スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
【閲覧】 東日本大震災を風化させない為に 【注意】
カテゴリ: 日々の思い
今日は、いつもの更新とは雰囲気を変えてUPします。

今年の3月11日、東北地方を襲い、壊滅的な被害を与えた東日本大震災

12月22日の時点で、死者は1万5843人。行方不明者は3469人。
1995年(平成7年)1月17日に起きた阪神・淡路大震災の死者は6434人。行方不明者は3人。
東日本大震災がもたらしたその被害が、如何に甚大であったかが、ハッキリと示される数字です。


地震発生からもうすぐ10ヶ月。
原発事故など、まだまだ気を抜けない状況が続いてはいますが、次第に落ち着きを取り戻しつつある日本。
もちろんそれで良いし、そうあるべきなのですが、世界でも有数の地震発生国である日本。いつ、また大地震に見舞われないとも限りません。
個人的には、私が死ぬまでにあと1~2回は起きるんじゃないかと考えてます。もちろん根拠のない勘ですが。


私は日本の報道に不満を持っています。
災害が発生するたびに、新聞やテレビ、雑誌などで大きく報道されます。
発生の状況、被災地の現状、被災者の声、募金の呼び掛け。
しかし、海外の報道と比べ、決定的に欠けている事が一つだけあります。

それは犠牲者の御遺体の写真。

いくら数字で何百人、何千人と犠牲者数が示されても、被災地に住んでいない人たちは今ひとつリアルに感じられない。その “怖さ” に現実味が今ひとつ伴わない。
だから地震発生後に津波警報が出されても、海の様子を見に行く人がいたりする。本当の意味での “怖さ” が伝わっていないから。


先日出席した 「防災どんたく実行委員会決起集会」 で、こんな話がありました。

「災害関係のボランティアというと、なんだか “現地に行かなくてはならない” と考えてしまいがちだけど、必ずしもそうではないと思う。遠く離れた場所にいる私たちは、私たちの周囲の人にその怖さを伝え、いかに備えるかということを伝える事も重要な役目」

被災地に行けなかった、ある種の “引け目” のようなモノを抱えていた私でしたが、 『たしかにそうだなぁ』 と考えを変えました。



今回の震災で、私に強烈な印象を残した写真や動画をRead more画面にUPします。
マスコミが報道しなかった (出来なかった) ショッキングな映像も含んでいます。しかし、それこそが現地の現実です。
出来れば目をそらさず観て欲しいと思います。犠牲になった方々の冥福を祈りつつ御覧いただき、改めて防災について真面目に考えていただければ幸いです。




12/25のお客様
1  jp  日本  517  93.5%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  23  4.2%
3  com  不明 (米国営利組織)  11  2.0%
4  au  オーストラリア  2  0.4%

12/26のお客様
1  jp  日本  346  91.3%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  27  7.1%
3  com  不明 (米国営利組織)  5  1.3%
4  tw  台湾  1  0.3%


6年前の12/27は、こんな記事書いてました。
6年前の12/27は、ブログお休みしてました^^;


08:41 UP


Read moreから本題




【東日本大震災】【津波】今迄見た中で一番衝撃的な大津波の映像


津波 TSUNAMI - Earthquake (3/11) 20110411


東日本大震災(少女)




震災00 震災01 
震災02 震災03 
震災04 震災05
震災06 震災07
震災08 震災09
震災10 震災11
震災12 震災13
震災14 震災15
震災16 震災17
震災18 震災19
震災20 震災25
震災27 震災28
震災29 震災30
震災32 震災33
震災34 震災36
震災37 震災26 震災31
震災21 震災22 震災23
写真は一部を除きクリックで拡大します。



日本では放送できない 報道できない 震災の裏側 earth quake japan


日本では放送できない 報道できない 震災の裏側 2 earth quake japan




震災24
「すいません!」

4月6日、大川小学校近くの追波川河川運動公園に設けられた宿営地内を歩いていた第14戦車中隊 (岡山) の石井宣広3曹は、突如、背後から声を掛けられた。その可愛らしい声の主は、ワンピースを着た小さな女の子だった。少女は、振り向いた石井3曹にこう言った。

「これ、読んでください……」

石井3曹に封筒を渡した少女は、名前も告げずに走り去っていった。少女は、母親と思しき女性の運転する車でやってきて、偶然近くを歩いていた石井3曹に手紙を渡したのである。そこには、覚えたてのたどたどしい文字でこう綴られていた。

〈じえいたいさんへ。げん気ですか。つなみのせいで、大川小学校のわたしの、おともだちがみんな、しんでしまいました。でも、じえいたいさんががんばってくれているので、わたしもがんばります。日本をたすけてください。いつもおうえんしています。じえいたいさんありがとう。うみより〉

石井3曹は込み上げるものを必死で堪えた。 「胸がいっぱいになりました……。あの頃は、発災から1か月が経とうとしており、疲れもたまっていたのですが、あの手紙で、 『明日からも頑張るぞ!』 と皆、勇気が湧いてきたのです。そして自分たちのやっていることが人々のためになっているんだ、とあらためて認識しました」

その後、この手紙は第14旅団長・井上武陸将補の陣取る女川の指揮所に届けられ、たちまち各派遣部隊に伝わった。

井上旅団長は言う。
「手紙を見た時は、もう体中の血が逆流するほどの思いでした。 『よし、どんなことがあっても全員を捜し出すぞ!』 という思いが漲ってきましたよ。うみちゃんは、どんな思いでこの手紙を書いてくれたんだろうと思うと……」

少女が自衛隊に寄せた 『日本をたすけてください』 という切実な祈りに全員が奮い立った。中には、手紙のコピーを手帳に挟んで災害派遣活動に励む隊員もいた。同県利府町の加瀬沼公園に宿営地を設営した北海道の第1高射特科群のある中隊指揮所にも、この手紙のコピーがボードに貼り付けられた。

SAPIO2011年8月17日・24日号より



震災後、迅速な支援活動を行なってくれた米海軍第七艦隊の活躍
参考記事 → 【画像あり】アメリカ海軍かっこよすぎワロタw
a7abdcdc.jpg



Rise Again, Japan! 日本語字幕付き


【親日タイ】タイは日本の味方♥ Thai For Japan ♥ (JAPAN QUAKE TSUNAMI RELIEF)




ここからのBGMとしてもどうぞ。
オランダのチャリティーイベントが凄い! 東日本大震災 Pray for JAPAN


<海外から日本への応援メッセージ>
● 日本は強い国だ。原爆からだって立ち上がった。また立ち上がるだろう。

● なんということだ。愛と祈りをとにかく贈りたい。

● ハイチ地震の被災者だ。日本から医者が助けに来てくれたと聞いている。ぼくらは日本がどこにあるかも知らなかったのに、彼らは来てくれた。一生忘れないよ!何かできることがあったら…なんでもしよう。

● 自分がいかに最悪かって嘆くことは止めて、世界を変えるために何か新しいことを始めなくてはと思う。

● くだらない戦争に使われている金は、こういう災害を予防するのに使うべきだと思う。どう考えてもそれが賢い。

● なんでネット上で日本のアニメが更新されないのかな?と思ったらこういうことか!なんてこった!

● 君がどこに住んでいるか知らないが、この世界に完璧なベジタリアンの国なんかない。みんなが動物を殺してる。君の残念な心はクジラには同情するけど牛や他の動物…もちろん人間は見捨てるわけだ。実際沢山の方が亡くなっているんだ。頭があるならちょっと黙っとけ。
「捕鯨の罰だ」 というコメントに対して。

● 1995年の日本の大地震で何が起きたか知っているか?日本人は物凄く、すっごく!働く人々だから、すぐ復興できる。それに世界でもっとも技術も高く、勇気もある人たちじゃないか。彼らに立ち直る力を。心から祈る。

● 自分が彼らのために何ができるのか…考える。だって日本が大好きだから。

● 日本の耐震技術はすごいな…!東京のビル、見たところ全然壊れていない。これは各国学ぶべき。同じ地震があったら、俺たちの国ならもっと酷いことになっている。

● 軍隊が国民を助けている!自分は軍人だが、こんな仕事がしたい。

● この世の終わりだ!とかアホみたいに言っている奴ら黙れよ。M8.8の地震の後に10M級の津波があって、この死者数しかないんだぞ?それが何を示しているのか学べないようでは、お前の国 (残念ながら俺の国でもある) も終わってる。

● 終末のサインだとか言い出してる人らがいてほんと恥ずかしい。日本は年間1000近い地震 (無体感含む) が起きる地震国だ。その中で一つ強力なものが起きただけ。
祈りが日本に届きますように。被害者の方らが無事でありますように。

● なんでこのニュースで 「いい」 ボタンが押されてるんだよ!頭おかしいのか!こんなこといいわけないだろう!

● もし自分に…と思ったら本当に怖かった。こんな恐ろしいものは見たことがない…日本の方の安全を祈る。

● 恐れることはない。ガンダムがある国だろう日本は!がんばれ!

● 荒れ果てたコンビニで、誰も物を盗もうとしないなんて!きちんと並んで物を買ってる!日本人は素晴らしい。本当に大好きな国だ。早く復興しますように!

● ニュースを見ました。信じられない。まだ余震があるから気を付けてください。みんなが安全でいることを祈ります。あなた自身と家族と友人と周りの人々が無事でいること本当に本当に心からを祈ります!

● 日本は美しい国だ。その国のために、祈りたい。

● 日本は今まで世界中に援助をしてきた 援助大国だ。今度は国連が全力で日本を援助する。試練は乗り越えられる。 (国連総長コメント)

● 世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる・・・小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。

● 日本のこと、日本の皆さんのことを、毎日想っています。誰もこんなひどい目にあわなきゃいけない理由なんてない。でも、皆さんなら...

● もうそこにいる日本人たちが、いったいどんな思いをしているか想像もつかない。現地にいる全ての人に気持ちをおくります。

● 日本がこの災害から早く立ち直りますように。本当に丁寧で仕事熱心で今まで他の人々に貢献してくれてきた。

● 写真は見るに堪えないものばかりで、想像もつかない。気持ちや祈りが日本にいる人々に届きますように。

● 今まで見たものを、自分の脳がどう処理していいのか困難をきたしている。今まで見た中で一番信じがたい状況だ。さらに新しいニュースでは原発の問題も出ていて…神が日本にご加護を与えますように。

● この日本の大災害は、私が日本に知り合いがいないにも関わらず、大きな影響を受けている。ニュースを見ているだけで悲劇で、生きていることがなんて幸運なのかと考えさせられる。命や家を失った人々がかわいそうでたまらない。安らかにお眠りください。心からお祈りします。基金を立ち上げるべきだと思います。中近東や他の国ならすぐに立ち上がるのにどうしてないの?絶対に寄付します。

● 他の災害が全部ちっぽけに思えたほどだ。日本よ強くあってほしい。

● 今こそみんなで支援しないと。日本のことを強くいろいろ感じずにいられない。

● ここアメリカでニュースを見ていても寝られやしない。日本のみんな頑張れ。

● ニュージーランドから。クライストチャーチで地震があったとき、日本人チームがきて救助を手伝ってくれた。我々も何かできるといいんだが。これを読んでいる日本の人がいたら、ぜひ心を強く持って、安全でいて欲しい



<各国首脳からのメッセージ>
アメリカ・オバマ大統領
「全ての米国人と同様、日本における破壊の映像に心を痛めている。
自分は直接菅総理に対し、日本の災害からの回復にあたり、米国は出来る限りの支援を継続すると述べた。
我々は今後の困難な日々において、最も親しい友人であり同盟国である日本の人々を支持していく」

ニュージーランド・ジョン・キー首相
「私たちの惨事に対し日本は多大な支援をしてくれた。
友人である日本国民のために、今度は私たちが必要なあらゆる支援を提供する用意がある」

ニュージーランド・マカリー外相
「援助が必要だった時に日本は私たちを支えてくれた。我々の心は日本国民とともにある。」

インド・シン首相
「インドはこの困難な時に、日本政府及び日本国民と完全にともにある。必要とされるあらゆる形での支援を行う用意がある」

タイ・プミポン国王夫妻
「地震と津波で甚大な被害が出たことを深く悲しんでいる。両陛下と全ての日本国民に心からの弔意を表す。」

中国・温家宝総理
「中国側は、災害状況の推移を密に注視し、日本側に必要な援助を提供することを望む。」

ロシア・プーチン首相
「支援に全力を尽くす必要がある。日本は親しい隣国であり、両国間は様々な問題を抱えてはいるが、信頼できるパートナーであるべき」

オーストラリア・ギラード首相
「心から哀悼の意をささげる」

シンガポール・リー・シェンロン首相
「日本は迅速にかつ決然とこの災害に対処されており、災害から復旧されると確信しています。いかなる形であれ支援する用意があります」

トルコ・ダウトオール外相
「最大限の支援を行う」

カナダ・スティーヴン・ハーパー首相
「今回の地震で被害を受けた日本の皆さんに哀悼の意を表する。カナダ政府として必要に応じて支援をしたい」



世界の皆さん、ありがとう。
日本は必ず立ち直ります。
必ず 「やっぱ、日本はすげぇ!」 と言わせてみせます。



We will not blame the heaven - 天を恨まず


スポンサーサイト
Edit / 2011.12.27 / Comment: 5 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。