スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
恐怖の思い出
カテゴリ: 思い出
このブログで長く紹介してきたハッピー・タッチさんのお話。
ついに終了してしまいました。
これで私の楽しみが一つ減ってしまいました。

また何か興味深い話があれば紹介しようと思ってます。
「投稿に行き詰まった時のコピペでしょ?」
うん。当たってますw

さて、ハピタチさんの話を読んでて思った事。
「俺、子供の頃にこんな経験あったっけ・・・・」

秘密基地遊びはよくやった。
俺が子供の頃はテレビゲームなんてなかった。
あの「インベーダーゲーム」は中1の頃だった。

子供の頃の話はまた別の機会にとっておくとして・・・

恐怖体験・・・・恐怖体験・・・・
記憶をさかのぼっていく。
結構あるなぁ・・・・
その中で、ホントに「ヤバイ!」と思った話を。

「幽霊」も「呪い」も関係ないけれど、その方がリアル感が強いし、ホントに
その分だけ怖かった。


もう10年以上も前の事。
当時私は福岡に住んでいた。
そして3歳ほど年上で、私が中学生の頃から知り合いだった東京在住の女性(福岡県出身で、2年ほど前から上京していた)とある事がきっかけとなり交際する事になった。
東京⇔福岡の遠距離恋愛だった。

結構綺麗な女性で、顔は「河合奈保子」が痩せた感じ。
現時点でも、私が付き合った女性の中では一番のルックスの持ち主。

いかんいかん。こんな事を書きたいワケじゃないw

彼女の名前は、彼女のペンネーム「シンデレラ」にちなんで、シンちゃんとしよう。

彼女に会う為に、私が連休をとって東京に行った時の話。
朝食の勤務を終えてから空港に直行。翌日からは2連休。
空港に着くと彼女が迎えに来てくれていた。
久しぶりに会う彼女は垢抜けてて、より綺麗になってた。
東京の土地鑑なんて私には全く無くて、シンちゃんがいなければ100%迷ってるw

シンちゃんに引き連れられ、その日は宿泊先のプリンスホテルに。
ツインルームで、もちろん彼女もその日は一緒に泊まる。
部屋に荷物を置いてから、まずは外に食事へ。
食事後はバーで軽く飲んで、ホテルに戻る。
少し飲み足りないって事で、ルームサービスでつまみを頼み
飲み物は、部屋と同じ階にある自動販売機で購入。

シンちゃんを部屋に残し、自販機にビールを買いに行った時に「ソレ」が起きた。

自販機には先客がいた。
30代後半~40代と思われる男性がいた。
自販機前でただ立っている。
『何を買うか迷ってるのかな』
そう思い、順番を待つ事にした。
男性が口を開いて私に言った。
「これ、使い方が判らない。どうやって使うの?」
『へ?』
今時、自販機の使い方なんて幼稚園児だって知ってる。
たしかに時々「え?どうなってんのコレ」と一瞬戸惑う自販機も目にする事はあるが、目の前にあるのはなんの変哲も無い自販機。
「あ、買いたい商品の下に書いてあるのがその商品の値段で、その金額をこの穴にいれると、商品の下にランプが点くから、その後にそのボタンを押すと買えますよ」
と私が実演しながら説明した。
男は
「ありがとう、素人だからわからないよ」
と冗談交じりに言ったが、その顔は笑顔ではなかった。

考えてみれば不自然だ。
発展途上国の外人かと思ったが流暢な日本語だ。顔だって普通の日本人に見える。
どんな田舎に住んでいても自販機くらいあるだろう。
出所したばかりの元受刑者かとも考えたが、それにしては若い。生まれたばかりで投獄されたとか?ありえない。

『おかしい。絶対コイツおかしい』
疑念が少しづつ恐怖感に変わっていく。
『まさか北朝鮮のスパイ?』
正解かどうかは判らないけれど、ソコに考えが至った時に恐怖がピークになった。

金賢姫(元・北朝鮮秘密工作員。大韓航空機爆破事件の実行犯)もそうだった。
日本語は流暢だったが日本の知識は無かった。
取り調べを受けていた頃、焼き海苔を出された時もソレが何かは知らなかった。
「使っていたテレビのメーカーは?」捜査官の質問に
「チンダルレ(つつじ)」と答えた程。
「そりゃ北朝鮮のメーカーだよ。知らないの?」
と捜査官に笑われたらしい。

金賢姫の著書で読んだそんな話。それを思い出したものだから恐怖感が加速。

『怪しまれたらマズイ!見破られたら殺される!』
アイツらの格闘技(撃術と言うらしい)の腕前はハンパじゃない。
本気にさせたら秒殺間違い無し。
もう、俺の脳内では「男=北朝鮮秘密工作員」で決定。

努めて平静を装い、ビールを購入。
振り返らずにその場を立ち去る。
ずいぶんと男から離れた時点で後ろを振り返る。
男はずっとコチラを見ている!

部屋前でドアをノックし
「シン!開けて」
と声をかけ、一人ではない事をアピール。
中に入り、覗き穴を暫らくみていたが結局男の姿は見えなかった。

その夜、その後どうしたかって?
もちろんシンちゃんとHしました。
燃えましたw
頑張りましたw


え?怖くない?
だったら体験してみなさいよ!どんだけ怖いか!w
スポンサーサイト
Edit / 2006.06.07 / Comment: 11 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。