スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
京都ツーリング2日目 オフ会編
カテゴリ: アウトドア&ツーリング&旅
寺町商店街で、名物のエッグタルトを光秀さんからご馳走になった後。
我々4人は同商店街の中のサンマルクカフェに移動。

今日御世話になりっぱなしだったお礼に、今度は私が皆様にコーヒーを御馳走する。
安いメニューでごめんなさいね^^;

2階でお茶しながら投稿したのが、この記事。

今は

寺町商店街。
4人で休憩中。


談笑していると、突然鳴った私の携帯。
曲は2ちゃんねらーなら当然御存知の「恋のマイアヒ」by O-Zone
(原題を直訳すると“菩提樹の下の恋”)
ご存じない方の為に・・・

※日本語の訳詩を「READ MORE」に隠しております。

みんなから一斉に
「なつかし~www」
と笑われるw。
実はこの曲、2ちゃんで知り合った方からの着信メロディー。
画面を見ると「けんさん」からだった。
今回のツーリングに際して、電話番号を聞いてはいたものの声を聞くのは初めて。
知らなかったのだが、偶然にもけんさんはこの商店街でお店をだしている方だった。
店の場所を聞き、店を出てからけんさんのお店に寄る事にした。

お茶も飲み終え、店を出る。
黒のXRさんの案内でけんさんのお店へ。
4年の歳月をかけ、ついにリアルでけんさんとご対面w
色々と話をしたかったがけんさんは仕事中だし、この後のオフ会にも出席してくださるとの事なので、邪魔をしないうちに同店を退散。

時間は19時も近くなっている。
そろそろお腹も空いて来た。

光秀さん、黒のXRさんはこの後のオフ会にも出席してくださるとの事だが、赤のツアラーさんは都合もありここでお別れとの事。
残念だけど仕方がない。
諸事情があり、私はバイクを京都駅そばのアバンティなるデパート?の地下駐車場に赤ツアラーさんに先導してもらいながら移動。
そして再び赤ツアラーさんの後に乗せてもらい、商店街そばの市役所へ戻る。
ここで本当に赤ツアラーさんとお別れする。
お互いの連絡先を交換して、お別れ。

赤ツアラーさん、あらためてありがとうございました!!
おかげで楽しい京都ツーリングでした!!あなたのバイクといい、テクニックといい、まるで白バイに先導されてる気分でした^^
九州にお越しの際は必ずご連絡下さい。恩返しにその時は私が案内させていただきます!!


再び光秀さんたち2人と合流。
オフ会の場所となるべきお店を物色する為、ここからそう離れていない木屋町なる飲み屋街へ。
で、和民 木屋町通り店に決定。
早速入店し、ビールとソフトドリンクで乾杯。
私は最寄のネットカフェに今日の宿を決めていたのでビールだが、2人は帰らなければならないのでソフトドリンクとなった。

もう早速盛り上がる。
俺と光秀さんは随分前からメールや電話でコミュニケーションをとっていたから、初めて会うという感覚はなかったけれど、XRさんとはほんの数時間前まで何のつながりもなかった。

なのに・・・・
楽しいんである。普通に話せるんである。
同じ趣味を持っているってのはいいね。
一旦気を許せば数年来の友人のように語り合える。
光秀さんは博識で、飲みながら楽しく勉強できた。
「禅問答」も楽しめて、知的な話題が大好きな私としては刺激的な時間。
深く、面白い話だった。

やがてけんさんが御連れの方と2人で合流。
けんさんとは4年前、2ちゃんねるの某スレッドで知り合った。
そのスレッドは1人の男子大学生がその夏に自殺を宣言し、それまでの心の日記帳として立てたスレッドだった。
偶然そのスレッドを見つけ、そのスレ主とPCを通じて「会話」した私は彼を放っておけなくて、慰めるでもなく励ますでもなく、彼の話を聞きつつ自殺を思いとどまらせるよう説得していた。
果たしてスレ主は無事、自殺を思いとどまったのだけれど。
後に、その学生はバイクで旅に出たのだが、旅の途中で京都に立ち寄った際にけんさんと会っている。
けんさんには彼の事を聞きたかったので、色々と話を聞いた。

やがてひでぶさんが福井から電車で駆けつけてくれ、無事合流。
6人で楽しい時間を過ごす。

2ちゃんの話、旅の話、男子大学生の話。
楽しい時間はあっという間に過ぎていき、けんさんと御連れさんが帰宅。
ついで終電の時間もあり、ひでぶさんも帰宅。

けんさん、御連れさん、ひでぶさん。
私の為に時間を割いてくださってありがとうございました!!
おかげで楽しいオフ会になりました!!
また必ず会いましょう!!


そして居酒屋に残った光秀さん、XRさん、私の3人。
「京都の闇」そして「禅問答」
深く、興味深く、知的好奇心がバシバシ刺激される時間だった。
熱を帯びていく光秀さんの話。それに反比例するかのように強化されていく店の冷房ww

寒い!!

コレ飲み屋の「いいかげん帰れや(怒)」の時の常套手段w

時間を確認すると1時半を既に回っている。

結局閉店の3時まで居座り、ネットカフェの前で解散。
去っていく二人の姿を見送った後、ネカフェにIN。

XRさん、ありがとうございました!!
おかげで楽しい京都ツーリングでした!!
九州に来る時は必ず連絡してください!!


ネカフェに入りすぐにシャワーを浴びる。
明日は菫子さん、衣さんと会う約束がある。
女性と会うのに汚らしいヒゲ面で会うワケにもいくまい。
念入りにヒゲを剃る。
シャワーの後、フラット席に毛布と枕代わりのクッションを持ち込み横になる。

こうして京都ツーリング2日目が終わった。





恋のマイアヒ 日本語訳

x4
Ma-I-A Hi, Ma-I-A Hu
Ma-I-A Ho, Ma-I-A Ha-Ha
もしもし、やあ。俺だよ、ナイトだよ。
お願いだから、ベイビー、君に幸せになって欲しいんだ。

もしもし、やあ。
俺だよ、ピカソだよ、君に電話かけたのは。
俺、力は強いけれど、
君を無理強いして何か聞くつもりはないよ。

君は行ってしまいたいんだろ、俺を残して。
俺を連れていけないんだろ。
面影が、菩提樹の下の恋が、
君の眼差しを思い出させるんだ。

君は行ってしまいたいんだろ、俺を残して。
俺を連れていけないんだろ。
面影が、菩提樹の下の恋が、
君の眼差しを思い出させるんだ。


今の気持ちを伝えたくて電話したんだ。
もしもし、やあ。ベイビー、喜んでくれよ。

もしもし、やあ。
また俺だよ、ピカソだよ、君に電話してるのは。
俺、力は強いけれど、
君を無理強いして何か聞くつもりはないよ。

君は行ってしまいたいんだろ、俺を残して。
俺を連れていけないんだろ。
面影が、菩提樹の下の恋が、
君の眼差しを思い出させるんだ。

君は行ってしまいたいんだろ、俺を残して。
俺を連れていけないんだろ。
面影が、菩提樹の下の恋が、
君の眼差しを思い出させるんだ。


x4
Ma-I-A Hi, Ma-I-A Hu
Ma-I-A Ho, Ma-I-A Ha-Ha

君は行ってしまいたいんだろ、俺を残して。
俺を連れていけないんだろ。
面影が、菩提樹の下の恋が、
君の眼差しを思い出させるんだ。

君は行ってしまいたいんだろ、俺を残して。
俺を連れていけないんだろ。
面影が、菩提樹の下の恋が、
君の眼差しを思い出させるんだ。



切ないね;;


スポンサーサイト
Edit / 2008.06.22 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。