルシウスみたいな生き方を俺もしたいし。

その他、女優としては正直 「?」 と私は思っている上戸彩さんですが、本作品では魅力的に思えました。
なんか可愛らしいんですよね。なんだろ、この気持ち^^;

久しぶりにフルーツ牛乳が飲みたくなりましたw



<点数>
「テルマエロマエ」 65点


原作読んでなければ、もっと点数高くつけてます。




それでは皆様。
おさらばえ。

応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 

5/20のお客様
1  jp  日本  586  96.5%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  10  1.6%
3  br  ブラジル  6  1.0%
4  sg  シンガポール  2  0.3%
5  com  不明 (米国営利組織)  2  0.3%
6  de  ドイツ  1  0.2%

5/21のお客様
1  jp  日本  422  95.9%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  10  2.3%
3  com  不明 (米国営利組織)  3  0.7%
4  nl  オランダ  2  0.5%
5  th  タイ  1  0.2%
6  pl  ポーランド  1   0.2%
7  id  インドネシア  1  0.2%

5/22のお客様
1  jp  日本  506  93.7%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  22  4.1%
3  com  不明 (米国営利組織)  10  1.9%
4  ca  カナダ  2  0.4%

5/23のお客様
1  jp  日本  491  96.8%
2  com  不明 (米国営利組織)  5  1.0%
3  net  不明 (ネットワーク組織)  5  1.0%
4  tw  台湾  4  0.8%
5  ch  スイス  2  0.4%

6年前の5/24は、こんな記事書いてました。
6年前の5/24は、ブログお休みしてました^^;

今日の画像 
1aac6e76-s.jpg
クリックで拡大します。

02:32 UP 

ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳

Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2012.05.24 / Comment: 6 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「劇場版 SPEC ~ 天 ~ 」 を観た。
カテゴリ: 映画
お気に入りのデザートは 「モンブラン」 「バニラアイス」 「ソフトクリーム (バニラ) 」 「シュークリーム」
どうも。僕です。



さてと。
表題の通り観てきました。
「劇場版 SPEC ~ 天 ~ 」
spec_dp1024_0768_a.jpg
クリックで拡大します。

観たのは昨日。9日の月曜日。
劇場は、小倉コロナワールドシネマ


映画 「劇場版 SPEC ~ 天 ~ 」 予告編



監督 堤幸彦

キャスト
当麻紗綾 : 戸田恵梨香
瀬文焚流 : 加瀬亮
志村美鈴 : 福田沙紀
一十一 : 神木隆之介
伊藤淳史 : 伊藤淳史
青池里子 : 栗山千明
マダム陽 : 浅野ゆう子
正汽雅 : 有村架純
馬場香 : 岡田浩暉
鹿浜歩 : 松澤一之
猪俣宗次 : 載寧龍二
市柳賢蔵 : でんでん
津田助広 : 椎名桔平(特別出演)
野々村光太郎 : 竜雷太

上映時間
119分

公開
2012年4月7日 日本



<あらすじ>
捜査一課では手に負えない不可解な未解決事件を捜査する為に、警視庁公安部に設立された未詳事件特別対策係 (通称 : 未詳 〈ミショウ〉 ) 。

未詳の捜査官である、IQ201の天才だが変人の当麻紗綾と、警視庁特殊捜査班 (SIT) 出身の瀬文焚流の二人。
そのミショウが、 “異常な程の身体能力” “未来を予言する” “人の心を読む” “瞬間移動” などの特殊能力 (SPEC) を持った犯人との対決を経て、最強のSPEC HOLDER(スペックホルダー) 一 (ニノマエ) を激闘の末に倒した戦いから一年。

その未詳の元に、洋上で起きた不可解なミイラ死体殺人事件発生の一報が届く。
早速現場に赴き、捜査を開始した当麻と瀬文。
この事件は新たなSPEC HOLDERによる犯行なのか。

その捜査中、瀬文に助けを求める電話が鳴る。
電話の相手は、SIT時代の瀬文の部下であり、SPEC HOLDERにその命を奪われた志村優作の妹である志村美鈴。
美鈴の元に駆けつけた当麻と瀬文の前に現れたのは、瀬文のSIT時代の教官であり恋人でもあったアメリカ海軍特殊部隊シールズ出身の内閣情報調査室 (CIRO / サイロ)特務班所属の青池里子であった。


やがて未詳と青池は、国家を揺るがす大事件と立ち向かう事になる。




と、いうようなお話。
最初から堤ワールド全開の作品でした。
私は、堤監督の作品に全く抵抗が無いので楽しく観れるのですが・・・・そうでない人にはちょっと辛いかもしれません^^;

ちょこちょこ小ネタを挟んでくるので、本編のストーリー以外も楽しみがあるのですが・・・そういうのが嫌いな人も少なくないでしょうし。

この作品は、元々TBSで放送されていた連続ドラマ。
その連続ドラマの最終回のサブタイトルが 「癸()の回」 。
つい先日の4月1日に放送されたSPドラマが 「SPEC ~ ~ 」 。
そしてそのSPドラマに続くこの映画が 「劇場版 SPEC ~ ~ 」 。
つまり起承転結の “起” “承” “転” なのですな。
「この映画を観たいけど、ドラマ版も観ていない」
そんな方には、ドラマ版を観てから劇場に足を運ぶことをお薦めします。

それにしても・・・・・・・・
作中、私が当麻に感情移入してしまうシーンがありましてねぇ・・・
当麻自身が死者を召喚できるSPEC HOLDERなんですが、SPドラマでそのSPECを自ら封印・・・した筈だったんですが、そのSPECが当麻の意思に関係なく暴走しそうになるんです。
当麻自身、その事を自覚していて思い悩むんです。

「SPEC HOLDERは普通に生きたいだけなんじゃないのか・・・」

と。
しかし、SPEC HOLDERに部下を殺された瀬文は、SPEC HOLDERのことを快く思っていない。
そんな瀬文に当麻の感情が爆発します。

「SPEC HOLDERだって人間なんだよ・・・・」
「化け物扱いかよ!!」


いやぁ・・・解る。
凄くよく解る。

あまり大きな声じゃ言えないんだけど。
信じてもらえなくてもいいけど。
ネタだと思ってもらっていいけど。
厨二病患者だと思ってもらって、笑い飛ばしてもらって構わないけど。

俺もスケールの小さなSPEC HOLDERなので、子供の頃に気持ち悪がられたりしてたから。
だって子供の頃は 「皆できる」 ものだと思ってたんだもの。
まさかそれが 「普通じゃない」 なんて思いもしなかった。

子供心に 「これは他の人の前でやっちゃいけないんだ」 と気づいてから、それは封印した。
今でも出来るかどうかは定かじゃない。やってないから。

ただ、たった一度酔った勢いで、その時に一緒にキャンプに行っていた友人たち5人の前でやった時は出来たけど。
それがもう10年以上前のことになる。

訊かれても教えませんよ。
信じてもらえなくても、信じてもらっても、どっちにしたって面倒な事になるのが判ってるから絶対にやりません。
手品的なトリックが存在する筈の無いことをやっちゃうので、本当に面倒くさい事になるから。


あ、そんな話はどうでもいいのでした^^;
昔、私と同じような経験をして傷ついた人なら、このシーンでその時の気持ちを思い出してしまい、一瞬 「うっ・・・」 となってしまうかもしれません。

「キル・ビル」 を思い起こさせる栗山千明の美しさ。
「電車男」 や 「チーム・バチスタ」 に出演した俳優の伊藤淳史が実はSPEC HOLDERで、その本人役として出演している伊藤淳史。
衝撃のラストシーン。

などなど、見どころは満載の映画です。

どうぞお試しあれ。



<点数>
「劇場版 SPEC ~ 天 ~ 」 80点





それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


4/9のお客様
1  jp  日本  411  96.7%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  10  2.4%
3  com  不明 (米国営利組織)  1  0.2%
4  kr  韓国  1  0.2%
5  fr  フランス  1  0.2%
6  de  ドイツ  1  0.2%


6年前の4/10は、こんな記事書いてました。
私の戦争論


今日の画像 
eae79a38-s.jpg
クリックで拡大します。


04:03 UP


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」
  

Read more...
Edit / 2012.04.10 / Comment: 3 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 を観た。
カテゴリ: 映画
どうも。
悩み事もひとまず解消できて、気分すっきりな者です。

どうやら体調も本調子に戻ってきたみたいだし^^



さてと。
表題の通り観てきました。
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」
always-thumb-640x640-1533.jpg
クリックで拡大します。

観たのは今日。30日の月曜日。
劇場は、小倉コロナワールドシネマ


映画 「ALWAYS三丁目の夕日'64」 予告編


映画 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 予告編2



監督 山崎貴

キャスト
茶川竜之介 : 吉岡秀隆
茶川 (旧姓 : 石崎) ヒロミ : 小雪
古行淳之介 : 須賀健太
鈴木則文 : 堤真一
鈴木トモエ : 薬師丸ひろ子
鈴木一平 : 小清水一揮
星野六子 : 堀北真希
大田キン : もたいまさこ
宅間史郎 : 三浦友和
菊池孝太郎 : 森山未來

上映時間
142分

公開
2012年 日本



<あらすじ>
前作から5年後の昭和39年 (1964年) 東京の下町のひとつ夕日町三丁目。
東京オリンピックが開かれる年になり、日本はまさに高度経済成長の真っただ中。

茶川竜之介とヒロミは晴れて夫婦となり、ヒロミは竜之介との子供をその身に宿し、淳之介は作家になるという夢を捨てきれないながらも、東大合格を目指す高校1年生に成長。
竜之介は5年前に芥川賞候補作となる 「踊り子」 を世に出し一時期注目されるも、その後伸び悩んでしまい、以前のように少年雑誌に冒険小説を掲載する売れない作家に逆戻り。しかも新鋭作家である緑沼アキラに人気を奪われてしまい、作家として唯一の仕事である連載も掲載打ち切りの大ピンチ。
ヒロミは家計を支えるべく、茶川家の駄菓子屋を改修し、身重の体で夜は小料理屋を営んでいる。

一方、向かいの鈴木オートは、六子の後輩となる従業員を迎え経営は順調だったが、則文の目下の悩みは跡取り息子の一平 (淳之介と同じく高1) が、その家業には目もくれず、加山雄三に憧れエレキギターに熱中している事。

そんな中、六子が恋をする。
お相手は六子が仕事で腕に火傷を負った時に、診てもらった外科医の菊池。
そんな恋を応援する為に、近所でタバコ屋を営むキンが菊池の情報を集めるのだが、聞こえてくるのは悪い噂ばかり・・・・。
キンは六子に “忘れろ” と忠告。落ち込む六子にヒロミが声を掛ける。

「あなたの目にはどう写っているの?」
「あたしにはいい人としか思えない」
「だったらそれを信じればいいじゃない」


そんな折、竜之介に一通の電報が届く。
それは竜之介を勘当した父親の危篤を知らせるものだった。




と、いうようなお話。
過去の2作品ともに劇場で観て、本シリーズの大ファンである私。
21日に公開されてから、ずーっと行きたかった本作。ようやく観に行く事ができました^^

1作目から配役が変わることなく観れるこのシリーズ。
成長した淳之介と一平にも、当たり前のことながら一切違和感がなく安心して観れるのは、あの名作 「北の国から」 に通じるモノがありますね^^

あまり年齢について触れたくはないんですが、私は60年代の生まれ。
ですから劇中の小物が懐かしいんですよ。

前作に出てきた 「絞りローラー付き洗濯機」 とか、今作の 「カラーテレビが家に来た」 感動とか。
私の家がカラーテレビを初めて買ったのは、私がまだ幼稚園に通っていた頃でしたからね^^;あの日はしゃいだ事、今でも覚えてますよ。よっぽど嬉しかったんだろうなぁ^^;
オート3輪も珍しくはあったけど、小学校4年生くらいまではたまに目にしてたし。

まぁ、そんな思い出話はまたいつか別の機会に。



本作は3Dと2Dでの公開になっていて、私も3Dで観ました。
正直、内容自体は 『別に3Dじゃなくても2Dでいいじゃん』 でしたが・・・・
それでも3Dでご覧になることをお薦めします。
冒頭の東京タワーのシーンは、3Dでこそその真価を発揮します。あのシーンの感動は 「アバター」 以来の感動でした^^
ホントに凄かったんだからね!!


で。
肝心の内容の話。

今作も泣けました。ただ、前作のような号泣では無かった。ここだけが個人的には残念ポイント。
しかし、それを補うくらいの出来の作品です。

「過去2作品を見ていなくても大丈夫?」
そんな疑問を抱いている方、絶対に過去2作品を見てから足を運ぶべきです。
これまでの彼らを知っているからこそ、この作品のテーマが強く胸を打つんです。強く心を揺さぶられるんです。

笑えるシーンも盛りだくさん。
私の一番のお気に入りは、竜之介と則文が子育てについて語り合うシーン。


ロクちゃん (六子) の恋心。
菊池の想い。
竜之介の願い。
淳之介の葛藤。
ヒロミの愛情。

たくさんの見どころがこの映画に詰まっています。
しかし、この映画・・・というか、このシリーズが一貫して訴えている事は、宅間先生が語った

「幸せとは何だろう」

という事に他ならないでしょう。

敗戦のショックから立ち直り、焼け野原だった東京に数多くのビルヂングが建ち、高度経済成長の真っただ中の日本。
誰もが上を目指し、豊かな生活を送りたいと願う中、お金を稼ぐ事よりも人の喜ぶ顔を見ることに幸せや生きがいを見つける事ができる人間もいる。

「幸せとは何だろう」
この映画を観た人は、必ず自分の心に問いかける事でしょう。


上映時間は142分という結構な長さですが、まるでその時間の長さを感じませんでした。
もっともっと、この映画の世界にいたかった。

私にとって、この3作目も大切な映画になりました。
出来ることなら、また彼らに会いたいと強く思います。
是非、4作目の制作をお願い致します。マジで。



<点数>
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 100点




<おまけ>
茶川さん名シーン





それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


1/29のお客様
1  jp  日本  978  96.1%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  27  2.7%
3  com  不明 (米国営利組織)  8  0.8%
4  at  オーストリア  3  0.3%
5  fi  フィンランド  1  0.1%
6  sg  シンガポール  1  0.1%


6年前の1/30は、こんな記事書いてました。
映画三昧


今日の画像 
7729acb2.jpg
クリックで拡大します。


22:29 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」


Read more...
Edit / 2012.01.30 / Comment: 5 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「パラノーマル・アクティビティ3」 を観た。
カテゴリ: 映画
どうも。
「俺の空 刑事編」 も毎週観ている者です。

このドラマも面白いよね^^



さてと。
表題の通り観てきました。
「パラノーマル・アクティビティ3」
paranormal Activity3_poster
クリックで拡大します。

観たのは観たのは7日の月曜日。
劇場は、小倉コロナワールドシネマ


パラノーマル・アクティビティ3 予告編 -Paranormal Activity 3- #1



監督 ヘンリー・ジュースト アリエル・シュルマン

キャスト
ケイティ : クロエ・チェンゲリ
クリスティ : ジェシカ・タイラー・ブラウン
ジュリー : ローレン・ビットナー
デニス : クリストファー・ニコラス・スミス


制作
2011年 アメリカ



<あらすじ>
1988年夏も終わりに近づいた頃、幼い姉妹のケイティとクリスティは、母のジュリーと、その恋人であるデニスと共に、真新しい新築の家に引越し、4人での新しい生活を始めようとしていた。
ジュリーとデニスは正式な夫婦ではなかったが仲は良く、デニスも幼い姉妹をかわいがり、姉妹もよく懐いていた。
家族の誰もが、幸せな新生活を疑いもしていなかった。

しかしそんな願いとは裏腹に、様々な怪現象が起こるようになる。

事の発端は、デニスがジュリーとのSEXをビデオに収めようと録画を始めた矢先、突然起きた大地震。子供部屋にいる幼い姉妹の様子を確認する為に、慌てて部屋を飛び出した2人。
倒れたまま部屋に残されたビデオカメラは、地震によって舞い上がった埃の中に浮かび上がる人影らしきものを映し出していた。

「この家には何かいる」
そう考えたデニスは、家中にビデオカメラをセットし、怪現象の正体を突き止めようとするが・・・・




と、いうようなお話。

もーねー・・・なんと言えばいいのか・・・・。

まず言いたいのは、予告編で挙げられているシーンが全くと言っていいほど無かった。

「映画館によって、違うバージョンで上映されてるの?」
って言いたくなるくらい。

“鏡の前で 「ブラッディ・マリー」 と3回唱えると・・・” のシーンも、予告編ではケイティとクリスティの2人だけど、俺が今日観た映画ではケイティーとランディ (デニスの友人) だった。
予告編で登場している超常現象研究家らしき男性も出てこなかった。

しかし。
ネットで、他の方のレビューを確認してみると、そのシーンを観た人もいるようだ。
コレって心情的に非常に面白くない。

同じ金額を支払い (この日は男性のサービスデイだったから1000円だけど) 、同じ映画を見ている筈なのに、まるで別の映画を見ているようだ。

非常に不愉快であるが、とりあえず、それは一旦横に置いておこう。


この映画、怖いというよりもなんだか不気味な感じ。
スクリーンを見ていて2回ほど “ビクッ!” とのけぞったけれど、それは心霊現象のシーンではなく、ジュリーがデニスにしかけたドッキリのシーン。
それってどうなの?って気がしないでもない。


あ。ちなみにこの 「3」 は 「1」 の18年前のエピソードなんですって。
1作目のレビューはコチラ → 「パラノーマル・アクティビティ」 を観た。


なーんか、今ひとつ釈然としない映画でした。



<点数>
「パラノーマル・アクティビティ3」 50点





それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


11/5のお客様
1  jp  日本  503  98.1%
2  fi  フィンランド  3  0.6%
3  net  不明 (ネットワーク組織)  3  0.6%
4  com  不明 (米国営利組織)  2  0.4%
5  no  ノルウェー  2  0.4%

11/6のお客様
1  jp  日本  407  95.8%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  14  3.3%
3  hu  ハンガリー  2  0.5%
4  com  不明 (米国営利組織)  1  0.2%
5  it  イタリア  1  0.2%


6年前の11/7は、こんな記事書いてました。
6年前の11/7は、ブログお休みしてました^^;


今日の画像  グロ注意w
5f6e305d-s.jpg
クリックで拡大します。


23:26 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2011.11.07 / Comment: 6 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「電人ザボーガー」 を観た
カテゴリ: 映画
どうも。
発泡酒500mlを3缶呑んで、いささかいい気分になっている者です。



さてと。
表題の通り観てきました。
「電人ザボーガー」
zabo-ga-.jpg
クリックで拡大します。


観たのは21日の土曜日。
この日の映画館は、T・ジョイリバーウォーク北九州



『電人ザボーガー』 予告編 (ロングバージョン)



「電人ザボーガー」
監督 井口昇

キャスト
大門豊 (青年期) : 古原靖久
大門豊 (熟年期) : 板尾創路
ミスボーグ : 山崎真実
秋月玄 : 宮下雄也
AKIKO : 佐津川愛美
新田警部 : 渡辺裕之
若杉議員 : 木下ほうか
悪ノ宮博士 : 柄本明
大門勇博士 : 竹中直人

制作
2011年 日本



<あらすじ>
悪の組織Σ (シグマ) に対抗する為に、日本政府が極秘に特命捜査官として任命した “秘密刑事” 大門豊。
彼は通常の警察官と協力しながら、今は亡き科学者だった父が彼に残した戦闘用ロボット “ザボーガー” と共に、日々Σと戦い続けていた。

ザボーガーは、戦闘時以外はバイクの形態であるが、大門のヘルメットにセットされているマイクを通じ、彼の命令を受けてロボットに変形し、Σが送り込むサイボーグと戦う。

そんな大門とザボーガーの前に、ある日現れた美しい女性サイボーグ “ミスボーグ” 。やがて大門はミスボーグに好意を抱くようになる。
Σの幹部でもあるミスボーグ。お互いに惹かれ合う二人だったが、それが悲劇を生んでしまう。

やがて、秘密警察を裏切る事を選択した大門。ザボーガーに警察官と戦うように命令する大門だったが、感情などもたない筈のザボーガーはそれに従わなかった。
あくまでも 「正義」 を守ろうとしたザボーガーは、敵のサイボーグと共に爆発した。


それから25年の月日が経ち、秘密警察の職も失ってしまった大門。
かつて抱いていた正義の心は枯れ、安定した収入を得ることすら困難な状態となっていた。

何もかも失い、失意のドン底にいた大門の前に、Σの幹部・秋月と “最強の敵” が現れる。
はたして、豊は正義の心を取り戻し、Σを倒せるのだろうか。




と、いうようなお話。


まずは、この 「電人ザボーガー」 について語らねばなるまい。
ご存知の方の方が多いだろうが、この映画がオリジナルなのではない。
オリジナルは、1974年~1975年にかけて放送されたヒーローアクション。

主人公である大門豊を演じたのは、山口暁 (あきら) さん。 (故人)
詳細はリンク先の記事を読んでもらうとして、 「仮面ライダーV3」 に、 “仮面ライダー4号” ライダーマン = 結城丈二として出演し有名になった方。
この 「電人ザボーガー」 は、V3の後に出演し、これが初主演作品。
ザボーガー01 ザボーガーp1 ザボーガーp2

当然ながら、私もその放映を観ています。
バイクタイプのザボーガーのプラモデルを、作った記憶もあります。
しかし、正直言って 「仮面ライダー」 や 「人造人間キカイダー」 ほどの記憶が残っていない。
覚えていたのは・・・

ザボーガーはバイクからロボットに変形する。
頭から偵察用の小さなヘリコプターが出る。
両足から、二つに分かれた小さな車が出てきて、その後くっついて一台の小さな車になる。

それくらい><
好きだったのは間違いないんだけど、それ以上にライダーとキカイダーが好きだったからなぁ・・・。



さて本題。
観に行っておいてなんだけど、実はあまり期待してなかったんです^^;
今となっては、本当にごめんなさいだけど。

映画は二部制で構成されていて、一部は大門豊の青年期。二部は熟年期。

いやぁ、昭和のヒーロー番組のテイストそのままの作り方が嬉しかった^^
“あつくるしい” セリフ。いちいちわざとらしい陳腐なポーズ。
何より痺れたのは、一部の冒頭部分で流れたOP曲。オリジナルの 「戦え!電人ザボーガー」 が、当時の曲調そのままに。かつ、歌手こそ違えど違和感が全く無い歌声・・・・。

『どんだけ “オリジナル世代” を喜ばせるんだ!』

と。
イントロがかかった途端、思わず顔がにやけて呟いちゃったもの。
「うわぁ・・・懐かしい・・・これこれ・・・これよ・・・」
ってw

「宇宙戦艦ヤマト」 を歌ったアルフィーにしろ、 「キューティー・ハニー」 を歌った倖田來未にしろ、俺、違和感有りすぎて嫌だったもん。
アーティストとしては認めてるけど、あそこまでアレンジされたら、大切な思い出に泥を塗られてるみたいでさぁ・・・。

ただ、観ながら思ったのが
『あれ?ザボーガーって、こんなにコミカルだったっけ・・・』

ちょこちょこギャグが絡んでくる。
しかも熟年期の大門は糖尿病を患ってるし^^;

でもね。
ちゃんと 「電人ザボーガー」 になってるんだよね。
ここまで再現してくれてると素直にリスペクトしちゃう。
俺みたいなオリジナル世代は観たほうがいい。
おふざけした部分もあるけれど、オリジナルに対する愛があるから、オリジナルが壊されていないの。
この監督凄いわ。

山口暁さんがご存命でいらしたら、どんなに喜ばれた事だろう。


そして何より・・・・
エンディングロールで感動させられた。
スクリーンから目を離せなかった。
鳥肌が立ちそうだった。


やっぱり原作やオリジナルに対する愛やリスペクトが無い人間には、リメイクに関わって欲しくない。
その点、この 「電人ザボーガー」 は安心して観ることができます。
もう一回見に行きたいな!!



<点数>
「電人ザボーガー」 90点



<おまけ>
戦え!電人ザボーガー / 子門真人





それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


10/22のお客様
1  jp  日本  631  97.2%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  9  1.4%
3  com  不明 (米国営利組織)  7  1.1%
4  tw  台湾  1  0.2%
5  de  ドイツ  1  0.2%


6年前の10/23は、こんな記事書いてました。
やまさん危機一髪 (後編)


今日の画像 
2b69d38f.jpg
クリックで拡大します。


03:14 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2011.10.23 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「DOG×POLICE  純白の絆」 を観た
カテゴリ: 映画
どうも。
録画しておいた映画 「BALLAD 名もなき恋のうた」 を観て、 『おお!これはなかなか良いじゃないか!!』 と思った者です。

劇場で見とけば良かったかな。



さてと。
表題の通り観てきました。
「DOG×POLICE  純白の絆」
dogpolice.jpg
クリックで拡大します。


観たのは3日の月曜日。
この日の映画館も、小倉コロナワールドシネマ


「DOG×POLICE  純白の絆」 予告編



「DOG×POLICE  純白の絆」
監督 七高剛

キャスト
早川勇作 : 市原隼人
水野夏希 : 戸田恵梨香
竹清悟 : 村上淳
西村孝 : 竹山隆範
永井孝介 : 阿部進之介
向井寛 : 時任三郎

制作
2011年 日本



<あらすじ>
父が刑事であった早川勇作は、正義感が強く検挙率も高い優秀な警察官。
父と同じ刑事を志望しているが、その強引な単独行動が仇となり、刑事課から 「スタンドプレーをする奴は要らない」 と拒否されてしまう。
そんな彼に下った転属先は、警視庁警備部警備二課装備第四係。
そこは警備犬の訓練施設だった。

警備犬は、犯人を追跡したり行方不明者を捜索するなど、事後の現場の捜査に投入される警察犬とは違い、テロや凶悪犯罪を未然に防ぐ為に訓練された犬。 (自然災害の現場で、搜索・救助に駆り出される事もあり)

しかし、その創設から30年が経過した今も、災害救助に出動した経験こそあれ、本来の目的である警備出動の経験は一度もなかった。
その為、警察内部からも 「税金で犬の世話をしている」 と揶揄され、ついた仇名は “イヌ屋” 。

自らの志望とはかけ離れた仕事で、しかも活躍の機会さえ失ってしまった早川は次第にやる気を失っていく。
そんな彼を、上司である向井がある場所に連れ出す。
そこで出会ったのが早川の “バディ” (相棒) となるシロ。
“究極の嗅覚” を持った極めて優秀な警察犬だった母犬から生まれたが、シロはアルビノ (劣性遺伝) であったが故に、 「警備犬にはなれない」 と烙印を押された犬だった。

早川は、そんなシロに自分の姿を重ね合わせ、共に厳しい訓練を繰り返し警備犬とハンドラーとして “バディ” の絆を深めていく。

同じ頃、東京を騒がせていた連続爆破事件。
犠牲者も事件が起きる度に、その数を重ねている。
警察は有効な手段を打つことができず手をこまねいていた。ネットでは犯人を英雄視する声も目立つ。

その連続爆破事件に対し、ついに <イヌ屋> に出動命令が下る。
それは早川とシロの、長く苦しい戦いの幕開けとなった。




と、いうようなお話。

うん。観ようか観まいかを迷うくらいあまり期待していなかったんですが・・・意外や意外、割と面白かったんですな。これが。

この作品の原案は 「海猿」 「トッキュー!!」 の原作者である小森陽一氏。
なるほど、この作品もそれらの作品に通じるモノを感じます^^


まぁ・・・体力が劣る上に、紫外線に対する耐性が極めて低い (太陽に長時間照らされるとヘバる) アルビノのシロが、警察に直轄犬として採用される筈がないんですけどね f^^;まぁ、それを言うのは野暮かなぁ。

評価としては面白かったのは間違いないんだけど、色々と説明不足なのが残念。

早川が “刑事だった父に憧れて、刑事を目指す警察官” という設定は解る。
寮の自室に飾られた父の写真に彼が手を合わせているところから、恐らく父親は死んでいるんだろうと思うし、多分殉職しているんだろうと思うんだけど、そのあたりがもっと描かれていればなぁ・・・。

早川と水野以外の警備二課装備第四係の面々もほとんど空気。
元SAT隊員だったり、PCを得意とするオタクだったりという設定なのに、その設定が全く活かされてない。
何の為にそんな設定にしたんだろう。そう思うくらいに存在感が薄い。

連続爆破事件の犯人の描き方も不満が残る。
アイツ、どこであんなスキルを身に付けた?どうやって警備の監視をくぐり抜けて爆弾をあんな場所にセットした? (警備員の制服を手に入れたりしたんだるけど、それも説明不足)
に、してもキモかったわ、アイツw


それでもシロが早川を救うためにひた走るシーンには、ベタだけどちょっとジーンとしたw

主演の市原隼人さんが、どうしても 「ROOKIES」 の安仁屋に見えて仕方がなかったw
それでも、この作品の早川勇作は市原さんのハマリ役になった気がします。



<点数>
「DOG×POLICE  純白の絆」 70点





それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


10/3のお客様
1  jp  日本  568  97.4%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  8  1.4%
3  com  不明 (米国営利組織)  4  0.7%
4  tv  ツバル  2  0.3%
5  th  タイ  1  0.2%


4年前の10/4は、こんな記事書いてました。
原因不明


今日の画像 お前の耳はそこじゃない
img4f0b0d34zikczj.jpeg
クリックで拡大しませんw


20:30 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2011.10.04 / Comment: 10 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「探偵はBARにいる」 を観た
カテゴリ: 映画
名古屋のあまりの水害の酷さに驚いています。
皆様、どうかご無事で。
水害に直面している方、どうか落ち着いて行動してください。

なんだってんだよ、今年は。
地震に、津波に、水害に・・・・

年末に発表される、今年を表す漢字は 「災」 なんだろうなぁ・・・。

とにかく、皆様のご無事を心からお祈りしております。



さてと。
表題の通り観てきました。
「探偵はBARにいる」
tbi_ma1_large.jpg
クリックで拡大します。


観たのは21日の水曜日。
映画館は、ワーナー・マイカル・シネマズ 戸畑


映画 『探偵はBARにいる』 予告編



「探偵はBARにいる」
監督 橋本一

キャスト
探偵 〈俺〉 : 大泉洋
高田 : 松田龍平
沙織 : 小雪
霧島敏夫 : 西田敏行
近藤京子 : 街田しおん
近藤百合子 : 竹下景子
近藤恵 : 吉高由里子
田口幸平 : 有薗芳記
田口康子 : 阿知波悟美
佐山 : 波岡一喜
桐原組組長 : 片桐竜次
ケラーオオハタのマスター : 増田徳寿


制作
2011年 日本



<あらすじ>
札幌の歓楽街ススキノで活躍する探偵 <俺> が入り浸る、BAR “ケラーオオハタ” に一本の電話が入る。
それはコンドウキョウコと名乗る謎の女から、 <俺> 宛にかかった仕事を依頼する電話だった。

「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」

たったそれだけの簡単な仕事で10万円の報酬。
胡散臭さを直感しながらも、彼はその仕事を引き受ける。

その 「仕事」 を終えた直後、 <俺> は3人の謎の男達の襲撃を受け拉致される。

危うく殺される羽目に陥った彼だったが、なんとか窮地からの脱出に成功。

「危うく殺されるとこだったぞ!!」

電話越しでコンドウキョウコに怒りをブチ撒ける <俺> だったが、やがて友人であり相棒でもある高田と共に事件に巻き込まれていく。





と、言うようなお話。




いやー、面白かったですわー^^

大泉さんファンの私だから、彼目当てで観に行ったようなモンだったんですが “掘り出し物” でした^^

大泉さんならではのギャグも随所に散りばめられていて、場内からは同じタイミングで笑い声がw


最初は “なんちゃってハードボイルド” な感じでしたが、どんどん “正当派ハードボイルド” になっていきました。

これから観る人のために詳細は書きませんが

『ああ・・・だからアイツら悲しそうな表情してたんだ』

ってなシーンがあったり。


派手なアクションシーンがあるワケでもなく。
お色気シーンがあるワケでもなく。 (まぁ有るには有るんだけど、笑いに変えられてる)
恋愛が絡んでくるワケでもなく。
<俺> と高田の掛け合いも絶妙でユニークで^^
それがまた良いんですな^^


元・探偵の私からすれば 『そんなやり方じゃ駄目だろ^^;』 なシーンもありましたが、この映画でそれを言うのはヤボ。


物語の終盤では 「あれっ!?」 と観客を思わせる仕掛けもあり、その後 「あ、やっぱり?」 にもなったり。


これはお薦めの一本です。
観てよかった。
第2弾の制作も決定したということなので、次作も必ず観に行きます^^




<点数>
「探偵はBARにいる」 90点





それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


9/20のお客様
1  jp  日本  588  99.2%
2  sg  シンガポール  2  0.3%
3  net  不明 (ネットワーク組織)  2  0.3%
4   com  不明 (米国営利組織)  1  0.2%

9/21のお客様
1  jp  日本  547  96.8%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  7  1.2%
3  com  不明 (米国営利組織)  4  0.7%
4  sk  スロバキア  2  0.4%
5  de  ドイツ  2  0.4%
6  nz  ニュージーランド  1  0.2%
7  nl  オランダ  1  0.2%
8  au  オーストラリア  1  0.2%


4年前の9/22は、こんな記事書いてました。
4年前の9/22は、ブログお休みしてました^^;


今日の画像  かえって危ないんじゃね?^^;
c4debe6a.jpg
クリックで拡大します。


01:08 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」 


現在、第9回プレゼント企画進行中!
詳細はコチラ → 【参加者】 第9回プレゼント企画 【募集】


Read more...
Edit / 2011.09.22 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
「マイティ・ソー」 を観た
カテゴリ: 映画
どうも。
九州男児でB型だけど、実は繊細で平和主義者な者です。

あんなヤツと一緒にしないでね。
あんなヤツ
5d0df7a8.jpg



さてと。
表題の通り観てきました。
「マイティ・ソー」

観たのは5日の火曜日。
この日の映画館も、小倉コロナワールドシネマ


『マイティ・ソー』 予告編



「マイティ・ソー」
監督 ケネス・ブラナー

キャスト
ソー : クリス・ヘムズワース
ジェーン・フォスター : ナタリー・ポートマン
ロキ : トム・ヒドルストン
オーディン : アンソニー・ホプキンス
エリック・セルヴィグ : ステラン・スカルスガルド
ダーシー : カット・デニングス
フィル・コールソン : クラーク・グレッグ
ヘイムダール : イドリス・エルバ
ラウフェイ : コルム・フィオール
ヴォルスタッグ : レイ・スティーヴンソン
ホーガン : 浅野忠信
ファンドラル : ジョシュア・ダラス
シフ : ジェイミー・アレクサンダー
フリッガ : レネ・ルッソ


制作
2011年 アメリカ合衆国



<あらすじ>
西暦965年の地球。
ラウフェイ率いる、ヨトゥンヘイムのフロスト・ジャイアントの侵略を受けていたミッドガルド (地球) を救ったのは、アスガルドの王であるオーディンが率いる軍勢だった。
激しい戦闘の末にヨトゥンヘイムの軍勢を打ち破ったアスガルドの戦士達は、彼らのパワーの源である 「箱」 を押収しミッドガルドに持ち帰り、厳重な管理下においた。

そして時は流れ、現代。
オーディンの息子であるソーがアスガルドの王位継承の儀を行っていた最中、フロスト・ジャイアントが 「箱」 を奪おうと武器庫に侵入した。武器庫に隠されていたデストロイヤー (オーディンが所有する戦闘マシン) が、その圧倒的な攻撃力でフロスト・ジャイアントを一蹴し事なきを得るが、王位継承の儀を邪魔されたソーは怒り心頭。ヨトゥンヘイムへの報復をオーディンに訴え開戦を主張するがオーディンはこれを拒否する。
オーディンのそんな対応に納得がいかないソーは、弟のロキと幼馴染のシフ。そしてウォーリアーズ・スリーと呼ばれる3人の戦士ヴォルスタッグ、ホーガン、ファンドラル (3人とも旧知の友人) を引き連れ、ヨトゥンヘイムに攻め込む。
善戦した6人ではあったが多勢に無勢、次第に劣勢となり崖に追い詰められる。
窮地に陥った6人を救ったのは、突如現れたオーディンだった。
オーディンの介入でその場は一旦収まり、オーディンと6人はアスガルドに退却するが、アスガルドとヨトゥンヘイムは開戦突入の危機となった。
王である自分の意思に背いたソーに対し怒ったオーディンは、彼の傲慢な性格への罰として彼のパワーを奪い、王位継承の儀式でソーに与えたムジョルニア (凄まじい力を持つ武器・ハンマー) と共にミッドガルド (地球) に追放した。

ソーはニューメキシコ州へと落下し、天文物理学者のジェーン・フォスター、そのアシスタントのダーシー、指導者のエリック・セルヴィグ博士に発見される。さらにやや離れた場所ではムジョルニアも発見され・・・




と、言うようなお話。



これって北欧の神話をモチーフにした、アメコミのヒーロー物が原作だそうです。
アスガルドだの、ヨトゥンヘイムだのは惑星の名前だと考えてもらって差し支えないはず。
西暦965年に地球を救ってもらった地球人 (ノルウエー人) が、救世主となったアスガルド人を “神様” と崇めたという設定。

たまたまこのシネコンの横を通りがかった私が、衝動的に 「映画でも見て帰るか」 と立ち寄り、たまたま待ち時間も少なく観れるという事でこの映画に決定。
洋画を劇場で観るときは字幕派なんですが、今日はそんな事情で吹き替え版で鑑賞。
今流行りの3D映画でした。

ハッキリ言います。
別に3Dじゃなくても良かったんじゃないかしら。


正直言って、あまり期待していなかったんですが意外や意外。面白かったです。

神様である筈 (って言っても、まぁ地球人が勝手にそう言ってるだけなんだけど) なのに、神々しさはまるで感じなかったけれど、まぁそれも狙いの一つなんでしょうね。

流行りのワイヤーアクションがなかった (と思う) のも良かった。俺、アレ嫌いです。
キャスティングも文句無し。
ソー役のクリス・ヘムズワースも良い体格してるし、男っぽい面構えもあってまさに適役^^
この先、多分もっと人気出るんだろうな、この人。男の俺が見てもカッコイイんだもん。


で。
俺は観ていないので気付かなかったんだけど、どうやら映画 「アイアンマン2」 とも絡んでいるらしいんですな。
と言うのも、この 「マイティ・ソー」 のクレジットが出た後、続編 「アヴェンジャーズ」 の予告みたいなシーンが流れたんですが、その中でさりげなく 「アイアンマン2」 の主人公、トニー・スタークの名前が出たそうな。
で、その 「アイアンマン2」 のラスト近くでは、 「マイティ・ソー」 にも登場したアメリカの特殊機関S.H.I.E.L.D.が登場した上、ソーの武器であるムジョルニアが出てくるそうな。
そしてどうやら 「アヴェンジャーズ」 にはハルクも出るっぽい。
多分 「アイアンマン2」 を観た人なら、思わずニヤリとするシーンが多かったんだろう。
事実、そういう声も耳に入ってるし。

ソー
mightythor01.jpg

アイアンマン
img_853086_32465950_0.jpg

ハルク
img_1146338_25239042_5.jpg

例えるなら一本の映画に 「ダイ・ハード」 のジョン・マクレーンと、 「24」 のジャック・バウアー、 「ランボー」 のジョン・ランボーが登場するようなもの?

楽しみじゃん 「アヴェンジャーズ」 。
要は 「マイティ・ソー」 も 「アイアンマン2」 も 「アヴェンジャーズ」 に繋がる序章ってコトなのかな?
リンクしている他の映画を観て、もう一度観に行くともっと面白いかも。



<点数>
「マイティ・ソー」 85点


ちなみに、この映画を観るのでしたらエンドロールが始まっても帰らないで。
直ぐに立ち上がったら入口で立ち見することになりますw
上映前に字幕にアドバイスが流れるから大丈夫だと思うけど。




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


7/5のお客様
1  jp  日本  344  98.6%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  2  0.6%
3  com  不明 (米国営利組織)  1  0.3%
4  sg  シンガポール  1  0.3%
5  tw  台湾  1  0.3%


4年前の7/6は、こんな記事書いてました。
4年前の7/6は、ブログお休みしてました^^;


今日の画像 それでもアイツの事、大嫌い
201145200055.jpg
クリックで拡大します。


03:46 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」


Read more...
Edit / 2011.07.06 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。