スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
【私信】 >>桃源児さん & ミー太郎さん
カテゴリ: やまさんのおすすめ
車中でお話した、自転車で世界一周している人のブログはコチラです。
染谷翔の自転車世界一周ワロスw



こちらは別人のブログですが、同じく自転車でユーラシア大陸を横断した方のブログです。 (既にゴール済)
西向きノラヒツジ
ちなみに、このお二人は旅の途中で会ってますww



<おまけ>
抱腹絶倒間違いなしのブログ
不活性で怠惰なアタシの肉体の神秘

これもなかなか
中国嫁日記



それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


2/23のお客様
1  jp  日本  489  97.4%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  6  1.2%
3  th  タイ  2  0.4%
4  nz  ニュージーランド  2  0.4%
5  com  不明 (米国営利組織)  1  0.2%
6  de  ドイツ  1  0.2%
7  id  インドネシア  1  0.2%

2/24のお客様
1  jp  日本  505  91.0%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  36  6.5%
3  com  不明 (米国営利組織)  9  1.6%
4  au  オーストラリア  2  0.4%
5  edu  不明 (4年制大学)  1  0.2%
6  th  タイ  1  0.2%
7  co  コロンビア  1  0.2%


6年前の2/25は、こんな記事書いてました。
室内写真(拡大サイズ)
旅のまとめ 3日目(2月22日)


20:22 UP
Edit / 2012.02.25 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
手抜きです><
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
もうすぐ最高裁で、最後の判決が出される光市母子殺害事件の犯人である福田の言い分 (ニュース23で放送) を聴き、吐き気をもよおしている者です。

心の底からコイツが死刑になることを望みます。
この事件の犯人である福田の本名や顔写真、この事件にまつわる人物の詳細はコチラ → 山口県光市母子殺害屍姦事件

人権派弁護士なんざ糞くらえ。



さてと。
すみません!!

かれこれ3時間ほどPCの前に座っておりますが、なーんにも思いつきません><

って事で手抜き更新です。

お薦めスレ置いていきます。


● 妹をいじめた男子に復讐した話

● 妹をいじめた男子に復讐した話の後日談を話そうと思う


● 【大発見】女にち●こって言わせる方法思い付いたったwwwwwwww


● ここ1週間で起きた修羅場

● ここ1週間で起きた修羅場 完結

● ここ1週間で起きた修羅場 後日談




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


2/16のお客様
1  jp  日本  782  109.1%
2  com  不明 (米国営利組織)  2  0.3%
3  th  タイ  2  0.3%
4  edu  不明 (4年制大学)  1  0.1%
5  net  不明 (ネットワーク組織)  -70  -9.8%

2/17のお客様
1  jp  日本  986  101.5%
2  ae  アラブ首長国連邦  5  0.5%
3  com  不明 (米国営利組織)  4  0.4%
4  de  ドイツ  3  0.3%
5  th  タイ  2  0.2%
6  nz  ニュージーランド  2  0.2%
7  hk  香港  1  0.1%
8  net  不明 (ネットワーク組織)  -32  -3.3%


6年前の2/18は、こんな記事書いてました。
テントの中で思う事


今日の画像 さすがはぽっぽwwwww
hatoyama2.jpg
 ↓
hatoyama1.jpg
クリックで拡大します。


02:40 UP


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」


Read more...
Edit / 2012.02.18 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
風邪をひいてしまいました
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
前回の記事 「21日のわたくし」 で、 “伝説のウィンナーソーセージ” の写真を貼り忘れている事に気づき、先ほどUPしなおした者です。



さてと。
どうやら私・・・・・・・・・・・

風邪をひいてしまったようです><

悪寒が止まりません。
手抜き更新で申し訳ありませんが、お許し下さいませ。



お薦めのヤツを置いていきますね。

参考になりました。>>1さんありがとう。
【拡散希望】暇だから被災民が地震に対する備え方答える


久しぶりに大笑いさせていただきましたw
おまいらのせいで美容院で恥じかいた




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


1/22のお客様
1  jp  日本  736  95.6%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  17  2.2%
3  com  不明 (米国営利組織)  12  1.6%
4  de  ドイツ  4  0.5%
5  ru  ロシア  1  0.1%

1/23のお客様
1  jp  日本  493  96.7%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  9  1.8%
3  com  不明 (米国営利組織)  7  1.4%
4  th  タイ  1  0.2%

1/24のお客様
1  jp  日本  664  94.5%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  23  3.3%
3  tv  ツバル  4  0.6%
4  au  オーストラリア  2  0.3%
5  br  ブラジル  2  0.3%
6  ae  アラブ首長国連邦  2  0.3%
7  uk  英国  2  0.3%
8  th  タイ  2  0.3%
9  de  ドイツ  1  0.1%
10  com  不明 (米国営利組織)  1  0.1%


6年前の1/25は、こんな記事書いてました。
6年前の1/25は、ブログお休みしてました^^;


今日の画像 
5e194409.jpg
クリックで拡大します。


01:02 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」


Read more...
Edit / 2012.01.25 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
詳しくは言わない
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
手相に “ストーカー線” なるものが有り、それらしきものが私の手相にあって、ショックを受けつつもなんとなく納得してしまった者です。

感情線の下に、たくさん下にむいた線があると、それがそうなんだって。
ちなみに南海キャンディーズの山ちゃんにクッキリと出ているそうな。ぷげらっちょ。

でもさぁ、本当に好きになったら、多少はしつこいくらいに迫っちゃうよねぇ?



さてと。
この記事はちょいとワケありで、どうしても日付が変わる前にUPしておきたいので、手短にあげちゃいます。

つい先日、私を釘付けにしたスレがありました。
どんな発展をするのか、それは敢えて言いません。

結構な長文ですが、お暇な時にでも読んでみて下さい。

ゲーセンで出会った不思議な子の話


うーん・・・これだけじゃあいかにも “手抜き” って感じですな^^;

じゃあ、この時期に役立つスレを。

唇荒れの状態からプルプル唇にする方法

唇をプルプルにする方法スレのおかげで唇プルプルになった!



<おまけ>
おまえら引きこもりだけはいかん、感情が死ぬぞ




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


1/18のお客様
1  jp  日本  679  96.4%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  13  1.8%
3  com  不明 (米国営利組織)  6  0.9%
4  ua  ウクライナ  2  0.3%
5  ca  カナダ  2  0.3%
6  cz  チェコ共和国  1  0.1%
7  au  オーストラリア  1  0.1%


6年前の1/19は、こんな記事書いてました。
お前ら!生きろ!死ぬ気で生きてくれ!


今日の画像 スマホの壁紙にでもどうぞ^^
7481a7b6.jpg
クリックで拡大します。


23:19 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」


Read more...
Edit / 2012.01.19 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
トラベルボランティア
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
星井七瀬さんの結婚に驚いた者です。

hoshii nanase04 hoshii nanase02 hoshii nanase05
クリックで拡大します。

え? 「誰だっけ?」 ですって?
この人ですよ。
なっちゃんCM 「なっちゃん登場」篇 30秒Ver.


パーマパビリオン / 星井七瀬


この人、ブログではメンヘラな感じ全開だったから心配してたんだけど、一安心しました。
他人の心配する前に、自分の心配しやがれってな話ですね。
ごもっとも。

一般人の方とのご結婚ですって。いいなぁ、どこで芸能人と知り合うんだろ。
おれも知り合いたいなぁ。

仲間由紀恵さまとか
nakama yukie49

小野真弓さんとか
ono mayumi687

白石美帆さんとか
siraisi miho07

小林涼子さんとか
kobayashi ryouko20

どっかでうまいことお知り合いになれないかしら。



さてと。
「今日も手抜き更新じゃん!!」
と怒られてしまいそうですが、このネタをキープしておくのは勿体なくて。

今回は、とあるブログを紹介したいんですが、そのブログの管理人さんはイギリス人のカップル。
このカップルは、 “トラベルボランティア” として、日本を一周したカップル。
日本滞在中の旅費は、全てこのカップルを招待した日本のプロジェクト側が負担。
旅の様子をブログにUPし、世界中に発信することを条件に参加者を募り、多数の応募者の中から選ばれたのがこのカップルと言うワケ。

選ばれたのはジェイミー・ラフェッティさん (28) とケイティー・モリソンさん (29) の二人。
ジェイミーさんは文筆業。ケイティーさんは写真家。
そりゃブログも面白い筈。写真も豊富だし。


「トラベルボランティア」というプロジェクトで、イギリス人の2人組が、石川・金沢市から100日間かけて日本列島を1周した。
その距離は、東京からイギリス・ロンドンまでの直線距離およそ9,500kmを超える、1万1,100km。
旅を終えた2人は 「日本観光は今がベスト」 と語った。

23日、石川・JR金沢駅に到着したイギリス人のジェイミー・ラフェッティさん (28) とケイティー・モリソンさん (29) 。
ジェイミーさんは 「たぶん、今までで一番ハードだったけど、一番素晴らしい仕事をさせてもらった。今では、日本のことをたくさん知ってるよ!」 と語った。
彼らは、100日間で日本47都道府県をめぐり、土地ごとの伝統や食文化を体感し、それをインターネットで世界に配信するという任務を請け負ったイギリス人のカップル。
そんな彼らが23日、無事旅行の日程を終え、感動のゴールを迎えた。

ケイティーさんは 「田舎を小さな車で案内してくれた70歳の男性もいたわ。日本では、みんなとても親切でした。とても感動したわ」 と語った。

「トラベルボランティア」 と名づけられたこのプロジェクトは、金沢市内の旅行会社 「マゼラン・リゾーツ・アンド・トラスト (株) 」 が発案した。
きっかけは、東日本大震災による、外国人観光客の減少だった。
朽木浩志社長は 「被災の影響があって、本当に仕事が全てキャンセルになって、悲愴 (ひそう) 感が漂っている中で、何かやらなければいけない、何か観光の立場でできるんじゃないかという思いだけでスタートしたのが、本当のきっかけ」 と語った。
日本の現状を紹介するブログを書くことを条件に、国内の旅費は全てプロジェクト側が負担した。
多くの応募者の中から選ばれたのがこの2人だった。

ジェイミーさんは文筆業、ケイティーさんは写真家ということで、ブログを作るのはお手のものだった。
旅行は9月中旬にスタートし、ほぼリアルタイムでブログを公開。
最初の訪問地・富山では、 「いよいよ100日の任務開始。夜は、 『おわら風の盆』 に誘われる。優雅な踊りは、見た目よりずっと難しそうだ」 とブログにつづった。
そして、秋田では 「なまはげは、サンタとは逆で、プレゼントは恐怖だけ」 とつづった。
また、北海道の函館では一瞬の雷をカメラに収め、写真とともに 「どう? なかなかやるでしょう?」 と掲載した。
岩手県、世界遺産の地・平泉では、わんこそばを体験した。
わんこそばについては 「ジェイミーは36杯のそばを食べて、記録を作ったつもりだけど、わんこそばの世界では、鼻で笑われるレベルらしい」 とつづっていた。

ブログでは、ジェイミーさんとケイティーさんが、初めて体験した日本が、一般の外国人観光客の目線で語られている。
特に日本の 「食文化の豊かさ」 、そして 「日本人の勤勉さ」 と、 「もてなしの心」 に心を打たれる場面が多く記されていた。
また、原発事故で揺れる福島についても、 「今、わたしたちがいる福島の数値は、年間1.4mSv (ミリシーベルト) と、アメリカよりもずっと低い」 とつづっていた。
旅を終え、23日に行われた会見で、ケイティーさんは 「日本旅行を迷っている人に、 『急いで!』 って言いたい。今なら観光地が全部ガラガラなんです」と語った。
また、ジェイミーさんは 「冗談みたいに聞こえるかもしれないけど、日本に来るなら、今がベストです」 と語った。

日本1周旅行を終えた2人が最後に向かったのは、宮城・石巻市だった。
サンタの格好をして被災者に交じり、ささやかなクリスマスパーティーを盛り上げた。
旅行会社では、今後もブログを通じて観光客の増加に努めたいとしている。

ソース http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00214305.html

で。
肝心のそのブログがコチラ

travelvolunteer

当然、英文で書かれているんですが、 “Read more” をクリックすると日本語に訳されたページが出てきます。
ただ、その翻訳が追いついていないのか、一部、その日本語訳が出てこない記事もあるようです。
でも写真を観るだけでも充分楽しいです^^

日本に住む私たちにとっては日常の光景でも、異邦人である彼らには新鮮な驚きの連続!

私たちが気づかないでいる日本の素晴らしさを再認識できそうです^^




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


12/29のお客様
1  jp  日本  462  94.7%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  20  4.1%
3  com  不明 (米国営利組織)  6  1.2%


6年前の12/30は、こんな記事書いてました。
今年1年を振り返る
業務連絡


今日の画像 
52bc3226.jpg
クリックで拡大します。


20:25 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」


Read more...
Edit / 2011.12.30 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
手抜きでごめんなさい2
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
高岡蒼佑さんと宮崎あおい夫妻の離婚を知り、微妙な気持ちになっている者です。

高岡さんは、韓流批判の一件で祭り上げられてしまって気の毒でした。
宮崎はあの一件で 「私が支えていく」 と言っていた筈なのに。
ウジテレビの圧力だとか、事務所の圧力だとか色々あったんだろうけどさぁ、なんだかなぁ・・・って感じです。

宮崎は仕事を手にする事ができるだろうけど “株” は下げたね。
高岡さんはその逆だけど、理解者はたくさんいるだろうから腐らずに頑張って欲しいです。



さてと。
まだ日も明るいというのに、ワケありで今から寝なくてはなりません。

ってなワケで。

今日は手抜き更新でお許しくださいませ。


今回は、ここ最近、まとめサイトに取り上げられたお薦めスレをご紹介。


俺の嫁がこんなに腐れアマなわけがあった


余命2ヶ月と宣告されたwwwwwwwwwwwwwww


区切りがついたので語らせてください


俺と妻の24年間


浮気してた嫁に離婚届け渡して家を出てきた




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


12/28のお客様
1  jp  日本  420  94.2%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  16  3.6%
3  com  不明 (米国営利組織)  5  1.1%
4  dk  デンマーク  3  0.7%
5  au  オーストラリア  2  0.4%


6年前の12/29は、こんな記事書いてました。
6年前の12/29は、ブログお休みしてました^^;


今日の画像 余計なひと手間
ef9fb0ca.jpg
クリックで拡大します。


15:26 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」


Read more...
Edit / 2011.12.29 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
従姉と暮らした日々
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
財布の縫合部分が破れてきて、買い替えをすべきかどうか迷っている者です。

「貧乏くさい!変えろや!!」
と、お思いでしょうが・・・・・
何しろこの財布には小西さんのサインが・・・・
小西さんの詳細についてはコチラ → 「初代チャンピオン獲得おめでとうございます!!」

小西さんと3
クリックで拡大します。

小西さんは今でも、俺の行きつけのバイクショップと懇意にされているので、またもらえるチャンスはあると思うんだけれども。



さてと。
訳ありで早く寝なければなりませぬ。
申し訳ありませんが手抜き更新です。

「従姉と暮らした日々を淡々と書く」

おすすめのスレのまとめを置いていきますね。


おやすみなさい。




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


10/24のお客様
1  jp  日本  437  96.7%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  9  2.0%
3  tw  台湾  3  0.7%
4  th  タイ  1  0.2%
5  sg  シンガポール  1  0.2%
6  fi  フィンランド  1  0.2%


6年前の10/25は、こんな記事書いてました。
6年前の10/25は、ブログお休みしてました^^;


今日の画像 にっちもさっちもいかない犬
3bcabfef-s.jpg
クリックで拡大します。


23:53 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2011.10.25 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ご主人と僕とGPzさん 後編
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
とってもお腹がすいている者です。



さてと。
前回の記事 「ご主人と僕とGPzさん」 の続編です。



<主な登場人物>
僕 (スズキ GSX1100Sカタナ)
bike_341.jpg

GPzさん (カワサキ GPZ400)
GPz400

ジョグさん (ヤマハ ジョグ)
jog2_convert_20090604205348.jpg

写真はそれぞれクリックで拡大します。
文中の時代設定と、写真のバイクの年式が合わないかもしれません。あくまで参考画像で^^;


***********************************

385 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:39:50.16 ID:3rRei4YR
663 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/08/20(木) 13:29:29 ID:oFOiLGRm [1/11]
>>659
(おことわり)
作中に特定の車種や趣味に関する批判めいた記述がありますが、私本人は「合法なら好きにすりゃいいじゃん」
というスタンスですので、その辺りをご理解頂いた上で生暖かく見てやって下さい。


僕がGPzさんと驚きの再会を果たして3年後。
僕らは相変わらずの暮らしをしていた。GPzさんのいなくなったガレージはちょっぴり広く感じて落ち着かないっていうか、ジョグさんがお仕事に行ってるときなんかに一人でお留守番するのは寂しかったけどそれでも最初の頃に比べるとそれにも随分慣れたしちょっと長い連休になると、まず間違いなく遠くまでお出かけするからそのときはGPzさんと会えたし、それに最近GPzさんが、いや由佳さんが家に遊びに来てくれるようになった。というのもその年の4月頃に頃ママさんが病気になっちゃったんだ。
心臓の血管が詰まってしまう病気で、家の中はちょっとした騒ぎになった。パパさんもご主人も近くにいたお陰で大事には至らなかったんだけど、お医者さんには暫く病院でゆっくりお休みしなさいって言われたんだ。それまでもパパさんとご主人の事はお姉さんが大抵面倒見てたし、ママさんがお休みしてる病院はお姉さんが働く保育園の近くだったんだけど、お姉さんはもうすぐお母さんになるからってお仕事がお休みになったばかりで、ママさんのお世話ができなかったんだ。そしたら由佳さんが仕事の合間やお休みの日にパパさんやご主人と交代でママさんのお世話を手伝ってくれることになったんだ。
ご主人はとても申し訳なさそうにしてたけど、由佳さんはどうせこんな時だからどこにも遊びに行けないし折角私が近くにいるんだから使わないと損でしょって笑ってた。結局二週間くらいでママさんはお家に帰ってこれたし、お薬をきちんと飲んでいれば安心らしいんだけどママさんは好きな納豆が食べられなくなって少しがっかりしてた。その代わりママさんと由佳さんはとても仲良しになったようで、ママさんが無事退院したお祝いで初めて家に来て以来、ちょくちょく来てくれるようになったんだ。


386 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:40:24.12 ID:3rRei4YR
ママさんがお家に帰ってきてから、また僕達は遠くに遊びに行けるようになった。天気の良い日なんかは僕達以外にもたくさんのバイクがいてどこから来たの、とかお互いのご主人の話なんかをよくした。
そんなある日、僕達はオイル交換のためにいつものお店に向かった。GPzさんが先にお店に入ったので待ってる間今日は僕はご主人が奮発して僕の好きなモチュール入れてくれるかなあなんて考えたりお店の中を眺めながら昔のことをちょっと思い出したりして、良いご主人に会えて良かったなあなんて考えたりしていると不意に隣から声を掛けられた。最初は誰だか解らなかったんだけれど、よく見るとそこにいたのは僕がこのお店に来て暫く経った頃にいたゼファー君だった。ゼファー君は相変わらずお国言葉が抜けないようで 「いやー、自分全然変わってへんなあ」 なんて言っていた。そういうゼファー君はあちこちの部品が交換されていてお店にいた頃とかなり印象が変わっていた。ゼファー君は随分変わったねって言ったら、 「そやねん」 と言って 「今のご主人はいい人だし、壁はないけど屋根もあるしちゃんと面倒も見てくれるんだけど “ぜっつー” みたいにしたいらしくて随分いじられた」 ってひとしきり語った後 「それやったら俺やのうて、その “ぜっつー” とかいうのん買うたらええやんなあ」 ってちょっと寂しそうだった。僕のご主人は時々換えないといけない部品以外は何もいじらなかったし、僕もあんまりあちこちいじられるのは僕が否定されるみたいで好きじゃなかったから、ゼファー君の気持ちが何となくわかるような気がした。


387 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:41:10.03 ID:3rRei4YR
その年の夏はどういう訳か、結局遠くにお出かけすることはなく、お出かけしても大抵日帰りだった。
お盆もパパさんよりご主人の方がたくさんお仕事をしていた。ジョグさんは最近年のせいかちょっと元気が無くなって、お父さんよりはこっちの方が軽くて楽だけどアタシはもうくたびれたから早いとこお役ご免にしてくれないかしらなんて言っていた。以前は寝てるか喋ってるかって位だったのがめっきり口数も減った。
秋も過ぎた頃のある晴れた土曜日の朝、ご主人と僕は由佳さんの家へ向かった。僕から降りるなりご主人は鞄からやたら太い鎖を出して僕を駐輪場の柱に繋ぐと 「HUGO BOSS」 って書かれた袋を手に由佳さんの部屋に入り、30分程で出てきたんだけど、二人ともやけにおめかしして、由佳さんの軽に乗ってどこかへ行ってしまった。GPzさんにどこに行ったんだろうねって言ったら、 「年貢の納め時って奴だよ」 って言うから 「え?年貢って税金だよね?もうすぐ冬なのにまだ払ってなかったの?」 って聞いたらGPzさんは予想通りの答えだって感じで暫く笑い転げてた。
結局二人が帰ってきたのは次の日の夕方だった。家に帰って、例によって窓から聞こえてくる会話によると、どうやらご主人は由佳さんと結婚することにしたらしい。昨日と今日でそれぞれのご両親にご挨拶に行ってて
昨日は由佳さんの実家に泊まったらしい。普段あんまり喋らないパパさんが珍しく色々ご主人にお話をしているようで、お姉さんがお酒を飲んでいないのにその晩はとても賑やかだった。


388 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:43:18.61 ID:3rRei4YR
冬になり、只でさえお出かけの機会が減るのに、その年は更に暇だった。由佳さんの家に行ったり由佳さん達が来たりと二人は忙しそうだったけど、その間僕らは殆ど待ちぼうけですっかり退屈して欠伸ばかりしていた。GPzさんは以前と比べて少し元気がないようで、考え事でもしてるのか、僕が話しかけても時々 「え?あ、どした?」 なんてまるで聞いてない時もあった。そんな様子が気になったのでどこか調子でも悪いんですかって聞いたんだけど 「ちっと考え事してただけだっちゅーに、人を勝手に故障車扱いするんじゃねーよw」 って言うばかりだった。確かに走ってる時も変な音もしないし、排気ガスもいつも通りだったからきっとGPzさんの言うとおりなんだろうなってその時は思った。

年が明けてからも相変わらずの日々が続いたんだけど、桜の咲く頃ようやく一段落ついたようで、僕らはお花見に出掛け、その晩は例によってご主人の家で晩ご飯だったんだけど、この日は由佳さんとお姉さんが二人でご飯の支度をしているようで、悲鳴や食器の壊れる音の代わりに二人の楽しそうな声が響いていた。
「・・・しかしあんた達も新婚旅行がバイクで北海道一周だなんてホント何考えてんのよ。どーせあのあんぽんたんが言い出したんだろうけどさ、由佳ちゃんも何でもハイハイ言うこと聞いてちゃダメよー?甘やかすとすーぐ調子に乗るんだから。大体 “俺はバイクに乗ってないと死ぬんだ!” なんて言ってるウチの亭主ですら新婚旅行はちゃんと海外連れてってくれたわよ。それでも最初アメリカ行こうって言われたときはハーレーでアメリカ大陸横断させられるんじゃないかと思ってヒヤヒヤしたけどねー。」 って言ったら由佳さんが 「あ、それいいですね!ハーレーでアメリカ横断!」 なんて言うもんだから、お姉さんはびっくりして 「ちょっと、冗談でもやめてよそんなの。あんた達が言うと冗談に聞こえないのよ」 って言ったんだけど 「え?楽しそうじゃないですか。今回は流石に間に合わないですけど。あ、私も大型取ろうかな。なんか最近教習所で取れるみたいだし♪」 なんて噛み合ってるんだか噛み合っていないんだかよく解らない会話をしていた。


389 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:45:17.42 ID:3rRei4YR
梅雨が明けた頃、ご主人と由佳さんは結婚した。ガレージはまた以前のように僕達三人の居場所になった。
式の翌日からは由佳さんの荷物が運び込まれたりお盆を迎えたりと慌ただしく日々が過ぎているうちにあっという間に北海道へ出発する日が目前に迫り、いい加減すり減っていた僕のスプロケとGPzさんのブレーキラインの交換に行った。僕の作業はすぐに終わったんだけど、ご主人達はお店の奥で社長さんと何やら難しい話をしていた。それは大丈夫ですよ、とかちょっと知り合いを当たってみますよなんていう社長さんの声が聞こえた。
出発の日は生憎の天気だったけど、久しぶりの長距離、それも憧れの北海道って所に行けるって事で僕のテンションは上がりっぱなしだった。勿論僕は初めて行くんだけど、お店にいる時に先輩達から走りやすいし景色は綺麗だしと、なんだかバイクの楽園みたいに聞いてたからどんなところだろうってずっと想像していた。大洗の港に着いた頃はもういつもなら寝てる時間だったけれど、ちっとも眠くなかったし、重い荷物を載せられたままなのもフェリーのおじさんにロープで縛られて痛いのも余り気にならなかった。
翌日の朝苫小牧って所に着いて外に出ると、そこには話に聞いた通りの風景が広がっていた。
僕はすっかり舞い上がって由佳さんやGPzさんの事も忘れて早く早くとご主人を急き立てたんだけど、ご主人はいつも通りの運転だった。ご主人とGPzさんは昔一度だけ北海道に来たことがあるらしく、僕は毎晩GPzさんからその時の話を聞かせて貰った。道ばたにいたキタキツネの写真を撮って出発しようとすると餌を要求され話や甘い物好きのご主人が迷ったあげくに全種類のソフトクリームをはしごして、その後お腹を壊して途中の畑で用を足したことや、その様子を見ていた他のライダーさんとその夜ライダーハウスで一緒になって随分恥をかいたこと、紋別の港でカニを浜茹でしてる匂いに誘われて行ってみたんだけど、お金があまり無くてどうしようか30分迷って結局泣く泣く諦めたこと・・・。
そうしてホクレンの4色の旗が揃う頃にはあっという間に過ぎた3週間の旅は、北海道で過ごす最後の夜を迎えることになった。


390 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:46:42.50 ID:3rRei4YR
9月も中旬になると、北海道は夜には結構ひんやりとしていた。その晩もGPzさんと楽しくお話ししていて、僕が 「毎日楽しかったですね。3週間も居たのに、またすぐにでも来たい位ですよ。今度いつ来られるのかなあ」 って言ったら 「ん、まあそうだなあ・・・」 っていつになく歯切れの悪い答えをして 「今度・・・か。いつになるかはわかんねぇが、俺にゃ多分その今度って奴は来ねぇだろうな」 と寂しげに言った。
え、でもGPzさんまだ10万キロ行ってないんじゃ・・・って言ったら苦笑いして、 「馬鹿、俺が作られて何年になると思ってんだ?14年だぞ14年。メーターはとっくに2周目だよ」 って言った後、暫し感慨ふけって 「我ながらよくここまで走ったと思うよ」 ってしみじみ言って 「最後にまたここに来られたし思い残すこともねぇな」 なんて明日にもどこか遠くに行っちゃいそうなことを言うもんだから、僕は悲しくなって、最後なんて言わないで下さいよ、折角家に帰ってきたばっかりじゃないですか。ずっと一緒に走りましょうよって言ったら、真剣な口調になって 「坊主、何でも始まりがあれば終わりが来るんだよ。そりゃな、楽しいことはずっと続いた方が良いさ。でもな、そんなことはありえねぇし、おめぇやあの二人ともいつかはおさらばしなきゃなんねぇんだ。いい加減そんくらい解るだろ」 と言って 「もうこの年になるとな、俺の親元も俺のことなんか構ってられないから換えの部品なんぞ作ってねぇんだよ。こないだも社長と話してるの聞いたら結構色んな部品が在庫ねぇそうだ。知り合いに当たってくれるとは言ってたけど・・・まあ、知れてるわな。仮に一通り揃ったところでエンジン全バラして悪いとこごっそり入れ替えて他にも全身くまなく・・・ってやりゃあ前みたいに走れるかもしれねぇ。だけどそん位の金掛けてる間に新車一台買えちまうんだよ。それに・・・」 と言葉を区切って、 「そこまでやっちまったらそいつはもう俺に似てるだけの別の何かだ。俺じゃねぇ。」 そう言ってもう遅いし寝るぞ、と宣言してそのまま黙ってしまった。僕はGPzさんが言ったことを暫く考えていたけれど、やっぱり納得できなくて 「それでも僕は・・・GPzさんに生きててほしいよ」 って呟いた。GPzさんは聞こえてないのかもう寝ちゃったのか何の反応も示さなかった。


391 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:48:43.50 ID:3rRei4YR
あ・・・思いっきり時代考証忘れてました(;^ω^)
作中は1997辺りと思って下さいw
・・・事前に作った年表見直したら1998の8~9月だったorz

僕達が北海道に行ってから半年が過ぎ、僕がこの家に来て6度目の春を迎えた。
気が付けばGPzさんとご主人が過ごした時間に僕が追いつこうとしていた頃、それまで毎日GPzさんとお仕事に行っていた由佳さんが全くGPzさんに乗らなくなってしまった。
由佳さんのお腹に赤ちゃんができたんだ。ご主人のあんな顔を見るのは僕を買ってくれた時以来、いや、それ以上に嬉しそうだった。そんなご主人を見てると僕まで嬉しくなってくるんだけど、その一方で一人取り残されたようになっているGPzさんの姿を見ると複雑な気分だった。
GPzさんは最初の頃こそ予定日から逆算して何やらニヤニヤしたり、来年の春にはまた職場復帰だろうから
それまでゆっくり骨休めさせて貰うかななんて言ってたけれど、夏頃からため息が増えて秋頃にはめっきり元気がなくなってしまった。僕が話しかけても何も答えない時もあった。
お正月まであと数日という頃、待望の赤ちゃんが生まれた。ご主人と病院から帰ってきて、ガレージの二人に
生まれたよ!予定通り男の子だってよ!って言ったらジョグさんは 「あら、良かったじゃない。お父さんの時はなかなか男の子が出来なくて奥さんも色々大変だったみたいだから由佳ちゃんは早くもプレッシャーから
解放されたわね」 なんて言ったけどGPzさんは何も応えてくれなかった。
その晩久しぶりにGPzさんが僕に話しかけてきた。

392 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:49:53.98 ID:3rRei4YR
もう夜もかなり更けていて、僕はその時ちょっとウトウトしていたんだけど、 「坊主、起きてるか?」 ってずっと隣にいるはずなのに懐かしい声に僕はハッと目が覚めた。起きてますけど・・・どうしたんですか?って聞いたらGPzさんが 「来年の春からまた走ろうって思ってたけどよ・・・どうも無理みたいだわ。せめてあと1年くらいはって思って頑張ってみたんだけどな。」 そんな、だって・・・と言う僕を制し 「まあ聞け。」 と前置きして 「前にも言ったろ?全てのことにはいつか終わりが来るんだって。どうやらその終わりが来たみてぇだわ。由佳さんとこに貰われていく時も言ったけどよ、後のこたぁおめぇに頼んだからな。解ったか?」 そこまで言って疲れたのか一つ大きく息を吐いて黙っていた。
僕が何も言えなくなっちゃってじっと黙ってると 「なんだ、寝ちまったのか・・・」 って言うから、僕はハッとして、ううん、起きてるよって慌てて答えて、ついポロっと 「ねえ・・・死んだらどうなっちゃうの?」 って言ってしまった。言ってからしまったと思ってゴメン、なんでもないって言ったんだけど、GPzさんは昔のように 「気にすんな」 ってとても穏やかに言ってちょっと考えた後 「死んだらどうなる・・・・・・か。俺も死んだことねぇからわかんねぇけどなあ。・・・もしバイクに天国ってのがあるんなら・・・きっとさぞかし排ガス臭くてうるせぇとこかもな」 といって、ふふ、と笑った。死んじゃイヤだよ、行くんだったら僕も連れてってよって駄々をこねたら 「馬鹿、おめぇは当分来るんじゃねえぞ」 といつぶりか覚えてないくらい大きな声を出して 「もし来たら・・・そうだな、俺がぶっ殺してやる。」 といってもう一度笑った。
何だよそれ死んでるのにどうやって殺すのさって精一杯強がってみたけど、どう聞いても僕の声は震えていた。
そんな僕を見て 「夏・・・だったかなあ」 とGPzさんは再び話しだした。


393 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 20:51:03.02 ID:3rRei4YR
「おめぇは出掛けてて居なかったが、由佳さんが俺を本堂の脇に連れてって掃除してくれたんだよ。ほら、あそこだと日陰だし腰掛けてできるからな。そしたらそこのコンビニの隣の内藤さんっているだろ。あそこのお婆ちゃんが来てて親父さんと話しててよ。何でもご主人が末期癌で苦しんでるのを見るのが辛いって泣いてたんだよ。親父さんは黙って聞いてたんだけど、婆ちゃんに “愛する人ともいつかは離れなきゃいけない日が来る。だけど殆どの人はそんなこと普段は意識なんかしてない。だからある日突然やってきた別れに直面してああしておけば良かったこうしておけば良かったって後悔するんだ。あなたもご主人も今は辛いと思う。でもお別れを言う時間と何かをしてあげられる時間は残ってるはずだ” みたいなこと言っててよ。しまいにゃ由佳さんもぽろぽろ泣いてたっけなぁ。」 といってまた暫く沈黙して 「前置きが長くなっちまったけどよ、俺も最期にここに帰ってこられておめぇと二人の顔見て心置きなく旅立てそうだよ。へへ、俺ぁホントに幸せもんだ。」 そう言ってそのまま眠った。


398 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 22:05:40.02 ID:3rRei4YR
翌日からGPzさんは再び何も言わなくなった。その数日後ご主人が久しぶりにGPzさんのキーを手にガレージに現れた。キーを捻ってもGPzさんは沈黙したままで、ご主人はバッテリーを充電したりあちこちといじって半日ぐらいそうやっているとようやくエンジンがかかった。ただその音はもう昔のGPzさんの音じゃなかった。それでもエンジンが息を吹き返すのを確認するとご主人は家の中に戻り、今度は由佳さんと二人でテントや寝袋と一緒に出てきてGPzさんの背にそれらの荷物をくくりつけた。
ご主人と由佳さんはホントにいいの?とかこっちは大丈夫だし私は行けないから。それより寒いから風邪ひかないようにねなんて言葉を交わした後、ご主人はゆっくりと出掛けていった。由佳さんは二人を見送ると僕の所にやってきて、今日は二人にしてあげたいから私とお留守番だけど我慢してねってちょっと目を赤くして優しく言った。
次の日の夕方にご主人達は帰ってきた。お帰りなさいって声を掛けたら 「疲れちったよ、年寄りをこんな寒い中連れ回すなよなあ」 って言った後、思い出したように 「北海道の最後の夜だけどよ、俺に生きてて欲しいって言ってくれたろ?あれ、嬉しかったよ。ありがとうな。」 といって 「疲れたし寝るから」 ってさっさと寝てしまった。それがGPzさんと僕が交わした最後の言葉だった。

それから暫くしてGPzさんは物言わぬままに社長が乗ってきたトラックに乗せられて行ってしまい、更にその数日後に僕はご主人とお店に向かった。GPzさんの姿はもうどこにもなかったけれど、ご主人はお店の中に入ると何かを受け取り何度も丁重にお礼を言って戻ってきた。両手で大事そうにご主人が抱えてきた物は、GPzさんのピストンとコンロッドだった。
帰り道、僕とご主人はちょっと遠回りをして、ちょっとだけ人に言えないスピードで走った。


399 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 >>19の続き:2011/08/17(水) 22:07:06.76 ID:3rRei4YR
それから数年が過ぎた。その間ご主人と由佳さんには二人目の男の子と初めての女の子が生まれ、一番上の子はかつて由佳さんとお姉さんが働いていた保育園に入り、ご主人に僕の背中に乗せて貰っては僕のハンドルを握って遊ぶのが好きな子になり、末の子は由佳さんに抱えられてガレージにやってくると僕を指さしてぶーぶーって言えるくらいになった。
更に2年の月日が流れたその日、また僕達の家族が増えた。

その日を僕はちょっと特別な気分で迎えた。お昼過ぎくらいに家の前でトラックが停まり、暫くしてガラガラと音を立ててシャッターが開いた。ご主人の手で運ばれてきたのは真新しい由佳さんの相棒だった。
その子は落ち着かない様子でガレージの中を見回した後、僕に初めましてと挨拶をした。
僕は自分が初めてここに来た日のことを思い出しながら、同時にGPzさんのことを思い出して 「よう坊主、俺ぁもう作られてねぇバイクだから知らねぇだろうがカタナってんだ。よろしくな。」 って言った。
僕の遙か頭上でGPzさんが 「似合わねーw」 って大笑いしてるような気がした。


(再度のご愛読誠にありがとうございました。重ね重ね厚く御礼申し上げます。)

***********************************




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


10/14のお客様
1  jp  日本  406  97.1%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  7  1.7%
3  br  ブラジル  4  1.0%
4  com  不明(米国営利組織)  1  0.2%

10/15のお客様
1  jp  日本  482  95.1%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  17  3.4%
3  com  不明 (米国営利組織)  8  1.6%


6年前の10/16は、こんな記事書いてました。
ハプニング!!&mixi(ミクシィ)


今日の画像 スペインの牛追い祭り。撮影者はこの直後に大怪我したそうな><
b82a584d.jpg
クリックで拡大します。


00:06 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2011.10.16 / Comment: 3 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ご主人と僕とGPzさん
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
今から職場にトンボ帰りな者です。

そういうワケで。
今日も手抜き更新です><

昨晩、ベッドの中でスマホから2ちゃんのバイク板にアクセスしていたら、素敵な物語を発見しました。
皆様にもおすそわけ。



<主な登場人物>
僕 (スズキ GSX1100Sカタナ)
bike_341.jpg

GPzさん (カワサキ GPZ400)
GPz400

ジョグさん (ヤマハ ジョグ)
jog2_convert_20090604205348.jpg

写真はそれぞれクリックで拡大します。
文中の時代設定と、写真のバイクの年式が合わないかもしれません。あくまで参考画像で^^;

***********************************

4 :復活記念にコピペ:2011/04/23(土) 15:10:50.63 ID:PWPdFI3B
僕の名前はGU76A。みんなは僕を 「カタナ」 って呼ぶから兄弟達のご主人以外で僕の本名まで知ってる人はあんまりいない。
よく覚えていないんだけど、僕は 「しずおか」 ってところで生まれたらしい。
僕らは生まれるとすぐ船に乗せられて、何だか凄く蒸し暑いところに連れて行かれた。
一緒に連れてこられた兄弟達と何だかここ錆びちゃいそうでイヤだね、なんて箱越しに話をしていると結局船から降りないままに再び僕たちは生まれたこの国に帰ってきた。
僕たちはそこで離ればなれになり、僕はそこでトラックに乗せられて見たこともない街に連れてこられた。

そこには50歳くらいのおじさんと30歳いかないくらいのツナギを着たお兄さんがいて
「やっとカタナのイレブン入ってきましたねー」 なんて話をしていた。
トラックから降ろされた僕はツナギを着たお兄さんの手でお店の窓際に停められた。僕の兄弟は一人もいなかったけれど、見たこともない知らない人がそこにはたくさんいた。
僕と同じように一度海外旅行して帰ってきた人や生まれてすぐここに来た人、それに色んな理由でご主人とお別れした人がいた。

僕は他にすることもなくて暇だったから、そんな先輩達から色々な話を聞いた。ご主人に綺麗にしてもらって嬉しかった話や日本中を旅した話、 「みーてぃんぐ」 とかいう集まりで工場を出て以来離ればなれになっていた兄弟と何年かぶりに出会ったなんて楽しい話もあったけど、一方では買ってくれたご主人がちっとも面倒を見てくれなくて体調が悪いのに目一杯走らされておかげで今でも体調が悪いまんまだって話や毎日野良猫におしっこをかけられた話、中には知らないお兄さんにさらわれたこともあるなんて怖い話もあった。
まだご主人に巡り会ってない僕はそんな話をワクワクしたりビクビクしたりしながら聞いていた。


5 :復活記念にコピペ:2011/04/23(土) 15:24:11.04 ID:PWPdFI3B
お店には毎日色々なお客さんが来た。若い人やおじさん、男の人が多かったけれど、時々女の人もいた。お客さんの中には僕のことをしげしげと眺めたり色んな所を触ってみたりする人もいて、その度に僕はドキドキしたけれど、殆どの人はそのまま行ってしまうか、 「欲しいんだけどなぁ」 なんて言いながら名残惜しそうに帰って行く人も何人かいたけれど、 中には 「タイヤ細えー」 とか 「今更カタナでもないよねー」 とか 「鈴菌w」 とか僕に聞こえてないと思って酷いことを言う人もいた。
僕より後に入ってきたゼファー君やスティードさんなんかすぐご主人の下に行ってしまったのに僕は相変わらずお店の窓から同じ風景を眺めているだけ。
このまま誰も僕のご主人になってくれないんじゃないかと思ったりもした。

そんなある日の午後、いつものようにボーッと外を眺めていた時に僕を見つめる視線に気が付いた。
その人はお店のガラス越しに食い入るような目で僕を見ていた。10分ぐらい眺めてその人は帰って行ったけれど、その後何故か6日おきの午後に現れるようになった。いつも同じジーンズにちょっとくたびれたシャツとブルゾンで現れてはお店にも入らないし何も言わないで僕のことをあまりにもじーっと見てるもんだから僕はこの人が前に聞いた人さらいじゃないかとちょっと怖くなった。

きちんと数えた訳じゃないからおおよそなんだけど、その人が悪い人じゃないって解ったのはその人が来るようになってから10回目、2ヶ月位経った頃だったと思う。
いつもと同じように現れたその人は僕をチラリと見るといつもと違ってお店の中に入ってきた。その後お店のおじさんとお話ししたり紙に何か書いたりハンコを押したりしていたんだけど、それが終わると僕の所にやってきて凄く嬉しそうな顔で 「やっと取れたよ~長かったよ~♪」 だとか 「買っちゃったよ~♪」 だとか言いながらいつもより長く僕のことを眺めた後、ポケットからおもむろにカメラを取り出して何枚か僕の写真を撮ってからウキウキしながら帰って行った。
こうして僕のご主人が決まった。


6 :774RR:2011/04/23(土) 15:25:48.38 ID:PWPdFI3B
「売約済」 と書かれた紙をおでこに貼って貰った次の日からお店のお兄さん達が仕事の合間にワックスをかけてくれたりお店の奥でガソリンを入れてくれたりエンジンだとかメーターだとかブレーキだとかあちこち点検してくれたりして僕も日に日に気分が高揚していった。
お尻にナンバープレートをつけて貰ったときは凄く誇らしかったのを今でも覚えている。
その数日後にご主人が僕を迎えに来てくれた。
「ならしちゅう」 だからってゆっくり走っただけだけど、僕もご主人もとてもご機嫌だった。
やっと3月になったばかりで夜はとっても寒かったんだけど、寒さもバスの排気ガスの臭いも気にならなかった。
30分位走って辺りの民家がまばらになってきた頃、僕らはご主人の家に着いた。
ご主人の家は途中で見た他の家より大きくてとても古く、僕らが入ったのとは別に立派な門があって木の看板に大きな字で 「専法寺」 って書いてあった。
母屋の勝手口の脇にガレージがあり、ご主人は僕を停めるとガレージの鍵を開け、ガラガラと大きな音を立ててシャッターを開けた、
ここが僕の部屋か、でもちょっと大きすぎるかもなんて思ったけど残念ながら僕の個室じゃなかった。
そこには二人の先輩が居たんだ。


7 :復活記念にコピペ:2011/04/23(土) 15:27:01.48 ID:PWPdFI3B
そこにいた二人の先輩は僕よりもかなり年上だった。一人はご主人のGPz400さん、もう一人はご主人のパパさんがお仕事で使ってるジョグさんだった。ジョグさんはお喋り好きで色々と教えてくれた。
ご主人は東京の大学を出てすぐ京都でお坊さんの専門学校みたいな所に1年通って今年の春からパパさんの仕事を手伝ってること、GPzさんとご主人は大学の頃からのつきあいであること、ご主人は僕に乗るために仕事が暇な 「ともびき」 の日に 「げんていかいじょ」 とかいう難しい試験を受けたんだけど10回以上落ちたこと、ご主人は4人姉弟の末っ子でお姉さんが三人いること、お姉さん達はみんなお嫁に行ったんだけど二番目のお姉さんは旦那さんともうすぐこの家に引っ越してくるらしいこと・・・
僕は一々へえ、とか、そうなんですかーって返事してたものだから段々調子に乗りすぎちゃったみたいで、つい 「でもあれね、この子が来たからアンタもアタシとおんなじ下駄に格さ・・」 と言って急に口を閉ざし 「ゴメン、言い過ぎた」 と言ってそれきり黙ってしまった。しばらくの間何となく気まずい空気が漂って
居心地の悪さを感じていると、今まで黙っていたGPzさんが 「俺はここに居れりゃそれでも別に構わんよ」 とおもむろに口を開き、 「俺の前のご主人はそれはもう酷い人でなぁ」 と問わず語りにGPzさんは話し始めた。


8 :復活記念にコピペ:2011/04/23(土) 15:30:29.94 ID:PWPdFI3B
「車検も通らねぇようなマフラー買ってきて馬鹿みたいにでかい音たてて走ったり車と車の狭い隙間を意味もなくすり抜けて得意がったり急ぎでもないくせにキチガイみたいにすっ飛ばしてみたり怪しげな添加剤俺に飲ませて “やっぱこれだよな” なんてこきやがったりよう。あんなもん飲まされたらこっちは却って調子悪くなるっつんだよ」 と吐き捨てるように言い、 「挙げ句の果てにゃ峠で無茶して自爆して飛んでった先のガードレールで頸椎やっちまって再起不能よ。そんで用済みになった俺は横っ腹の擦り傷だけで済んだこともあってさ、すぐ入院代の足しにって売られちまってよ。売られた先にはご主人を事故で亡くしちゃって悲しんだり自分を責めてる奴も居て俺も同情されたりしたけど悪いが俺ぁ清々したね。」 と一息にしゃべった後、ふっと穏やかな声になって 「それに比べると今のご主人はすげえいい人だよ。俺を買ってくれたときもよ、あれだ、お前さんを見に行ってたときと同じよ。毎日俺が居た店の窓に羽虫みてぇにへばりついてよ、じーっと俺のこと見てんだよ。碌に運動もやってないくせに夜中に土方のバイトしたりどっかの治験のバイトしたりでいつもフラフラしててよ。んで俺買った後もよ、前の馬鹿が無茶したせいでちょこちょこ色んなトコ悪くなるんだけどあの人文句の一つも言わねぇで修理してくれてよ、金が無ぇもんだから自分はだまーってパンの耳かじって一週間暮らしてよう。だから俺ぁあの人のトコに居られるんなら下駄でも草履でも構わねぇんだ」 そう言った後俺に 「坊主、お前さんホントついてるよ、良かったな」 と言ってちょっと恥ずかしくなったのか 「ま、そんかわり女には見事なくらいもてねぇぞ。見てくれはそれなりに男前なんだが押しが弱ぇっつーか、いい人過ぎるっつーのかな。兎に角俺ぁ足かけ6年一緒にいるがその間あの人に女ができたことは一回もねぇ。」 そういって笑った。


9 :復活記念にコピペ:2011/04/23(土) 15:33:01.98 ID:PWPdFI3B
4月に入った最初の週末にご主人のお姉さん夫婦がこの家にやってきた。昼頃やってきたトラックから荷物を運び込む様子をガレージのシャッター越しに聞いているとカチャリと鍵が開きシャッターが開いた。
そこに立っていたのはご主人ではなく初めて見るおじさんと呼ぶにはちょっと早いくらいの男の人だった。
背がすらりと高く、それでいて鍛えているのか全体にがっしりした感じで、悪い人ではないけどちょっと
目つきが鋭くて、僕は最初その人が少しだけ怖かった。
その人は勝手知ったる、といった感じで中に入ってくると僕を見て 「おー、トモ君ホントに限定解除取ったんだなあ。カタナかぁ~綺麗に乗ってんじゃん・・・ってまだ慣らしも終わってねーのか」 なんて独り言を言って再びシャッターを閉めてどこかへ行ってしまった。その人が居なくなるとジョグさんが
「あの人がお姉さんの旦那さんよ。白バイに乗ってんの。なんでも異動で官舎から遠くなるからってのとマイホーム資金貯めるのにお姉さんが昔勤めてた保育園でまた働くからってんで引っ越してきたらしいわよ」 と相変わらずの地獄耳で得た情報を提供してくれた。

僕達はその人を白バイさんと呼ぶことにした。白バイさんの奥さん、つまりご主人のお姉さんは良く言えば明朗活発、悪く言えばおっちょこちょい、露骨に言えば粗忽者といった感じの人で、夕ご飯前になると 「うわーっ!」 だの 「あちあちあちあち」 だのといった声やガッシャーン、パリーンといった音が度々漏れ聞こえてきて、僕たちはその度にまたやったかとクスクス笑いあった。それでもお姉さんは毎朝早く起きて白バイさんの非番の日以外は自分と白バイさんのお弁当をきちんと作ってから仕事に出掛けた。
白バイさんが非番の日にはよくご主人が白バイさんに色々教わっていた。勿論僕も一緒にだ。
近所にある潰れたホームセンターの駐車場で白バイさんのバイク講座は行われ、最初に白バイさんが僕に乗ってお手本を見せるんだけど、白バイさんは流石プロだけあって僕が僕じゃないみたいな動きをさせてくれたりした。ご主人は白バイさんに比べると上手ではなかったけれど、それでも白バイさんに教わる度にちょっとすつ上手になっていった。


10 :誰か規制回避支援下さい:2011/04/23(土) 15:35:56.71 ID:PWPdFI3B
白バイさんが非番の日は僕らの仕事が一つ増えた。いつもは毎朝ちゃんと起きるお姉さんが必ずといって良い程寝坊するのだ。お姉さんはお化粧もそこそこに 「お母さーん!ごめーん!お昼はバイク便で宜しくー!」 と大声で言い残して慌ただしく出掛けていった。GPzさんは 「またかよ。懲りねぇ人だよな」 と言いながらも嬉しそうにご主人とお姉さんのお弁当を乗せていそいそと出て行った。
そんなある日、いつものようにお弁当を届けて戻ってきたGPzさんがニヤニヤしながら 「おい坊主、バイク便の仕事な、あれ次からおめぇの仕事になるかもしんねぇぞ。いや、絶対なるね。」 と僕に断言した。

果たして次のバイク便の日、ご主人の手には本当に僕のキーが握られていた。僕は狐につままれたような気分だったがお姉さんの働く保育園へといつもよりちょっぴりスピードを出して走った。保育園に着いて僕を駐輪場に停めるとご主人はヘルメットを脱ぎ、僕のミラーを覗き込みながら乱れた髪を整えていた。
初めて見る仕草だった。更に入り口と正反対の子供達が居る方へと鼻歌交じりに歩いていき、5分位してほんの少し上気した顔で戻ってくると来たときと同じようにちょっとだけハイペースで、今度はちょっとだけ遠回りをして家に帰ってきた。


11 :誰か規制回避支援下さい:2011/04/23(土) 15:38:06.09 ID:PWPdFI3B
ガレージのシャッターが降りると待ちかねたようにGPzさんが 「な?な?俺の言ったとおりだべ?」 と話しかけてきた。一部始終を話してそれでもまだ “?” マークを浮かべている僕を見て 「ったくガキだなあ。女だよ女。俺の3倍近いエンジン積んでんだろ?3倍っつったらシャア専用じゃねぇか。それなのにそんなこともわかんねぇのかよ。」 なんてワケの解らない事を言っていたが、GPzさんによるとどうやらその保育園にはどえらい美人の保母さんがいて、あろうことかご主人はその保母さんに一目惚れしてしまったらしい。 「だからよ」 といってGPzさんは 「今日はおめぇに乗って行ったべ?ありゃあ本人格好付けてるつもりなんだよ。バイクに乗らねぇ女にゃ俺で行こうがおめぇで行こうが一緒だっつうのにな。その辺が解ってねぇんだよ」 と続け、 「まあ、俺もチラッと見ただけだがありゃあ無理だな。相手が上玉過ぎらぁ。どうせいつものように何も出来ねぇで指くわえて見てる間に他の男にかっさらわれるか、さもなきゃ当たって砕けてサヨウナラ。どっちにしても無理無理。ま、そんときゃ多分おめぇが失恋旅行のお供だろうからよ。どこに行くか知らねぇが精々頑張ってあの人を慰めてやれや。」 とフォローのかけらもない見解を述べた。

その次からバイク便は毎回僕の仕事になり、帰ってくるとガレージで待つ二人に進捗状況を報告するのが習慣になった。その内に段々ご主人が戻ってくるまでの時間が長くなり、戻ってきたときのご主人の顔はとても幸せそうだった。6月に入り、もうすぐ梅雨を迎える頃、バイク便のために出てきたご主人は昨日買ったばかりのお洒落な服を着ていた。いつもより随分早く戻ってきたご主人は、幸せそうと言うより夢見心地といった雰囲気だった。その日の帰り、ご主人は2回も車の列に突っ込みそうになった。


13 :>>12 ありがとう:2011/04/23(土) 15:40:51.26 ID:PWPdFI3B
僕が初めてご主人の意中の人、由佳さんを見たのはその週の週末だった。由佳さんはご主人が自分の服と同じ日に買ってきたばかりのヘルメットを被り、僕の後ろにちょこんと座った。僕たちは最近綺麗に作り直された
眺めの良い海沿いの道をしばし走ったあと、ちょっと遠くの遊園地へ行った。僕はその間一人でお留守番だったけど、初めてのタンデムだった筈なのにご主人結構上手だったな、白バイさんのお陰かなぁとか思い返したり、ご主人と同じように女の人と仲良く歩いてる男の人を見たり、ジェットコースターから聞こえてくる歓声を聞きながら、ご主人達も楽しんでるのかななんて想像してたからそんなに寂しくなかった。

まもなく梅雨に入り、僕がご主人と出かける機会は一気に減ってしまったけれど、ご主人は週末になると朝から出掛けるようになった。何だか凄く帰りが遅い日もあった。あんまり帰ってこないので僕がご主人遅いけど大丈夫かなあって言ったらGPzさんが 「ばーか、帰りが遅いから大丈夫なんだよ。」 ってまたよく解らないことを言った。意味を聞いたけど 「ガキにゃわかんねぇよ」 といって取り合ってくれなかった。


14 :引き続き規制回避支援下さい:2011/04/23(土) 15:43:47.31 ID:PWPdFI3B
そうして朝から降り始めた雨がふっと止んだある日の夜、台所の換気扇がカシャンと音を立てて切られたかと
思うとその横にある窓が勢いよく開けられた。珍しくご主人とお姉さんが二人で飲んでいたようで、開け放たれた窓から二人の会話が僕らの所にも聞こえてきた。
「・・・だからさぁ、アンタ自分がどれだけあり得ない状態にあるか解ってんの?」 どうやらお姉さんは
多少酒癖がよろしくないようでご主人はお姉さんの言うことをうんとかいや、それは・・・と返すくらいで
殆どお姉さんの独演会になっていた。
「あのね、本来ならね、由佳ちゃんみたいないーーーーーい娘がね、アンタみたいな冴えないバイク小僧の相手するなんてあり得ないわけ。あんだけさぁ、綺麗で明るくって性格も良くって立ち居振る舞いや礼儀作法もしっかりしてる娘だったらね、もーーーーーーっといーーーーーーいオトコと一緒にいるのが世の中の道理ってもんでしょうが。」 それに何事かご主人が反論していたが、お姉さんは畳みかけるように 「大体さぁ、大学生じゃあるまいし、いい年した男がこんな田舎でバイクでデートなんてありえないっしょ。あのね、アンタ多分解ってないだろうけどさ、バイクだとさぁ、女の子がお洒落できないワケよ。わかる?スカートもはけないし綺麗にセットした髪はヘルメットでグシャグシャ。おまけに顔も腕も煤や埃まみれになっちゃうしさぁ。お年頃の女の子がそんなのいつまでも我慢できるとでも思ってんの?できっこないわよ。とにかくね、アンタ、あの子逃したら次はないよ。年末ジャンボ1等プラス前後賞三連チャンくらいの幸運なんだからね。バイクなんかとっとと叩き売ってさ、良い車買えなんて言わないからせめてもうちょっとカッコに気を遣うとかさ、した方が良いんじゃないの?あたしゃね、アンタを責めてるワケじゃな・・・」
お姉さんは尚も続けようとしたが再び降り出した雨に慌てて窓を閉め、それきり雨の音しか聞こえなくなった。
僕が何だか心細くなって 「僕達・・・売られちゃうのかなぁ・・・」 って言ったらGPzさんがフン、と笑って 「おめぇはほんっと解ってねぇな。あの人からバイク取り上げて何が残んだよ。少なくともおめぇさんは大丈夫さ。」と言ってくれたけど、それきり黙ってしまった。僕も何だかモヤモヤした気持ちが残った。


15 :引き続き規制回避支援下さい:2011/04/23(土) 15:46:50.18 ID:PWPdFI3B
梅雨が明けて夏が来て再び僕がご主人と出かける機会が増えた一方で、GPzさんがご主人と出かける機会はますます減っていった。GPzさんは気にすんな、楽しんで来いよっていつも言ってくれたけど、何だか申し訳ない気持ちだった。そんなある日、非番の白バイさんとご主人がガレージにやってきた。
いつものバイク講座かと思いきや二人はヘルメットもグローブも持っていなかった。白バイさんが 「なあ、ホントにコイツ手放しちゃうの?」 っていきなり言うもんだから寝耳に水の僕らはびっくりした。
「学生ん時からずっと乗ってきたし、愛着もあるんですけど・・・コイツにまで乗る暇が無くて。」
「まぁなー、飾りモンじゃないんだしバイクは乗ってナンボだしなあ。で、いつ持ってくの?」
「このまま渡すわけにいかないですから・・・とりあえず社長のとこには早めに持って行こうかと思ってるんでお義兄さんの都合の良い日で。」 白バイさんはひい、ふう、みい・・・と指折り数えて 「んじゃ来週の水曜でいい?」 「はい、じゃそれでお願いします。」 といって二人は家の中に戻っていった。GPzさんがよそに貰われていくことが決まった。


16 :引き続き規制回避支援下さい:2011/04/23(土) 15:49:56.01 ID:PWPdFI3B
僕が何て声を掛けて良いか解らなくって、それでもGPzさんのことが気になってチラチラ見てたら、そんな僕の気持ちに気づいたのか、GPzさんが 「ほらほら、そんなしょぼくれてんじゃねぇよ。ああ、もうこれじゃ気になって売られていく処じゃねぇだろうがよ。シャンとしろよ。」 と言って 「俺もよ、いつかこんな日が来るだろうなーって思ってたんだよ。何しろ俺ぁ見ての通り中古で買われた10年以上前のポンコツだしよ。俺が先にくたばるかあの人が先に俺を売っぱらうかどっちが先かでちっとばかし俺が長生きし過ぎただけよ。・・・おっと、あの人のお陰で今日までくたばらずに長生きできたんだからそんなこと言っちゃいけねぇな。ま、事故にも遭わず売られもせず飽きられもせずで最期まで面倒見て貰ってあの世にいけるバイクなんざ滅多にねぇんだからよ。それこそ年末ジャンボ3連チャンだよな。」 明るくそう言ったけれど、それが強がりだというのはまだガキの僕にでも解った。
GPzさんが売られていく日が近づいても、ご主人は最後にお別れのツーリングに行くでもなく、綺麗に掃除してあげるでもなくいつもと同じように過ごしていた。僕はそんなご主人を冷たい人だと思った。


18 :>>17 ありがとう:2011/04/23(土) 15:52:36.21 ID:PWPdFI3B
そしてとうとうGPzさんが売られていく日になった。冷たいご主人は別段いつもと変わった様子もなく、GPzさんのエンジンに火を入れた。アイドリングの間、朝からずっと黙っていたGPzさんが俺に 「坊主、あの人のこと頼んだぞ。」 と僕に向かって言った。うん、と頷くまもなく 「こけそうになったらおめぇが踏ん張るんだぞ。雨の日は気をつけろよ。あと砂浜の近くとかマンホールの上とかも油断すんなよ。それから・・・・」 最後は言葉にならなかった。ご主人はそんな人の気も知らず、GPzさんに跨ると車に乗った白バイさんと一緒に出て行き、2時間程で帰ってきた。

その日から僕はご主人に反抗するようになった。GPzさんに最後に言われたことを忘れたわけではなかったけれど、ご主人のしたことがどうにも許せなくて、アクセル開けられても息を止めてわざとゆっくり走ってやった。
そんなことを数日続けていると流石にご主人も気になったのかキャブやプラグを触ってみたり、白バイさんに見て貰ったりしたが、白バイさんも首をひねるばかり。それも当然で僕はどこも悪くないんだから何も解るわけ無いし、それに悪いのは僕じゃなくて冷たいご主人の方なんだ。
毎日がつまらなかった。いっそのこと僕も売ってくれよって思った。

それからおよそ1ヶ月後、ご主人は僕をお店に連れて行き、お店の人に僕の状態を告げ、来週の連休にちょっと長距離走る予定があって心配なんで見て貰えますかと頼んだ。お店の人もあちこち見ていたが悪くない物は見つけようもなく、いや、これで調子悪いなんて考えられないですけどねぇと言った。
そしてふと思い出したようにこないだのGPz、あれ先方さん取りに来られましたから、と言った。ご主人は余り関心無さそうに、あ、もう来ましたか。とだけ言った。いつもなら待ち遠しい遠出が鬱陶しかった。雨でも降ればいいのにと思った。


19 :復活記念にコピペ:2011/04/23(土) 15:55:56.46 ID:PWPdFI3B
そして当日、僕の願いは神様には聞いて貰えなかったようで、見事なまでのバイク日和だった。
いつにも増してご機嫌で、僕はそれがとても癇に障った。後ろにテントや寝袋なんかをてんこ盛りにして僕らは出発した。いつものようにすぐに高速に乗るのかと思いきや、反対方向へ向かった。
向かう先には由佳さんの住むアパートがあった。おいおいこの上由佳さんもかよ。そんなの無理だろJK・・・という僕の嘆きを無視して最後の角を曲がると、そこには既に準備万端の由佳さんと、同じく荷物てんこ盛りのGPzさんの姿があった。驚いて声も出ない僕にGPzさんは 「よう坊主、久しぶりだな。元気か?」 と何事もなかったかのように声を掛けてきた。 「なんだよ、シカトしてんじゃねぇよ」 と笑って 「まあいい、すぐ出発みたいだから話はまた後でな。」 そうして僕らは走り出した。

走り出して2時間程で僕らは道の駅に停まり、待ってる間に僕はその間の出来事を聞いた。
由佳さんがつい最近バイクの免許を取ったこと、タダで譲るとはいえきっちりオーバーホールするために引き取られていったこと、憂鬱な気分で待っていると引き取りに現れたのが由佳さんで心底びっくりしたこと、由佳さんから僕の調子が悪いと聞いて僕が拗ねてるんだとすぐにピンときたこと・・・
「ったくやっぱおめぇはまだガキだな。あの人のこと頼むぞって言ったべ?あんくらいで拗ねてんなよ。」
といって 「それによ、由佳さんだけどよ。流石に免許取り立てだから危なっかしいし気が気じゃねぇんだけどよ。あの人さ、いいケツしてんだよなあ。オーバーホールもして貰って絶好調だし、いやいや長生きはするもんだねぇ。智英様々だよ」 と一人で悦に入っていた。余りの豹変ぶりに呆気にとられてる僕にGPzさんは 「そうそう、すぐじゃねぇとは思うんだけどよ。その内多分俺あの家に帰ると思うからよ。由佳さん込みで。」 と言った。あの、それってもしかして・・・とい言いかけた僕に 「お、なんだ。解ったのか?ガキがちったぁ大人になったみてぇだな。」 と言って笑った。


(ご愛読ありがとうございました)

***********************************


次の休みは、愛車のクロちゃんを磨いてあげることにしよう。

ちなみに、このお話には続編があります。
それは次回の更新で。



<追記>
「ご主人と僕とGPzさん 後編」




それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


10/13のお客様
1  jp  日本  430  97.9%
2  com  不明 (米国営利組織)  2  0.5%
3  uk  英国  2  0.5%
4  fi  フィンランド  2  0.5%
5  net  不明 (ネットワーク組織)  2  0.5%
6  au  オーストラリア  1  0.2%


6年前の10/14は、こんな記事書いてました。
キャンプ場で会いましょう(前編)


今日の画像 うぜぇんだよ!
20111091000056.jpg
クリックで拡大します。


14:13 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2011.10.14 / Comment: 3 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ギリギリまで頑張ってみましたが・・・
カテゴリ: やまさんのおすすめ
どうも。
『来年、北海道を旅しよう!!』 と決意した者です。
10年以上前からメールのやりとりをしているメル友に会いに行きがてら、憧れの北海道の大地を走ろうかと思ってます。
現地でレンタルバイク借りようっと^^



さてと。
どうにか更新しようとPCの前で頑張ってはみましたが・・・
ごめんなさい。今日はギブアップします。
でも、せっかく覗いてくれた人に申し訳ないのでいくつか置いていきますね。


ストーカーの心理がよく判るスレのまとめ。
怖いです。
【助けて】好きな子にメールしたけど返信が返ってこない(´・ω・`)
【助けて】付き合ってる彼女が連絡とれない(´・ω・`)
【助けて】付き合ってる彼女が彼女じゃなくなった(´・ω・`)
【助けて】学校でいじめられてる(´・ω・`)
【助けて】好きな人がわからなくなった(´・ω・`)
【助けて】男女の考え方の違いに死にそう(´・ω・`)

こういう 「真性」 のヤツを、面白半分でそそのかすVIPPERも怖い。
もし万が一、被害者に何かあったらどーすんだよ・・・。




こちらは動画。
先月下旬、それまで公開されていなかった東北の大震災に於ける津波の動画がYoutubeに新たにUPされました。
グロいワケじゃありませんが、かなり衝撃的な映像です。
画面奥に映っている建物には、逃げ遅れてパニックになり右往左往している人間の姿が・・・映し出されている状況からして、おそらく助かってはいないんじゃないかと・・・・。
第一波もさることながら、第二波 (9分くらい) の凄まじさに驚かされます。

津波 TSUNAMI an earthquake and run away people.人:注意






それでは皆様。
おさらばえ。


応援よろしく 一日一回だけでいいです。お願いだから押して!!
 


9/7のお客様
1  jp  日本  364  97.3%
2  com  不明 (米国営利組織)  4  1.1%
3  au  オーストラリア  3  0.8%
4  nl  オランダ  1  0.3%
5  br  ブラジル  1  0.3%
6  net  不明 (ネットワーク組織)  1  0.3%

9/8のお客様
1  jp  日本  302  97.7%
2  com  不明 (米国営利組織)  4   1.3%
3  net  不明 (ネットワーク組織)  3  1.0%

9/9のお客様
1  jp  日本  361  96.3%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  9  2.4%
3  com  不明 (米国営利組織)  3  0.8%
4  fi  フィンランド  2  0.5%

9/10のお客様
1  jp  日本  458  96.8%
2  net  不明 (ネットワーク組織)  9  1.9%
3  tw  台湾  2  0.4%
4  at  オーストリア  2  0.4%
5  it  イタリア  1  0.2%
6  au  オーストラリア  1  0.2%


4年前の9/11は、こんな記事書いてました。
9・11とエガちゃん


今日の画像 
88c15922.jpg
クリックで拡大します。


02:15 UP 


ネット掲示板 「やまさんのお気楽雑記帳 出張所」も是非ご利用ください。
bn_やまさんのお気楽雑記帳


Read moreから 「今日のお宝画像」 


Read more...
Edit / 2011.09.11 / Comment: 6 / TrackBack: 0 / PageTop↑
検索フォーム
雑記帳へのお客様
星が見える名言集100
今、何人?
バロメーター
ブログランキング
ポチッとよろしく。

FC2ブログランキング

blogram投票ボタン
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
Illustrations by 「遼」さま

ライブドアブログより引っ越してきました。

趣味は、キャンプやバイクツーリング、読書、インターネット、ゲーム等。
現在独身の♂。
誕生日は2/22(ここ重要)
「ブログもプロレス」をモットーに楽しんでもらえるブログ作りを心がけてます。
どうぞ皆様御贔屓に。

前ブログ「やまさんのお気楽日記」
http://blog.livedoor.jp/yamasann0940/

アフィリエイト関連オンリーのブログとは一線を画しております。
悪しからずご了承くださいませ。


当ブログのバナー
(製作 いとうはなえ様)



bn_やまさんのお気楽雑記帳
当ブログの掲示板のバナー
(製作 いとうはなえ様)

カレンダー&アーカイブ
人気記事ランキング
ネットショップ
    
twitter
Flashリバーシ
管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。