スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
恩知らず
カテゴリ: 日々の思い
どうも。
今日の夕食に焼きそばを作った者です。

ホットプレートで作りました^^



さてと。
連日流れてくる民主党関連のニュースに腹が立って仕方がない者です。

あの馬鹿 (菅) が、こんな事いいました。

菅直人首相は8日、熊本市内で演説し、小泉純一郎元首相が在任中に毎年、靖国神社を参拝したことについて
「小泉さんは『俺は言ったことは絶対やる』と言って、靖国に毎年参った。そのことによって、アジアの国々との政治レベルの交流が非常に滞っている」
と批判した。

さらに首相は
「アジアとの連携がこの10年間必ずしもできなかった。気が付いたら中国に欧州の企業が物凄い勢いで出てきた」
と述べた。

ソース http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100708/plc1007081912009-n1.htm

おい、菅。
お前が言う 「アジアの国々」 ってのは、一体どこの国を指して言っているんだ?
ぽっぽも大概糞だったが、お前も負けてねーなー。

これで菅がどっちを向いて政治を行おうとしているかハッキリ判った。
気持ち悪いヤツだ。


外務省のサイトで挙げているアジアは21ヶ国。
インド インドネシア カンボジア シンガポール スリランカ タイ 韓国 中国 ネパール パキスタン バングラデシュ 東ティモール ブータン フィリピン ブルネイ ベトナム マレーシア ミャンマー モルディブ モンゴル ラオス
北朝鮮や台湾の名前が挙がっていないのは、国交がないから?

俺が知っている限り、靖国参拝に講義した国は、中国と韓国の2ヶ国しかない。
にも関わらず 「アジアの国々」 という表現を使うのはどういうワケだ。
アジアの他の国々に対して失礼だろ。
日本から金を毟り取るために歴史すら捻じ曲げるような乞食連中と、他の国々を一緒にするな。

左の連中が好んで使う、この 「アジアの国々」 だが、教えておいてやるよ。
アジア = 中国 + 韓国 + 北朝鮮
じゃねーからな。
小学校の地理からやり直せ。馬鹿。

こんな男がこの日本のトップなんだから悲しくなる。
小泉純一郎 ・ 元首相が以前、知覧の特攻平和会館を訪れた際、そこに展示されている特攻隊員の遺書を読んでボロボロと涙を流した。
そんな小泉さんと、菅。
あなたならどちらの男を信用する?
考えるまでもない。
俺は断然、小泉さんを信用する。


日本を守るために死んでいった日本兵たち。
彼らは口々に 「靖国で会おう」 「靖国で待っている」 そう口にして亡くなっていった。
彼らの犠牲の上に立ち、平和を享受している私たち。

彼らに感謝することも出来ず、彼らに後ろ足で砂をかけるような連中。
彼らの死を無価値なものに変えようとする連中を、俺は絶対に信用しないし許さない。

彼らの犠牲の上に立ち、平和を享受している私たちは、彼らの死に敬意を表し、感謝しなければならない。
そして彼らの 「靖国」 の物語を守らなければならない。
それが彼らに対するせめてもの礼儀。
そしてそれが、日本人として当たり前の姿勢なのだ。
それができないというのであれば、その人は 「恩知らず」 でしかない。


ひとつ訊こう。
何故、自国の戦没者の魂を弔うのに他国の顔色を伺わねばならん。
何故、他国の要求に応じて自国の戦没者追悼をやめなければならん。
靖国に参拝するかどうかは日本人の問題だ。他国の人間がとやかく言う事ではない。


とやかくイチャモンつけてくる他国の人間には
「黙ってろ。ほっとけ」
とやかくイチャモンつけてくる日本の左翼には
「この恩知らずが。とっとと日本から出てけ」
そう言ってやれば良い。


菅よ。
相手の言い分を一方的に聞くことが外交だと考えているのなら、やはりお前たちに国政を任せるワケにはいかない。
自分の祖国の為に犠牲になった尊い犠牲よりも、他国の国益を優先させるというのなら、やはりお前たちに国政を任せるワケにはいかない。



以下は英霊が遺した遺書やFLASH。
私が尊敬している二人の女性、桜井よしこさん、金美齢さんの動画。
まぁ、目を通してみてください。
私の駄文をだらだら読むより、よっぽど心に残る筈です。


***********************************

「愛児に遺した手紙」

植村眞久大尉
東京都出身 立教大学卒 25歳
昭和19年10月26日「第一神風特攻隊大和隊」
スリガオ海峡付近にて戦死

植村大尉は母一人子一人の母子家庭であったので、家系を絶やさぬ為に学生結婚しており、早くして子供を作っていた。にも関わらず特攻志願していたのである。
彼はそのような事情を知る戦友たちの配慮で、長崎県大村基地から南方へ出撃する前夜、深夜に東京の自宅まで軍用電話を繋がれ、受話器を通じて赤ちゃんの泣き声を一声だけ聞いて出発した。


素子。素子は私の顔をよく見て笑いましたよ。
私の腕の中で眠りもしたし、またお風呂に入ったこともありました。
素子が大きくなって私の事が知りたい時は、お前のお母さん、佳代伯母様に私のことをよくお聞きなさい。
私の写真帳もお前のために家に残してあります。
素子という名前は私がつけたのです。素直な、心の優しい、思いやりの深い人になるようにと思って、お父様が考えたのです。
私は、お前が大きくなって、立派な花嫁さんになって、仕合わせになったのを見届けたいのですが、もしお前が私を見知らぬまま死んでしまっても、決して悲しんではなりません。
お前が大きくなって、父に会いたい時は九段へいらっしゃい。そして心に深く念ずれば、必ずお父様のお顔がお前の心の中に浮かびますよ。
父はお前は仕合わせものと思います。生まれながらにして父に生きうつしだし、他の人々も素子ちゃんを見ると眞久さんに会っているような気がするとよく申されていた。
またお前の伯父様、伯母様は、お前を唯一つの希望にしてお前を可愛がって下さるし、お母さんもまた、御自分の生涯をかけて只々素子の幸福のみ念じて生き抜いてくださるのです。
必ず私に万一の事があっても親なし子などと思ってはなりません。
父は常に素子の身辺を護っております。
優しくて人に可愛がられる人になって下さい。
お前が大きくなって私の事を考え始めた時に、この便りを読んで貰いなさい。

昭和十九年○月吉日

植村素子へ

追伸、素子が生まれた時おもちゃにしていた人形は、お父さんが頂いて自分の飛行機にお守りにしております。だから素子はお父さんと一緒にいたわけです。素子が知らずにいると困りますから教えてあげます。


***********************************

「恋人に遺した手紙」宅島徳光 二〇年四月九日殉職 享年二四歳
 
はっきり言う。俺はお前を愛している。
しかし、俺の心の中には今ではお前よりも大切なものを蔵するようになった。
それは、お前のように優しい乙女が住む国の事である。
俺は、昨日、静かな黄昏の田畑の中でまだ顔もよく見えない遠くから俺達に頭を下げてくれた子供達のいじらしさに強く胸を打たれたのである。
もしそれがお前に対する愛よりも遥かに強いものというなら、お前は怒るだろうか。
否、俺の心を理解してくれるのだろう。
ほんとうにあのような可愛い子供等のためなら、命も決して惜しくはない。
自我の強い俺のような男には、信仰というものが持てない。
だから、このような感動を行為の源泉として持ち続けていかねば生きていけないこともお前は解かってくれるだろう。
俺の心にあるこの宝を持って俺は死にたい。
俺は確信する。
俺達にとって死は疑いも無く確実な身近の事実である。


***********************************

福島県出身 中央大学卒 陸軍特別操縦見習士官1期
陸軍特別攻撃隊 第20振武隊
昭和20年4月12日沖縄周辺洋上にて戦死 23歳

穴沢少尉には智恵子さんという婚約者がおられた。二人は昭和16年にそれぞれが学生であったときに知り合い、交際を始めた。当時、学生同士の恋愛ははしたないものと言われていたそうである。二人の間は本当に純粋な愛情で強く結ばれていた。それは穴沢少尉の手紙から読み取られる。
 
 
二人で力を合わせて努めて来たが終に実を結ばずに終わった。
希望を持ちながらも心の一隅であんなにも恐れていた”時期を失する”ということが実現して了ったのである。

去月10日、楽しみの日を胸に描きながら池袋の駅で別れたが、帰隊直後、わが隊を直接取り巻く情況は急転した。発信は当分禁止された。転々処を変えつつ多忙の毎日を送った。
そして今、晴れの出撃の日を迎えたのである。
便りを書きたい、書くことはうんとある。

然しそのどれもが今迄のあなたの厚情に御礼を言う言葉以外の何物でもないことを知る。
あなたのご両親様、兄様、姉様、妹様、弟様、みんないい人でした。
至らぬ自分にかけて下さった御親切、全く月並の御礼の言葉では済み切れぬけれど「ありがとうございました」と最後の純一なる心底から言っておきます。

今は徒に過去における長い交際のあとをたどりたくない。問題は今後にあるのだから。
常に正しい判断をあなたの頭脳は与えて進ませてくれることと信ずる。
ただしそれとは別個に、婚約をしてあった男性として、散ってゆく男性として、女性であるあなたに少し言って征きたい。

あなたの幸を希う以外に何物もない。徒に過去の小義に拘る勿れ。
あなたは過去に生きるのではない。勇気をもって過去を忘れ、将来に新活面を見出す事。
あなたは今後の一時々々の現実の中に生きるのだ。穴沢は現実の世界にはもう存在しない。

極めて抽象的に流れたかも知れぬが、将来生起する具体的な場面場面に活かしてくれる様、自分勝手な一方的な言葉ではないつもりである。純客観的な立場に立って言うのである。
当地は既に桜も散り果てた。
今更何を言うかと自分でも考えるが、ちょっぴり慾を言ってみたい。

 1.読みたい本 「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」
 2.観たい画 ラファエル「聖母子像」、芳崖「非母観音」
 3.智恵子 会いたい、話したい、無性に。
   今後は明るく朗らかに。
   自分も負けず朗らかに笑って征く。

 昭和20年4月12日

 智恵子様          
                           利夫


***********************************

神風特攻隊員たちの遺書【キミガタメ】.flv


***********************************

真実はどこに

***********************************

櫻井よし子「あなたのおっしゃるアジアってどこの国のことかしら?」


***********************************

恩知らずな日本人は日本人になる資格はありません!


***********************************





それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


7/8 のお客様
1  jp  日本  246  96.9%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  5  2.0%
3  com  不明 (米国営利組織)  3  1.2%


4年前の 7/9 は、こんな記事書いてました。
「死後・・・・」


今日の画像 立体視できる画像 一体何が見えるかな?
ce051c02.jpg
クリックで拡大します。
拡大してから平行法で見てみよう!!
平行法:視点を画面より向こうにやるだけ
遠くを見る感じ
そしたら物が二重に見えてくる
あとは微調整で見られる


00:06 UP  神風特攻隊員たちの遺書【キミガタメ】.flv は初めて紹介します。


Read moreから 「今日のお宝画像」


今日のお宝画像  井上真央さん クリックで拡大します。も一度クリックで更に拡大するかも。
井上真央 井上真央00
井上真央01 井上真央02
井上真央03 井上真央04
井上真央06 井上真央07
井上真央11 井上真央12 井上真央13
井上真央09 井上真央10 井上真央18

スポンサーサイト
Edit / 2010.07.09 / Comment: 3 / TrackBack: - / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。