スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
本日の私
カテゴリ: 武術・格闘技
今日は久しぶりに門司に行ってきました。
目的は南の人さんとの合同練習。

南の人さんは、仕事の都合で少し遅れてくるとの事。
その待ってる時間に四葉のクローバーを発見!
つーか・・・柔軟でもやってるべきだろ俺

少しだけ降っていた雨も止んで、ベンチにコロリと横になる。
公園で横になるなんて何年ぶりだろう。
快晴じゃないのが残念だけど。

そうこうしている内に南の人さん到着。
挨拶を交わして練習開始!ではなく、私の整体からスタート。

以前このブログでも書いたように、私の左膝は事故の後遺症で調子が悪い。武藤ほどではないけれど(解るかしら、この例えw)
今日の膝も、若干痛みを感じてて不安があった。
腰も立ち仕事に拠るものなのか、昔から悪い。
先日の長崎帰省の際も、二日目はただ座っているだけでも辛くて横になっていたくらい悪い。
余談だが座敷に座るのがあまり好きではない。直に座るのが辛いのだ。
だから居酒屋や、うどん屋等でも座敷ではなくテーブルに好んで座る。

ずいぶん昔に少林寺拳法をやっていた。
少林寺拳法は突いたり蹴ったり、固めたり抜いたり・・・
そんな武道としての面はもちろんだが、整体もある。
私の先生(道場長ではなく、少林寺では道院長と言う)は開祖の愛弟子で、側近だったと言っても過言ではない先生。ちなみに当時は正範士七段。
そんな先生だから、当然整体もできる。
先生の治療を受けた時には(当時は事故前だったので腰だけ)感動もので突き蹴りよりも整体を学びたいと思ったほど。

今回の南の人さんの治療にも中国武術の奥深さを感じた。
受ける前と受けた後では、膝も腰も調子がいいのだ。
気のせいか身体も軽く感じる。いや、多分気のせいじゃないのだけれど。

治療後は「排打功」という外功にチャレンジ。
二人向かい合って立ち、腰の回転を使って身体を回して両腕を振り、互いの腕を打ち合わせる。

これが結構痛い!回を増すごとに痛みが比例して増していく。
「これ以上は我慢できない」そう思う前に止めてくれ。
そういう指導だったので素直に従って止めてもらう。

腕の排打功をもう一種類。足相撲のような排打功を一種類。
上半身の排打功を一種類。

毎回思うのだが、南の人さんの本来の練習を逆に邪魔してるようで申し訳ない。
申し訳ないのだが・・・・それ以上に楽しい。

最初に彼に会った時に感じたのだが、彼は私のような初心者を馬鹿にしたような態度を一切とらない。(私の師匠も)
わざわざ私のレベルにまで降りて来てくれて教えてくれる(俺の師匠も)
そんな人間性に触れられるのが好きで、一緒に練習させてもらってる。
もちろんソレばっかりじゃ申し訳ないので、ちゃんと練習してスパーリングの相手ができるぐらいにはならないとなぁと、心地よい軽い疲労感を感じつつバイクで帰途についた私でした。

南の人さん、また一緒に練習させてくださいね。
それから師匠!師匠も一度こちらに来ませんか?
スポンサーサイト
Edit / 2006.06.24 / Comment: 8 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。