スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
「GANTZ PERFECT ANSWER」 を観た。
カテゴリ: 映画
どうも。
黄砂のせいで,
すっかり喉がイガイガになってしまっている者です。

>>中国
ホント大迷惑

あれ、自然現象っつーか人災だからね。マジで。



さてと。
今回の記事は予定を変更して、表題の通り 「GANTZ PERFECT ANSWER」 の感想です。

観たのは9日の月曜日。
この日の映画館は、ワーナー・マイカル・シネマズ戸畑


GANTZ PERFECT ANSWER 予告



「GANTZ PERFECT ANSWER」
監督 佐藤信介

キャスト
玄野計 : 二宮和也
加藤勝 : 松山ケンイチ
小島多恵 : 吉高由里子
西丈一郎 : 本郷奏多
加藤歩 : 千阪健介
鈴木良一 : 田口トモロヲ
重田正光 : 山田孝之
伊藤歩 : 鮎川映莉子
 

制作
2011年 日本


<あらすじ>
加藤や岸本 (前作参照) 西を失った後も、黒い謎の球体 “GANTZ” (ガンツ) に導かれるまま、玄野や鈴木の星人との戦いは続いていた。
星人との戦いを終えて、生還する事が出来れば、GANTZの “ちいてん” で活躍ぶりに応じて点数が与えられる。
その累計が100点になれば、2つの “100てんめにゅー” の内一つを選ぶことができる。

1 記憶を消された上で、GANTZから解放され、普通の生活に戻れる
2 死んだ人を一人生き返らせる事が出来る。

玄野は、加藤を生き返らせる為。
鈴木は、他界した妻を生き返らせる為。

玄野は、一人で加藤の帰りを待つ、彼にとってたった一人の肉親である弟の歩の面倒を、玄野自身に思いを寄せる小島多恵と一緒に見ながら、星人との戦いを続けていた。

そして、あと数点で100点に達するところまで迫った玄野は、自分の部屋の前で意外な人物と遭遇する。
それは、死んだままの筈の加藤だった。

驚きを隠せない玄野に加藤が告げる。
「GANTZを終わらせたい」
玄野が答える。
「どうやって?」
「これくらいの黒い小さな玉を知らないか?」
玄野の問いに、右手で小さな輪を作りながら答える加藤。
「さぁ・・・心当たりがないけど・・・」
「また来る」
そう言い残してその場から立ち去る加藤。

ほぼ、時を同じくしてGANTZの周辺を嗅ぎまわる謎の男、重田と、彼が接触を続ける謎の集団。
そしてGANTZの謎の不調。

そんな中、玄野たちに新たなミッションがGANTZから下される。
それは星人でもない、普通の人間 「小島多恵」 の抹殺だった。




と、言うようなお話。


前作の 「GANTZ」 も劇場で観た私。
今作も当然観に行くつもりだったが、公開から少し時間を経てようやく実現^^
前作のレビューはコチラ → 「GANTZ」 を観た。


私、前作を観るまで原作の漫画も読んだことが無かった。
前作を観た後、コンビニで売られていた総集編の2冊を読んだだけ。
だからこの作品の知識も深くないし、思い入れもさほどない。
だから拒絶反応をもたず、純粋に初見の気分で “ただの映画” として楽しむ事ができた。

原作はまだ連載が続いているし、ストーリーは原作とは程遠いモノになったそうだ。
そういう事だから、原作の熱狂的なファンの方なら異論もあろう。
でも私は楽しめました^^

ハッキリ言って面白かった。
個人的には前作よりも面白かった。


地下鉄内での、GANTZメンバーと星人達の一般人を巻き込んだ、スピード感たっぷりの死闘は見応えがあった。
俳優たちの躍動感ある演技も凄かった。

不満点も無いワケではない。
星人達の背景が、前作に続き今作もまるで描かれておらず 「結局なんなの?コイツら」 感は消えないまま。
“小さな黒い玉” は、一体どこから湧いてきたのか。
その他諸々の謎が置き去りにされたまま、映画は終わってしまう^^;


しかし。
ここに特筆しておきたい事がある。
熱弁しておきたい事がある。

小島多恵を演じる吉高由里子の演技が素晴らしかった
N0022023_l.jpg

この女優さん凄いわ。
ちゃんと “小島多恵” になってるんだもん。
当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、その役になりきってるんだよ。

誰を演じても “キムタク” な木村拓哉さんは見習うべき。
誰を演じても “のだめ” な上野樹里さんも見習うべき。
綺麗なだけの女優さんはもっと見習うべき。
イケメンなだけの俳優さんも同様。

鑑賞中、小島の純愛に何度胸を打たれた事か つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
もうさぁ、言葉とか表情とか、息遣い一つとっても、ちゃんと玄野を想う小島多恵になってるのよ。マジで。

クライマックスシーンの小島多恵の行動には、強く胸を揺さぶられたし。
ラストにほど近い地下鉄駅での、悲しげな小島多恵の表情には胸が痛んだし。
足取りとか、目とか頬の動きだけでちゃんと小島多恵なのよ。

この女優さん、まだまだ伸びるよ。
俺が保証する。
絶対に大女優になる。


この映画・・・小島多恵と、疾走する地下鉄内での壮絶なバトルを観るだけでも価値あり。



<点数>
「GANTZ PERFECT ANSWER」 85点




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


5/8のお客様
1  jp  日本  302  96.5%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  7  2.2%
3  com  不明 (米国営利組織)  3  1.0%
4  th  タイ  1  0.3%

5/9のお客様
1  jp  日本  272  96.5%
2  com  不明 (米国営利組織)  4  1.4%
3  net  不明 (ネットワーク組織)  3  1.1%
4  au  オーストラリア  2  0.7%
5  fr  フランス  1  0.4%

5/10のお客様
1  jp  日本  230  94.3%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  6  2.5%
3  com  不明 (米国営利組織)  3  1.2%
4  ru  ロシア  3  1.2%
5  uk  英国  2  0.8%

5/11のお客様
1  jp  日本  209  98.1%
2  com  不明 (米国営利組織)  1  0.5%
3  tv  ツバル  1  0.5%
4  cz  チェコ共和国  1  0.5%
5  net  不明 (ネットワーク組織)  1  0.5%


4年前の 5/12は、こんな記事書いてました。
痛い


今日の画像 
img_1564969_38925722_0.jpg
クリックで拡大します。


15:30 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」



今日のお宝画像 上原美優 (uehara miyu) さん クリックで拡大します。
も一度クリックで更に拡大するかも。
uehara miyu01 uehara miyu02 uehara miyu03
uehara miyu04 uehara miyu05 uehara miyu06
uehara miyu07 uehara miyu08 uehara miyu09
uehara miyu10 uehara miyu13 uehara miyu07
uehara miyu11 uehara miyu12


急な訃報に驚いています。
可愛らしくて結構好きなタレントさんでした。
ご冥福を心からお祈りします。

スポンサーサイト
Edit / 2011.05.12 / Comment: 3 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。