スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ホテル裏話
カテゴリ: オカルト
ホテルマンを長くやってると、少なからず「事件」の間近に身をおいている事に気づきます。

まさに
「姉さん、事件です」
の感じ。

私が勤務していた事がある、博多のホテル日航福岡。
ここでは数年前、ロビーで銃撃事件があり
たしか一名死亡、一名重傷(ググったけど見つけられなかった)
そんな事だってあった。

私はいくつかのホテルを渡り歩いてます。
ホテルで一番多いのは、自殺。
どこのホテルとは言えませんが、私が勤務していたホテルの一室で行われた自殺のお話。

チェックアウト時間を過ぎても、チェックアウト手続きを済ませていない一人の若い女性客。
待てど暮らせど女性はロビーに降りてこない。
電話をかけるが電話に出ない。
フロント責任者が一人のベルボーイを様子見に向かわせる。
しばらくしてベルボーイから連絡が入る。
「怖くて見れません・・・誰か来て下さい・・・」

客室の前に到着したベルボーイは、まずはマニュアル通りチャイムを鳴らし、2回ノックした。
「○○様、フロントの者でございます。いらっしゃいますか?」
声を掛けるが無反応。

マニュアル第2段階へ移行。
もう一度チャイムを鳴らし、2回ノックした。
無反応。
「○○様、失礼いたします」
声を掛けつつ、マスターキーでドアを開ける。
無反応。
チェーンロックはかかっていない。

部屋の中はキレイだったが、テーブルの上に3つの封筒があった。
一通はホテル宛て、一通は女性の両親宛て、もう一通は不明(後に分かった事だが友人宛て)
浴室からは水の流れる音がする。
最悪の場面しか頭に思い浮かばない。
ベルボーイはフロントに電話し、助けを求めた。

フロントから責任者がやってきた。
二人して覚悟を決め、浴室のドアを開ける。
もちろんノックの後に。
そこにあったのは予想通りの最悪の光景。

浴槽内で手首を切っていた。
しかし、息はしている様子。
しかし、救急車内で息を引き取ったとの事だった。

こんな事件はホテルがもみ消す。
客室内で自殺があったなんて知られたら、影響が大きすぎる。
(客室内で自殺は、実は珍しいことではない。日常茶飯事とまでは言わないけれど相当数ある)
そのホテルでは客室内で殺人事件すらあった。
しかし、そんな事は外部に知られないまま、いつも通りの営業が続けられる。

そして・・・
ごく稀に・・・
その部屋に泊まった客が
「部屋を替えてくれ。どうもあの部屋は変だ、なにか居る」
と申し出てくるのである。
オカルト懐疑派は信じてくれないだろうが、ホントの話。
スポンサーサイト
Edit / 2006.08.11 / Comment: 8 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。