スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
おかえりなさい。はやぶさ
カテゴリ: 日記
どうも。
つい先ほどまでJAXAの管制室やニコ動の生中継、和歌山大学の生中継をウォッチしていた者です。

感動した・・・・。
画面に強い光が現れた時は目が釘付けになりました。

ワールドカップの中継が悪いとは言わないけれど、こっちの中継の方が価値があったんじゃないかと思います。



さてと。

はやぶさ、帰って来ました。
60億キロのおつかいを7年かけて帰ってきました。
あちこち怪我をしても、自分で治して帰ってきました。
おつかいに持っていった袋を置いて、星になってしまいました。


今日のBGM
【初音ミク】 Starduster 【PVっぽく】+mp3♫




日本の小惑星探査機 「はやぶさ」 が13日夜、地球と太陽の距離の40倍に上る60億キロ・メートルの旅を終え、打ち上げから7年ぶりに地球へ帰還した。
午後8時21分 (日本時間午後7時51分) に試料カプセルの分離に成功し、同11時21分 (同10時51分) ごろ大気圏へ突入した。
カプセルがウーメラ (南オーストラリア州) 付近で回収される可能性が高まった。

カプセル内には、小惑星の砂が入っている可能性がある。小惑星の砂や石は、ぎゅっと固まる過程を経た惑星の岩石と違い、太陽系の初期の状態をとどめているとみられる。
米アポロ計画で採取した月の石などに続く、貴重な試料として、世界の研究者の期待を集めている。

はやぶさは、2003年5月に地球を出発。05年11月に地球から3億キロ・メートル離れた小惑星 「イトカワ」 に着陸し、砂などの採取を試みた。地球からは小さすぎて見えない小惑星に、正確にたどり着いて軟着陸したのは史上初だった。
しかし、離陸後に燃料漏れで制御不能になり、通信も完全に途絶した。奇跡的に復旧し、07年に地球への帰路についたが、帰還は3年遅れとなり、劣化の激しい電池やエンジンでぎりぎりの運用が続いてきた。

秒速5キロ・メートルで飛行していたはやぶさは、地球へ近づくにつれて重力で加速。
南アジアの上空7万4000キロ・メートルに達した所で、カプセルを分離した。
この後、まずカプセル、続いて本体がオーストラリア上空で大気圏に突入し、夜空に光跡を描いて落下した。月より遠い天体に着陸した探査機が、地球に帰還するのは世界でも初めて。

本体は大気との摩擦で燃え尽きるが、カプセルは底面が断熱材で覆われており、突入の数十秒後にはパラシュートを展開して減速。位置を知らせる電波を発信しながら降下した。ウーメラ付近の砂漠に着地した模様。宇宙航空研究開発機構は、カプセルを14日にも回収。チャーター機で日本に持ち帰り、専用施設で慎重に中身を調べる。

イトカワで試みた砂の採取は、装置が正常に作動せず、失敗した。しかし、着陸の際に舞い上がった砂煙が、カプセル内に入った可能性がある。

はやぶさは、新技術のイオンエンジンを搭載した。のべ4万時間稼働して、小惑星へ往復する長距離の航行を完遂。日本の宇宙技術の高さを世界に示した。

ソース http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100613-OYT1T00818.htm

はやぶさ
星空を進む「はやぶさ」。天の川(左)の中にある南十字星の上で消えた=尾崎孝撮影
ニュース 速報 YOMIURI ONLINE(読売新聞)「はやぶさ」大気圏突入、60億キロの旅帰還より
クリックで拡大します

こちらは、はやぶさのラストショット。はやぶさが最後に見た地球。
はやぶさ ラストショット
クリックで拡大します

宇宙航空研究開発機構は13日、小惑星探査機 「はやぶさ」 が大気圏突入の直前に撮影した、太陽に照らされて輝く地球の写真を公開した。
撮影を担当した宇宙機構の橋本樹明教授によると、2時間ほどかけてはやぶさの姿勢を整えて5、6枚を撮影。ほとんどが真っ黒な画面だったが、時間ぎりぎりの最後の1枚に地球の姿が残っていた。
約30分後には大気圏に突入し、本体は燃え尽きたとみられる。

撮影したカメラは小惑星 「イトカワ」 を撮影した際にも使われたが、省エネのためその後電源を切っており、起動するか分からないとされていた。はやぶさは最後の最後まで期待に応えた形になった。

ソース http://www.kahoku.co.jp/news/2010/06/2010061301000705.htm


もーさー・・・・・
あんまり言いたかないんだけどさー・・・・

コレって世界初の快挙なワケよ。
しかも日本の技術力の高さを証明した、歴史的な快挙なワケよ。
はやぶさが残したデータってのは、これからの宇宙開発に於いて非常に大きな意味を持っているワケよ。

なのに・・・・NHKが生中継どころか、サッカーの放送ってどういう事よ。
しかも日本戦じゃないのよ?
セルビア対ガーナよ?馬鹿じゃねーの?

日本のネットユーザーの多くが、ネット上でしか生中継されていないはやぶさの最期を見届け、 「おかえりなさい」 を言うためにいくつかのサイトに殺到した。

ニコニコ動画のプレミアム会員の私でも、 「会場入り」 するまで30分以上を費やした。
U Streamなどは限界を超したとまで言われた。

民主党の報道といい、口蹄疫問題といい、今回のはやぶさの件といい・・・・
テレビが役に立たないという事がよく解った。


はやぶさの最期の様子 (動画)
Hayabusa re-entry

NASAのDC8からの撮影らしいです。
私が昨年、偶然目撃した火球もこんな感じでした。



おかえりなさい。はやぶさ。
お疲れ様でした。
ゆっくり休んでね (´;ω;`)


おまけ。
騙されたと思って見なさい → http://drawr.net/show.php?id=1478887
全てのコマ (漫画の) が表示されるまで、若干時間がかかるかも^^;

はやぶさ関係者の、はやぶさへのメッセージ
「約束」



それでは皆様。
おさらばえ。



応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


6/13 のお客様
1  jp  日本  237  97.1%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  5  2.0%
3  uk  英国  1  0.4%
4  tw  台湾  1  0.4%


4年前の 6/14 は、こんな記事書いてました。
4年前の 6/14 は、ブログお休みしてました^^:


今日の画像 手を上げなさい
手を上げなさい
クリックで拡大します


03:09 UP 機械を擬人化し、その最期に涙する感性を持つ日本人。私はその日本人である事を誇りに思います。


Read moreから 「今日のお宝画像」


今日のお宝画像  相武紗季さん クリックで拡大します。も一度クリックで更に拡大するかも。
aibusaki099_convert_20080420222509.jpg aibusaki0119.jpg aibusaki0123_convert_20080608232535.jpg
aibusaki0137.jpg aibusaki0138_convert_20080727150156.jpg aibusaki0158_convert_20080920202409.jpg
aibusaki0108.jpg aibusaki0143_convert_20080816194605.jpg

スポンサーサイト
Edit / 2010.06.14 / Comment: 5 / TrackBack: - / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。