スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
岩手県大槌町支援活動レポート 4
カテゴリ: ボランティア
**********************************************************

>>もりしのさん

facebookで探しましたが見つけることができませんでした。
よろしければ連絡下さい。

秘密コメントでも、メールフォームでもどちらでも構いません。
よろしくお願いいたします。

**********************************************************

「岩手県大槌町支援活動レポート 1」
「岩手県大槌町支援活動レポート 2」
「岩手県大槌町支援活動レポート 2 補足」
「岩手県大槌町支援活動レポート 3」 の続きです。


「岩手県大槌町支援活動レポート 3」 では、17日の活動について記事にしましたが、当日の私たち清掃活動の様子が大槌町ボラセンのブログ 「大槌町社協 復興支援ボランティアセンター ~Jump It Up! それぞれの未来へ向かって~」 でUPされていました。

「土嚢袋!」

私たち4人がバッチリ写ってますw
私なんかデカデカと載っておりますw
これでただでさえ少ない女性ファンが減りますねorz



18日
この日も6時半に起床。
いつもと同じように朝食を済ませてから、8時頃に宿を出発。
車で1時間15分程の時間をかけて大槌町へ。

大槌町に入り、ボラセンへ向かう途中の車窓からの景色。
復興支援ボランティア 045 (900x675) 復興支援ボランティア 046 (900x675)
復興支援ボランティア 047 (900x675)
当記事の写真は全てクリックで拡大します。

ボラセンに到着し、作業現場へ赴く前の一服タイム (私はタバコは吸いませんが) 。
派遣期間中、ずっとお世話になった社協の男性スタッフ (この方はずっと黒の雨具を着ていらっしゃったので “ブラックさん” と呼びます) から、震災当日の話を聴くことができました。

「とにかく凄い揺れだったよ。道路が波打ってたんだから。震度6だっけ?でも建物は全然倒れなかった。食器棚の食器すら落ちなかったんだから。右に揺れるだろ?で、食器が落ちる前に左の揺れが来るからさ、落ちなかったの。
とにかく凄い揺れだった。立っていられねーんだもん。道路は波打ってるし。そんな揺れが6分くらいずーっと続いてたんだから」
「6分!?そんなにですか!?」
私の言葉にブラックさんが続けます。
「そう。それくらい。でもね、そんな揺れだったけど、どんなにボロっちぃ建物も家も倒れなかった。ぜーんぶ津波だよ。津波が全部もっていっちまいやがった」
私たち4人は黙って聴いていることしかできません。

「 『津波がくるから』 って一度は高台に逃げたんだけど、逃げ遅れた年寄りを助けに町に降りていった若い連中や、 『寒いから』 って、子供を高台に残して家に服を取りに帰った母親・・・そんな連中はみーんな、津波に呑まれちまった。生きてりゃな、寒いのなんてどうにでもなるんだよ。生きなきゃダメだ。まずは生き残らなくちゃ駄目なんだ」

「津波から二日目だったか三日目だったか・・・道路にパトカーとか消防の車とか自衛隊の車とか並んでやってきたのが見えた時は嬉しかったよ。『ああ助かった。これで死ななくて済む』って。それまでは警察なんて嫌いだったんだけどな。あの時は凄く頼もしかったよ」

「泥棒だっていたんだよ。それに色んなデマも飛び交った。 『どこそこの誰それさんが、自分の家で泥棒と出くわして刺された』 とか、 『どこそこの誰それさんが殺された』 とかな」

震災当時の体験談を、直接被災者の方から聴くことができました。
私が質問してみました。
「風呂っていつ頃入れるようになったんですか?」
「風呂?二週間くらい経ってからだったかなぁ。自衛隊が風呂を作ってくれたよ。皆二週間振りの風呂だろ?垢とかなんだとか色んなモンが浮いてたけどさ。そりゃあ気持ちよかったよ 『はぁーーーー良い気持ちだぁあああ』 ってなもんさ。もうとにかく自衛隊、警察、消防・・・感謝の気持ちしかねぇなぁ」


そんな話をしてる時でした。
山の方から ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・ と地鳴りが聞こえました。
「ん?」
と私が気づいたのとほぼ同時にブラックさんが叫びました。
「地震だ!!」
その瞬間、足元から上にズン!!と突き上げる強い揺れが。
私、これが縦揺れ地震の初体験でした。
まさに下から突き上げてくる地震。
例えるなら、サンドバッグの上に立って、その下からマイク・タイソンみたいなヘビー級のハードパンチャーの全力のパンチをくらった感じ。

「おい!!今の揺れ方はマズイぞ!!津波はどうなってる!?」
と、ブラックさんの指示が飛びます。
その指示を待つまでもなく、レッドさんをはじめとした他の社協スタッフの方々も携帯を開き、情報を収集してました。
その横で、呆気にとられている私たち4人。あの津波を経験した人間とそうでない人間の危機感の違いでしょうか。
まぁ、元・東京消防庁レスキュー隊隊長の中本さんは、他の3人とは違って堂々としていたというのが正解。

『多分震度は3くらいだったよね』
と私が考えていた通り、震度3の発表がありました。津波の恐れはなし。

そうこうしてると、桃さんからメールが届きました。
「今、岩手県内陸部で地震というニュースがありましたが、無事でしょうか?」
ご心配いただきありがとうございました。


波乱の一服タイムを終えて、今日の現場へ。
復興支援ボランティア 048 (900x675)
作業現場は今日も源水地区。

いつものように空き地に車を停め、作業前の軽いミーティング。
これまでも、私たち以外のボランティアさん達と共同で作業してきましたが、この日も同じように別のグループが。
その中でも一際目を引いたのが巨漢の男の子。
柔道をやっているらしく、いかにも力が強そう。
「こりゃ頼もしいな!蓋が重いから頼りにしてるよ!」
とブラックさん。
これまで蓋上げを担当してきた中本さんと安井さんも 『これで今日は蓋上げやらなくていいかも』 と思っていたらしいです。

復興支援ボランティア 049 (900x675)
左側に座っている黒いTシャツの男の子が、その期待の柔道男子。
しかし・・・・・
ミーティングを終え、作業現場に到着してすぐに、何もしないまま何もない所で転倒。
不幸なことにその際に捻挫してしまい、たまにホウキで道を掃くくらいで実質リタイヤ状態^^;
「アイツ何しにきたんだよ^^;」 状態になってしまいまして^^;
本人も張り切っていたでしょうに^^;なんだかかわいそうでした。
言っておきますが、誰も彼を責めたりしてませんからね!!

復興支援ボランティア 050 (900x675)


午前の作業を終え、昼食へ。
この日も、いつものように大槌北小学校の敷地に建てられたプレハブの仮設商店街へ。
復興支援ボランティア 053 (900x675)

前日、前々日とラーメンだったので、この日は私の希望で 「めん八喜」 の隣の 「やきとり 七福」 へ。
復興支援ボランティア 052 (900x675)
この店の前を通るたびに良い匂いがしてたから、ずっと気になってました。
窓に貼ってあるメニューも、定食が500円と魅力的。

復興支援ボランティア 051 (900x675)
これは私が頼んだ “からあげ定食” 500円。
大変おいしゅうございました。御馳走様でした。

後で、レッドさんとこんな話をしました。
「昼食とかどうしてるんですか?」
とレッドさん。
「大槌北小学校の敷地のプレハブでやってるお店で食べてますよ」
「ああ、そうなんですか。もうね、皆さん大変な借金をして店を再開してるんで、そういうふうにこっちのお店でお金を使ってもらえるだけで本当に有難いです」
「昨日までは “めん八喜” でした。美味しいですねあそこ。豚骨ラーメン以外で初めて美味しいと思いましたよ」
「あそこはね、有名なんですよ。釜石とか宮古を含めても一番美味しい店だと思います」
「でしょうね^^すげぇ美味しかったですもん。今日は “やきとり 七福” でした。あそこも美味しいですね」
「ああ、あそこはですね。元々現在の女将さんのお姉さんがやってた店で、美味しくて評判のお店だったんです。でもそのお姉さんが津波に呑まれて亡くなってしまって、妹さんがその遺志を継いで営業を再開したんですよ」 (この話、ひょっとするとお姉さんと妹さんが逆かもしれません)


食事を終えて現場に戻る途中に寄り道。
元々はお寺があった場所らしく、の斜面につくられた墓地。低い位置にある墓石は津波で倒され、今もそのままになってる墓石が目立ちます。
復興支援ボランティア 054 (900x675) 復興支援ボランティア 055 (900x675)

復興支援ボランティア 056 (900x675)
同じく大槌町の風景。供えられている花束の場所で、御遺体が見つかったのかもしれません。合掌。


午前中と同じ作業を終え、いつものように用具を洗い撤収。
その途中に写した大槌中学校の写真。
復興支援ボランティア 063 (900x675) 復興支援ボランティア 064 (900x675)
復興支援ボランティア 065 (900x675) 復興支援ボランティア 066 (900x675)
復興支援ボランティア 067 (900x675)
体育館は震災当時、遺体安置所として使われました。
現在、同校は一部、物置として使われています。

復興支援ボランティア 068 (900x675)
たまたま見かけた移動図書館。

復興支援ボランティア 069 (900x675)
大槌町社会福祉協議会 災害ボランティアセンター



作業を終えて、コンビニで弁当を購入。
入浴後に飲み会&夕食。
復興支援ボランティア 070(900x675)
福岡RBのメンバーで、3班のメンバーとして私たちより先に派遣されていたTさんお薦めの酒 「浜千鳥」 と、飲み比べの為に買った 「大地の一献」 。

この日も23時頃に就寝しました。




「岩手県大槌町支援活動レポート 5」 に続く。


3/27のお客様
1  jp  日本  502  94.0%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  22  4.1%
3  com  不明 (米国営利組織)  6  1.1%
4  sg  シンガポール  3  0.6%
5  de  ドイツ  1  0.2%

3/28のお客様
1  jp  日本  346  92.8%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  16  4.3%
3  th  タイ  4  1.1%
4  tw  台湾  2  0.5%
5  de  ドイツ  2  0.5%
6  info  不明  1  0.3%
7  ch  スイス  1  0.3%
8   ru  ロシア  1  0.3%


6年前の3/29は、こんな記事書いてました。
今日のわたくし
ことりばこ再び
ことりばこ再び2
またまたいじってみた。


03:37 UP


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳

  
スポンサーサイト
Edit / 2012.03.29 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。