スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
惜別
カテゴリ: 日記
一昨日 (7/15) の晩、前の勤務先であるリーガロイヤルホテル小倉の前を通ったんです。
いつもとは明らかに違う、異様な雰囲気でした。
十字路の交差点。交通量の多い場所です。
トラックが一台。そしてパトカーが数台。赤色灯が回転し、多数の警官と刑事と思しき私服の男性が数名。
ひと目で 『何かあったな』 と解る、異常な状態でした。
『ひき逃げとか、当て逃げみたいな事があったんだろうなぁ』
そう思いながら通り過ぎ、24時間営業のうどん屋に立ち寄って食事を済ませてから帰宅しました。


そして昨日、出勤して着替えを始めた時、私の携帯に着信があり、留守電が入っている事に気付きました。
リーガ時代の私の直属の上司です。
留守電を聞いて驚きました。
私もよく知るリーガの社員のNさんが、お亡くなりになったというものでした。

驚いてすぐに元・上司に電話をかけました。
Nさんの死因は交通事故。亡くなったのが7/15の夜だった為、通夜が今日 (7/16) で、葬儀が明日 (7/17) に行われるという事でした。

明日は仕事で、葬儀に出席する事はできません。
しかしNさんは直属ではなかったものの、私の上司とも言える先輩社員の方でした。
一緒に楽しくお酒を飲んだ事もあります。
最後のお別れだけはキチンとしておきたかった。

16日の仕事を終えてから、お通夜が行われている斎場に着くと、そこには帰る直前の先輩社員の方がいました。
「一体何があったんですか?」
私の問いに、先輩はこう答えてくれました。
「ホテルのすぐ近くの交差点を渡っているときに、曲がってくるトラックに巻き込まれたんだよ」

鳥肌が立ちました。

そう。
もうお分かりでしょうが、冒頭の異様な光景は事故後の光景で、その被害者がNさんでした。
Nさんが苦しんでいる時、知らない事とはいえ、私は馴染みの店で呑気にうどんを食べて、女性従業員と会話をかわしていたんです。


人の命は本当に儚い。
Nさんといい、昨年の9月にひき逃げに逢い亡くなったYさんといい・・・ほんの数秒、時間がずれていればそんな被害にも遭わず、今も変わらぬ姿で日常を過ごしていらっしゃったでしょうに。
でもそんな事は、神ならぬ身の私たちが事前に知ることが出来るはずも無く。
それが 「抗えない運命」 だと言うことなんでしょうね。
頭では理解できるのですが、祭壇に飾られた笑顔の遺影を見ると、やはりその不条理さに泣きそうになりました。


皆様はどうぞ日々をご安全に過ごされますように。


Nさんのご冥福を心よりお祈り致します。




それでは皆様。
おさらばえ。


7/16のお客様
1  jp  日本  307  99.4%
2  de  ドイツ  1  0.3%
3  mc  モナコ  1  0.3%


4年前の7/17は、こんな記事書いてました。
4年前の7/17は、ブログお休みしてました^^;


02:57 UP 
スポンサーサイト
Edit / 2011.07.17 / Comment: 7 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。