スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
摩天楼の怪人
カテゴリ: 我が家の本棚
最近やたら寒い。
もう4月も終わろうかと言うのに寒い。
ひょっとしたら風邪ひいちゃったのかもしれない。

一昨日、雨に濡れながら帰宅したのがまずかったに違いない。
今、暖房の手段が全くない我が家。

熱いシャワーを浴び、早々に布団に潜り込み、熱いお茶を飲む。
それ位の手段しかない。

テレビを観るのもいいが、それでは少々勿体無い気がする。
そんな時こそ読書である。

今読んでいるのが・・・
島田荘司著「摩天楼の怪人」
私が今、一番好きな作家の、そして一番好きな「探偵」御手洗潔が登場する作品。


1969年、ニューヨーク、マンハッタンの摩天楼にあるセントラルパーク・タワー・ビルの34 階の一室で、死を目前にした往年の大女優が、50年近く前の殺人事件の犯人は自分なのだと告白した。
1921年の嵐のその晩、彼女が犯したという不可能犯罪。停電したその夜、34階にいた彼女が1階にいたプロデューサーをわずか15分の間に射殺したというのだ。
アリバイがないのは、わずか15分間だけ。その前後、彼女は確かに34階の自分の部屋にいたことが確認されていた。

そんな犯罪を犯すことが、彼女に本当にできたのか?
そして、彼女の言うファントムとはいったい誰なのか?

コロンビア大学助教授の御手洗潔に、この謎を解いてみせよ、と言って大女優は息をひきとった。

セントラルパーク・タワーを建てた建築家、オーソン・タルマッジの爆死の謎、彼の持っていた不思議なヒエログリフの意味するものは? 駆け出しだった彼女のまわりで続いた、女たちの不可解な自殺の真相は……?
御手洗潔が摩天楼の謎に華麗に挑む。

(前出リンク先よりコピペ)

ただねぇ・・・

出だしがダルイ

いや、相手が大作家で、俺がとやかく言える筋合いではないんだけども。
やっぱ、御手洗シリーズは石岡が語り手の方が読みやすいなぁと再認識。

でも読み進むにつれて、面白くなってくるんだろうな。
それに期待。
 

スポンサーサイト
Edit / 2007.04.18 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。