スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
「いただきます」 と 「ごちそうさま」
カテゴリ: 日々の思い
この流れだから俺も断言しておく。
「南京大虐殺など無かった」
どうも。僕です。

正しいことは臆することなく、堂々と主張すべし。
嘘は嘘だと明言すべし。
まやかしの歴史に踊らされるな日本人。



それはそうと。
只今、福岡は凄い大雪に見舞われております。
私、あと10分ほど遅ければ、無事帰宅出来ていなかったかもしれません。マジで。

道がね、凍ってるんじゃなくて雪が積もってるんですよ。
私の住むアパートは山のてっぺんにありましてね。
交通量が少ないので、降れば降っただけ積もるんです。

後輪が右に左に振られながら、どうにかこうにか登りきったはいいんですが、駐車場まで数メートルという下り坂でとうとうバイクが倒れまして^^; (転倒ではなく)
雪が積もってる上に、下り坂なモンだから起こすのにも一苦労><

明日は仕事が休みでよかった^^;
とてもじゃないけど、明日は身動きできそうにもありません。

と、ここまで書いて 『そうだ。写真の一枚でも・・・』 と思いまして、デジカメを手に外に出ましたらば。
に変わってました^^;
雨男の魔力恐るべし。 (現在01:35)



さてと。
このニュース、皆様はどう感じます?

現在、世界では爆発的な人口の増加と貧困層の富裕化などによって食糧危機が問題となっています。
中でも肉の需要は増大する傾向にあり、試験管での人工肉開発、うんこを使った人工肉、肉食の代替としての昆虫食などの解決策が提案されています。

しかし多くの人々からは、「ちゃんとした肉を食べたい」という要望が強く、それに応えるために効率よく肉を採取できる羽毛の生えないニワトリも開発されましたが倫理的な問題が指摘されています。
ところが、このニワトリ以上に効率的に肉を生産するための飼育システムが提案され大きな話題となっています。

それは、ニワトリを脳死状態(植物状態)にして、映画『マトリックス』に登場する人間プラントのように肉を生産するというものです。

この肉生産技術コンセプトは、建築を学ぶ学生アンドレ・フォードさんが提案しているものです。

フォードさんの提案では、まず外科的にニワトリの大脳皮質を切除し脳死状態
やまさん注釈 正しくは植物状態では?) にします。
この処置によって生存するためだけの最低限の能力だけのニワトリを作ります。そして、それらのニワトリをパックに入れて立体的に吊り下げ、チューブから必要な水分や栄養を胃に流し込むことで効率よく肉を生産するといいます。

この肉生産技術コンセプトには、いくつかの利点が存在します。

まず、動き回り活動するニワトリを動けなくして自動的に成長させることで、肉生産に必要な土地を大幅に削減し、非常に効率的に肉を生産できます。そして、ニワトリを脳死状態にするため、これまで殺して食べられる状態になるまでに感じていた苦痛をニワトリが感じることがなくなるため、ニワトリの苦痛を減らすことができて非常に倫理的だといいます。

フォードさんのコンセプトは非常に過激ながら、現在あるニワトリにとって過酷な飼育状況や肉処理の現場を考えれば、反論するのは非常に難しいといわざるを得ません。また、こういった畜産の工業化へのアプローチはこれまでにも行われてきたものであり、このコンセプトは過去から現在までの延長線上にあるシステムです。

食糧危機によって肉の工業化はさらに進められますが、現代の人々の多くは「倫理的に問題がある」とします。しかし多くの人は、菜食主義者になることも、昆虫食主義者になることも、人工肉を食べることもしません。それどころか、毎日のように大量の食べ物を捨てる生活を送っているのが現状です。

非常に難しい食肉に関するジレンマですが、この肉生産技術コンセプトから毎日食べている食事について考えてみてはいかがでしょうか。


ソース http://commonpost.boo.jp/?p=27809
少々ショッキングな写真もリンク先に有り。非グロ。


うーん・・・
>ニワトリを脳死状態にするため、これまで殺して食べられる状態になるまでに感じていた苦痛をニワトリが感じることがなくなるため、ニワトリの苦痛を減らすことができて非常に倫理的
言わんとしている事は解らないでもないんだけれど、やっぱり残酷な気がするんだよなぁ・・・

たしかに、最終的には我々人間に殺されて、食肉としてその胃の中に入るんだけど・・・・
やっぱり 「生物」 としてこの世に生まれた以上、自分の意思?で動いて餌を食べて・・・という時間がなければ、あまりにも不憫な気がするんだけど、それは俺の自己満足な感傷に過ぎないのかなぁ。

将来的にね。例えば大型の宇宙船で、火星だの木星だのに行けるような時代になった時。その宇宙船の中で食料の調達手段としてこういうシステムが有効利用されるのかなぁ。とは思うんだけどね。

ただ、批判する気は毛頭ない
何故なら、今現在のブロイラー、牛や豚の屠殺の現場も結構エグい。

消費者はそうした事を頭の片隅にとどめておいて、食事の際にはその命や屠殺の現場で働く人に感謝しつつ、美味しくいただかなくてはなるまい。
youtubeにも、屠殺現場の動画がいくつかある。
お薦めはしないが、一度は見ておくべき動画じゃないかとは思う。
飲食店で働いた経験のある人なら解ってくれるだろうが、食べ残しの料理や、酷いときには全く手の付けられないまま捨てられる料理が一体どれほどある事か。
一店舗でしかみていなくても、それが日本全国の飲食店全ての店舗で同様の事が行われている・・・そう考えれば食材を無駄にはできまい。


私の本家は農家を営んでいて、米やキャベツ、じゃがいも、とうもろこし、そして黒毛和牛も育てている。
自慢するワケじゃないが、結構 “豪農” な部類に入るんじゃないかと思う。
ちょくちょく農作業を手伝ったりもするから、よけいに “食品を捨てる” という行為はどうしても心に引っかかる。


「いただきます」 と 「ごちそうさま」 。
どちらも英語には相当する言葉がないそうな。
え? 「Let's eat」 ?。いやいや、これは俺に言わせりゃ 「さぁ、食おうぜ!!」 だ。
え? 「I'm finished」 ?。いやいや、これは俺に言わせりゃ 「ああ、食った」 だ。
え? 「I'm full」 ?。いやいや、これは俺に言わせりゃ 「ああ、腹いっぱい^^;」 だ。

他の言語では?知らない。あるかもしれないし、ないかもしれない。

「いただきます」 と 「ごちそうさま」 。この二つの言葉は、料理を作ってくれた人、食材を育ててくれた人、命を提供してくれた動物。それらに対して感謝を表す、日本古来の美しい伝統であり文化。

「全部食べたらみっともない。みみっちぃヤツだと思われる」 とか 「ガツガツしていてみっともない」 とか。
そんなしょーもないカッコつけは止めて、命に感謝しながら美味しく全部いただきましょう^^




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


2/25のお客様
1  jp  日本  744  98.8%
2  com  不明 (米国営利組織)  7  0.9%
3  tv  ツバル  4  0.5%
4  nz  ニュージーランド  2  0.3%
5  sg  シンガポール  1  0.1%
6  net  不明 (ネットワーク組織)  -5   -0.7%

2/26のお客様
1  jp  日本  574  91.0%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  33  5.2%
3  com  不明 (米国営利組織)  12  1.9%
4  tw  台湾  4  0.6%
5  au  オーストラリア  2   0.3%
6  pl  ポーランド  2  0.3%
7  za  南アフリカ  2  0.3%
8  hk  香港  1  0.2%
9  ca  カナダ  1  0.2%

2/27のお客様
1  jp  日本  604  92.8%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  35  5.4%
3  com  不明 (米国営利組織)  5   0.8%
4  id  インドネシア  2  0.3%
5  tw  台湾  2  0.3%
6  au  オーストラリア  2  0.3%
7  pl  ポーランド  1  0.2%

2/28のお客様
1  jp  日本  1,027  124.3%
2  com  不明 (米国営利組織)  8  1.0%
3  th  タイ  3  0.4%
4  nl  オランダ  2  0.2%
5  hu  ハンガリー  2  0.2%
6  au  オーストラリア  1  0.1%
7  net  不明 (ネットワーク組織)  -217  -26.3%


6年前の2/29は、こんな記事書いてました。
6年前に2/29は、ありませんでしたw


今日の画像 
013a8e95.jpg
クリックで拡大します。


02:55 UP


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」
   


今日のお宝画像 三船美佳 (Mifune Mika) さん クリックで拡大します。
も一度クリックで更に拡大するかも。
mihune mika15 mihune mika12 mihune mika13
mihune mika06 mihune mika01 mihune mika02
mihune mika08 mihune mika09
mihune mika11 mihune mika10
mihune mika04 mihune mika07
mihune mika03 mihune mika05


今日のお宝画像 山本"KID"徳郁 (Yamamoto “KID” Norifumi) さん クリックで拡大します。
も一度クリックで更に拡大するかも。
山本徳郁01 山本徳郁02 山本徳郁03

伝説に残る試合。まさに瞬殺!! 宮田屈辱の4秒KO
Norifumi"KID"Yamamoto 山本 徳郁 VS Kazuyuki Miyata 宮田 和幸


スポンサーサイト
Edit / 2012.02.29 / Comment: 16 / TrackBack: 1 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。